のんびりとベンチに座っている夫婦

月に80時間から100時間くらいの残業は当たり前、毎日仕事に追われて帰りは終電。肉体的にも精神的にもボロボロ。

上司から大量の仕事を押し付けられて、自分の仕事もできない、プライベートも全くない。ほんといいように利用されているだけかも・・・

こんなふうに悩んでません?

私もまさにこんな状況で辛い思いをしてきた経験者なんで、その気持ちすごく分かります。

スポンサーリンク

一生この会社で働き続けるべきか自分に聞いたら、答えはNOだった

私もしばらくはこの過酷な状況の中で仕事を頑張ってたんですよ!でもさすがに心も体も限界に来て転職という決断をしました。

私の場合、次の転職先を決めてから辞めたんでお金のこととか焦りとかはなかったんですけど、それを早めにやっとかないと精神的にもキツかったと思いますね。

だから今悩んでいるなら自分に聞いてみるといいですよ、「一生この会社に務め続けて幸せなのか?」

答えがNOなら早めに行動を起こしといた方がいいですね。経験者としてこれは断言しときます!

年齢的なこともあるし、私は早めに決断しておいて良かったと思っています。そのおかげで今は残業に苦しむことなく仕事が出来ているし、当時よりは幸せになったかなって感じです!

社員を大切にしない会社なんてダメでしょ

私と同じく残業が多く、仕事に疲れている方へ、社員を大切にしない会社は早めに見切りをつけた方がいいです。

これ本当ですよ!

あなたのことをきちんと考えてたら業務の負荷が減るように人を入れるとか、普通は何かしら対策してくれるはず。

ずっとなあなあのままで残業しまくりで体調崩したら責任とってくれるの?って感じです。きっとそんな会社は倒れても知らんぷりするでしょうね。ほんと怖い怖い…

そうなって結局大変なのは会社じゃなくて自分です。そうなる前に何か対策しとかないと大変ですよ。

前置きが長くなりましたけど、私が残業ばかりの会社での経験談と転職に至るまで、転職について紹介するので、同じ悩みを抱える方の参考になれば幸いです。

忙しくて帰れない残業と、する必要の無い残業どちらもすごいストレスだった

私はこれまでサービス業、配送業、パソコン関連、SEなど様々な職種、家族経営の会社など経験してきました。正社員で働いていた職業もあれば派遣社員だったものもあります。

当時はどの仕事も全く残業がない事は有り得なかったですね。

これは職種によっても違うと思うんですけど、看護師の友達は残業代は出ないサービス残業は当たり前と言ってるし、金融系(銀行)で働いている友人は夜の7時くらいに住宅ローンの借り換えの営業に個人宅を回ってると言ってました。

世の中楽な仕事なんてないですけど、それに違和感を感じるほど過酷な環境であることが問題なんです。

そして私も以下の事に違和感と不満を持っていました。

定時後にダラダラと会社に残って仕事してない人ってなんなの?

最初に勤めていた会社は仕事自体はそんなに忙しくなくて定時にはやるべき事は終わっていたんですが、先輩が帰らないと先に帰りづらい雰囲気がありました。

早く帰りたいのに先に帰ると新人のくせに先輩や上司より先に退社するの?って雰囲気なんですよ。このパターンって結構多いはず。

うざい上司うざい上司

え?君もう帰っちゃうの?

平社員の私平社員の私

いいえ。。まだ残って仕事します・・・

で、みんなそんなに忙しいかというとそうでもなくて、パソコンでゲームやネットサーフィン、雑談ばかりで仕事なんかしてないんですよ。

ほんと時間の無駄じゃない?ダラダラ会社に残ってないで早く帰れば良いのに、ほんと暇人だな!って言いたいけど言えないのでいつも心の中で叫んでましたw

でもほんと時間の無駄なんですよ。その時間ってサービス残業で残業代ももらえないんですからね。強制的に残業させられてお金ももらえない、マジでブラック企業ですよ。

また仕事終わりに付き合いで飲み会に参加するのも憂鬱でした。なんで好きでもない上司とどうでもいい話をしなきゃならんのか?

