通勤ラッシュ時の満員電車の様子

テレビを見ているとたまに都心の大雪や電線トラブルで電車がストップしたというニュースを見かけます。そのたびに通勤で電車を利用している方は大変だと思うんですが、以前あった都心の大雪のニュースも田舎暮らしの私には衝撃的でした。

首都圏で積雪があり東京都心の交通網に運休や遅延が発生し、大勢の方が電車に乗るために列をなしている映像です。ただでさえ通勤ラッシュで混み合う時間帯なのにダイヤが乱れ、肝心の電車が動かないんじゃ人が流れずに溜まりますよね。

スポンサーリンク

電車のトラブルによる半端ない混雑の様子

これによって駅の改札にすら入れない人たちや出社できずに会社を休む人など、多くの方が雪による影響を受けたようです。これはニュースだけでなくSNSでも話題になっていましたね。その時の写真がこれです。ヤバイですね! 下手したら怪我人が出る混み具合ですよ。

駅でたくさんの人で混み合っている写真

でもこれまで電車のトラブルや災害時にも同じような事がありましたよね。このニュースや映像を見て改めて電車通勤の恐ろしさを痛感した次第です。きっとこの通勤にストレスを感じており辞めたいと思っている方も大勢いることでしょう。

会社に行って帰る間の時間って人生の大切な時間を無駄に削っていると思いますので、変えていくべきです。

毎日の通勤に疲れ辞めたいと思っている人は多い

Q&Aサイトを見ているとよく通勤に関する悩みを見かけます。

通勤に疲れ果てているサラリーマンAさん通勤に疲れ果てているサラリーマンAさん

毎日片道2時間かけて通勤しています。これまで8年間もの間頑張ってきましたが、毎日の3~4時間も通勤時間に費やすことに苦痛を感じております。

都心から離れた僻地に家を購入したため引っ越すのは難しい状況です。そのため今の会社を辞めて転職を考えています。

過酷な通勤に悩んでいる新社会人のB子さん過酷な通勤に悩んでいる新社会人のB子さん

大学を卒業したばかりの新卒者です。勤め始めた会社は家からドア to ドアで1時間半程かかっています。

毎日1時間程満員電車に揺られながら通勤していますが、あまりに家から遠く通勤時間が長いためすでに心が折れそうです。会社の近くに引っ越ししたいのですが、まだ新社会人になったばかりなので一人暮らしをするお金もありません。

交通費も全額負担してくれないので、定期代もバカになりません。
これって皆さん普通ですか?私は違った働き方を見つけて会社を辞めようかと悩んでいます。

SUUMOが首都圏・中京圏・近畿圏に居住する20~59歳の男女335名に行った通勤時間に関するアンケートによると、ストレス度MAXを100%とした場合、通勤時間に45分以上かかるとストレス度が50%を超えるという方が最も多くいました。

逆に言うと通勤時間が45分未満だとストレスを半分も感じていないということになります。みなさんかなり我慢強いですね〜。ビックリしました。

上の2人はどちらも45分を大きく超える通勤時間なのでストレス度数もかなり高いと言えそうです。

毎日通勤で消耗して仕事に最高のパフォーマンスを発揮できるのか?

ガソリンのエンプティランプが点滅している画像

例に出した2人も毎日の長時間の通勤に相当なストレスをかかえているようです。

毎日ギュウギュウ詰めの電車に乗って、痴漢に間違われないように神経を使い、近づきたくない人と密接し、立ちっぱなしで体力を使い、冬でも暑苦しく臭いのこもるような空間に閉じ込められ、会社に到着した頃には一仕事終えたくらいの疲労感があるでしょう。

また片道に1時間、2時間かかる場合はその分朝早起きをしないといけませんし、夜帰ってから家事や育児もあれば睡眠時間も削られるでしょう。そうすると日中の仕事の集中力にも影響が出るはずです。

そんな状態で仕事をして最高のパフォーマンスって出せますか?

こんな生活を毎日続けていると本来の力も発揮できないでしょうし、不規則な生活にもなり体調を崩す恐れもあります。

私だったら会社に着いてもまず休憩しないと、業務をこなす自信がないですね〜、生産性悪すぎだと思います。こんなのが毎日とかもう会社を辞めてるレベルです。

私は日本一通勤時間が短い宮崎県に住んでいるので、片道が車や自転車で15分かからないくらいです。毎日往復で30分弱ですね。

ちなみに通勤時間が長いのは東京に隣接する県で、最も長いのが神奈川県の49.4分、次いで千葉県が47.9分、埼玉県が45.7分となっています。

例えばあなたが毎日片道通勤に1時間かかったとした場合、1日で2時間。1ヶ月(20日勤務とした場合)で40時間。
1年で480時間となります。

つまり年間でまるまる20日間は電車に乗っている計算です。これを退職するまで何十年もと考えると恐ろしいですよね。20年間通勤し続けた場合、1年以上通勤に時間を費やしていることになります。

長い通勤はストレスだけでなく人生の時間まで無駄に削っていると言えます。

通勤時に感じるストレスとは一体どれくらいなのか?

急降下するジェットコースター

ではみなさんが毎日感じでいる通勤のストレスって一体どれくらいのものなのか興味ありませんか?

イギリスの研究者が行った研究結果によると、

通勤ラッシュ時の満員電車に乗った際のストレスは、

  • 臨戦態勢に入った戦闘機のパイロットと同じ
  • ジェットコースターが徐々に上がって行き、急降下する直前のストレスの2倍以上

だそうです。

つまり毎日通勤ラッシュにあっている方は、会社に行く前にジェットコースターに乗り、戦場に行く兵士と同じ状態なんです。会社に行くためにそんなストレスを抱えているなんて、まさに戦うサラリーマン!ですね…

そんなことを毎日繰り返していたら体だけでなく精神もボロボロになるのは当然でしょう。

ちなみに国土交通省が出している「平成26年度の混雑率データ」によると、

JRで混雑している電車TOP3は、

  1. 山手線(外回り):上野 ⇒ 御徒町間で7:49~8:49が混雑率199%
  2. 総武線(緩行):錦糸町 ⇒ 両国間で7:34~8:34が混雑率199%
  3. 京浜東北線:上野 ⇒ 御徒町間で7:50~8:50が混雑率197%

となっています。

九州であれば一番混雑している電車は鹿児島本線の香椎 ⇒ 博多間で混雑率125%なので、比べてみてもやはり東京圏の方が圧倒的に数値は高いですね。

電車の混雑率を現した表

東京圏の混雑率200%程ですが、これは「体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌がなんとか読めるレベル」に相当します。

東京の場合はこんな状態じゃとにかく邪魔になるし、週刊誌の内容も頭に入ってこないでしょうw よく縮こまって新聞を読んでいるおじさんを見かけますが、もう慣れっこなんでしょうね。私なら確かにジェットコースターが落ちる前のストレスはありそうです。

では通勤のストレスを少しでも軽減するためにはどうしたら良いでしょうか?

なんとかして自分で環境を変えていかないと毎日ギュウギュウ詰めの電車に揺られる生活を定年まで続けていかないといけませんからね。

電車の混雑に巻き込まれない、通勤で消耗しないために出来ること

ガラガラの電車内

方法はいくつかありますので、自分に取り入れて少しでもストレス軽減と仕事に集中できるようにしましょう。

通勤ラッシュの時間