これって結局仕事と同じじゃん残業代くれよ!」って感じですわ。

この会社の「残業は正義、定時で帰るは悪」みたいな訳の分からない風習が大嫌いでしたね。家に帰っては転職、求人情報をいっつも見てましたよ。

わざと残業して給料を稼ぐのも自分には合わなかった

それから転職して派遣社員として働いていた頃の話です。この職場は給料が時給制だったので残業代を稼ぐ為にわざと仕事をゆっくりする人たちが多かったんです。

当時の年収は200万円もいかないくらいでしたかね。この時の仕事はきちんと残業代は付いていたので、残業をすればする程給料が上がってました。

で、この派遣の仕事はチームを組んで行なう仕事だったので、みんなでその日の業務を協力して行って早く終わればみんなで帰れるって流れだったんです。

でもいかんせん月給が安いのでみんな仕事を遅くしたりタバコ休憩に何回も行ったりしてダラダラ仕事してたんですね。わざと残業して給料を稼ぐってやつです。

結婚して子供や奥さんを養っている人もいたので少しでも残業して稼ぎたい気持ちは分かるんです。正直私も年収が低くかったのでお金は欲しかったんですけど、そんな仕事のやり方に違和感を感じてきたんです。

プライベートな時間を削ってわざと会社に残ってダラダラ仕事をするのって全然楽しくないでしょ。

だから私はチームの中でも真っ先に帰ってましたね。給料には不満があったけどわざと残ってまで稼がなくてもいいやって。

この職場はわりと年下や同年代の人たちが多く、また他人が早く帰ろうが自分が残って稼げればいいという雰囲気だったので、早く帰る事に抵抗はありませんでしたね。

私がこの会社を辞めて転職した理由は、仕事ができる人間が給料が安く、ダラダラ仕事をしている人間の方が給料が高かった事です。

もちろん評価制度もありましたが、残業して稼いだ方が圧倒的に給料は上でした。同じチームの人との残業時間の違いは月に50時間ほど。

私の場合、残業1時間が1,000円くらいだったので、1,000円×50時間=5万円
仕事を早く済ませている自分より、ダラダラ残っている人の方が5万円も給料が高いんですよ。そりゃーやる気もなくなるでしょ!

それで転職しました。

とにかく忙しくて帰れない、休めない

派遣を辞めた後に入った会社はこれまでとは違い、とにかく忙しくて帰れない職場でした。

パソコン関係の仕事をしてたんですけど、SEやプログラマーって深夜帰宅や終電に間に合わず会社に泊まって翌日も通常業務をこなす事が多い職業なんです。

さらに通勤に何時間もかかる職場だったら最悪ですよ!会社に泊まったほうが睡眠時間を確保できますからね。

また休日も電話がかかってきて急に呼び出されたりすることもしばしばありました。ほんと最悪で、家に帰ったあと夜中の12時くらいに電話をかけてくる奴もいました。

俺をなんだと思ってるんでしょうかね。ロボットじゃないですよ〜。

はっきり言って仕事自体は好きなんですが、いかんせん忙しすぎてプライベートな時間なんて全然ないし、休みの日に電話が鳴るとビクッとして落ち着かないんです。

同じ職種やシステムエンジニアの方は経験された事があるかもしれませんね。

この会社は残業代はきちんと付いていましたが、お金を使う暇がないくらい忙しく、不規則な生活で体調を崩しがちになったので転職しました。

一度会社を辞めようと思うと、当然やる気も無くなりますし、新しいプラスの発想って出てこなくなるんですよね。

この時はとにかく辞める理由を考えて自分に言い聞かせるみたいな感じになってました。そんなこんなで違和感を感じる、自分に合わない環境を変え続けていたら5回も転職してましたw

でも今はそれを早めに決断して良かったと思っています。

忙しい毎日でなかなか新しい職を探す時間がない中、お世話になったのがリクナビNEXTなどの求人サイトです。土日休める会社や残業が少ない会社をとにかく探してましたね。

思い切って5回も転職して良かった事

このようにいろいろあって、いい職場に恵まれず様々な職業を転々としてきましたが、今は残業も少なくこれまで務めてきた会社よりもいい環境で働けています。

それでは私が転職して良かったと思っている事を書いていきますね。

体調が良くなった

まずはこれ。

やっぱり人間働きすぎると体調を崩します。肉体的な疲れもそうですけど、精神的にも疲れてきます。

無理して頑張りすぎると会社に行く事がままならなくなり、結局辞めてしまったり、長期的に休まないといけなくなってしまいます。私も仕事に行くのが嫌で嫌で憂鬱な時期もありましたが、こうなってくるとヤバイですよ。

仕事って体が健康であってできる事ですから、まずは肉体的にも精神的にも健全でないとダメです。

これまでは食事や睡眠の時間も不規則、精神的なストレスも多く体調を崩しがちでしたが、今では健康に過ごせてます。

また肉体的な事であれば若いうちはある程度の無理は利きますけど、年を取ってくると体が言う事をきかなくなるので、早めに決断して良かったと思ってます。

これがまず私が転職して良かったと実感している1つ目です。

プライベートな時間が持てるようになった

これまでは会社の付き合いや残業で家に帰るのも遅い、休みの日も電話があるなどプライベートなんてないような日々でした。

やっぱり仕事とプライベートな時間はきっちり分けるべきだと思いますね。

仕事で溜まったストレスを発散する為に友達と遊んだり、リフレッシュに出かけたりするのはすごく大切でメリハリを持ってやんないと疲れるんです。

また奥さんや子供さんがいる場合は、家族との時間がないのも辛いですよね。家計のためにお金を稼ぐことは必要ですけど家族だってみんな休みの日は一緒に楽しく過ごしたいと思っていますよ、きっと。

これまでの残業ばかりの会社に勤めていたら、子供と遊ぶ時間なんて無かったでしょうね。ほんと社畜、会社の為に働いて終わる人生だったと思います。

今は家に帰る時間もそう遅くないし、休みは休みできっちり区別できているので自分の時間、家族との時間を持てるようになったことが転職して良かった2つ目の理由です。

社風に満足している(スキルの評価と人間関係)

会社の社風って大切ですよね。もちろん給料も大切なポイントですけど、社内の人間関係であったり、きちんと仕事を見てくれて評価してくれるって一番大事かもしれません。

だって以前務めていた派遣の会社で「仕事を早く終わらせた人よりも、ダラダラ残業している人の方が給料が高い」ってあり得ないでしょ。

どんだけ社員の働き方を管理職が把握してないのって感じですよ。きちんとスキルや能力を評価してよ、じゃないと真面目に仕事してる人が損するっておかしいでしょ。

また無理に飲み会に付き合わされたり、先輩よりも先に帰るのかよ!っていう社内の雰囲気もなくしましょう。

そんなことばっかりでしたけど、今はきちんと仕事を見てくれて評価してくれる、やったらやった分だけ自分に返ってくる所が仕事のモチベーションアップになってます。

ダラダラ仕事して残業代を稼ぐなんて事をせずに、スキルを上げて自分の腕で稼ぐ方が100倍やりがいがありますよ。もちろん残業している先輩方もいますが、先に帰りづらい雰囲気はないです。今の会社では朝の朝礼と定時の終礼があるからです。

終礼が終わったら仕事が残っている人は残業し、帰る人は帰ってOKなので気兼ねなく退社してます。こういう社風や職場の雰囲気って大切です。

これらが私が転職して良かったと思える3つの事です。

残業ばかりの毎日を抜け出す為には会社が変わるか自分が変わるか

残業ばかりの毎日を抜け出す為には会社が変わるか自分が変わるしかないんですよね。私も会社を辞めようと思っていた時、いい求人が見つかったら辞めようとか、この条件の職業が見つかってからにしようと思っていて、適当にハローワークのホームページを眺める日々を送っていたら、そのまま1年間ズルズル辞めずにいたことがあります。

その間に会社が変わることはありませんでした。いよいよ限界が来て本気でやらないとずっとこのままだと思って火が付いたんです!

どうでしょう、会社の環境はこの先変わりそうですか?今だけ急がしくて帰れないのか、年中残業ばかりなのか考えてみて下さい。今を乗り越えれば大丈夫という方は、映画やスポーツなど趣味でストレス解消するのもおすすめです。泣いたり笑ったり何かに没頭すると結構ストレス解消になりますからね。

環境が変わることがなさそうなら自分が変わるしかない

この先も残業が減ることはなさそう、もう限界で今の会社を辞めたいとも思っている方は続きを読んでみて下さい。

私の場合はもう耐えられなくなったので転職しましたが、やっぱり最初に何か行動を起こすのが一番難しくて、それをやってしまえば後はトントンと事が進みどうにかなるんですよね。この最初の行動を起こすのが一番勇気が必要で難しいです。

でも何か行動を起こさないと何も始まらないし、何も変わりません。私も勇気を出して行動を起こしたことが今に繋がっています。毎日残業で削られていく貴重な時間がほんと勿体なかった、早く辞めときゃよかったと後悔しています。

完全週休2日や残業なし求人を探すのに役立つサイト

不満に思っている会社の制度や仕組みを変えるのは超至難の業です。

残業が多すぎるなど違和感を感じる環境であれば、自分で動いて置かれている環境を変えてくしかないんですよね。私は求人、転職サイトに登録して週休2日や残業なしなど、自分の希望する条件に合った仕事を探しまくってました。

でも職場の人にバレないかなって心配なあなたの、大丈夫ですよ。自分で言わない限り第三者に知られることもないし、お金もかからず無料で登録できるので安心して最初の一歩が踏み出しやすいんです。

また転職のプロであるエージェントからのアドバイスももらえるので、一人で悩むより気持ちが楽になります。

想像して下さい、定時に上がって自分の好きなことができる毎日っていいですよ。だから一生この会社で終わっていいのか?こんな毎日をいつまでも続けられるのか?よく考えてみて答えがNOなら真剣にで自分の時間がゆっくり持てる会社を探しましょう。

過労の方がニュースでも話題になっていましたが、会社の為にそこまで消耗するなんてもったいないです。勇気を出して一歩踏み出せば人生を変える大きなキッカケになるかもしれませんよ。

本気で転職したい人はプロのエージェントに相談してみよう

転職するにあたって登録しておくべき転職サイトと退職のアドバイスから入社後のフォローまでしてくれる転職エージェントを紹介しておきます。

まず転職サイトですが、転職者の80%以上が使っている求人の鉄板サービス「リクナビNEXT」です。転職を考えているならまずは使っておいたほうが間違いないサイトです。

さらにこのサイトの85%がリクナビ限定の求人なので、きちんと休みが取れる、残業無し条件など他で見つからなかった企業や職業もここでは見つかる可能性は高いです。

また上司や同僚など会社の人にバレないか気になると思いますが、匿名で利用できるので心配しなくても大丈夫ですよ。別に登録したからといってしつこく営業されることもないし、残業がない気に入った求人が見つかれば転職を前向きに考えればいいだけで、気に入った会社がないならアクションを起こさなくても問題もないですからね。
>> リクナビNEXTはこちら

それともう1つ、本気で転職を考えている方におすすめなのが転職エージェントです。こちらは転職サイトと違い、履歴書の書き方から面接の受け方、あなたに合った企業の提案からアポ取りまで全て行なってくれます。

時間がない人、どのように転職活動を進めて良いのか分からない場合は非常に心強いです。きちんとプロからアドバイスを受けることで、再就職した企業が今までと同じように残業の多いブラック企業だったなんてことが無いように安心して任せられます。
>> リクルートエージェントはこちら

どちらも無料で利用できるので、まずはどんな求人があるのか覗いでみるといいですよ。他にも転職者の声が聞けたり様々なノウハウも見れるのでぜひ活用してみて下さい。得することはあっても損することはないですからね。

迷っていても事は進まないし変化もないです。これまで通り残業ばかりの毎日が待ってるだけ。あなたと同じような経験をしてきた私が言うので間違いないです。

マジで残業のない毎日って良いもんですよ。

5回も職を転々としてきましたけど、勇気を出して転職活動したおかげて楽しく仕事ができてます。私と同じ辛い思いをしてるあなたがこの記事を読んで楽しく仕事ができるよう願っています。せっかくここまで読んでもらったので、何か行動を起こしましょう!

実際に私が登録している両方のサイトの違いが分かりやすいように表にしました。自分に合った方を活用してみて下さい。

サービス名リクナビNEXT
(転職サイト)
リクルートエージェント
(転職エージェント)
求人登録するとサイトで求人情報を見る事ができます。サイトでは見れない「非公開求人」も見る事ができます。
活用方法サイトに掲載されている求人情報を自分で選びます。自分の希望や条件を元に、アドバイザーから求人情報を提案してもらえます。
登録メリットサイトに掲載されている転職ノウハウを知ることができます。効果的な応募書類の書き方や、面接での受け答えをアドバイスしてもらえます。
登録後の流れ自分で情報収集して希望する企業へ応募したり、スカウトを待つ事ができるようになります。アドバイザーと面談して自分の希望を伝え、企業との日程調整や条件交渉も代行してもらえます。
おすすめする人自分で求人を探したい人向け本気で転職を考えている、プロにサポートしてもらいたい人
おすすめ度★★★★★★★★
公式サイト>> 詳細はこちら
※土日・祝日、平日も夜間対応OK

きっと抱えている悩みを一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。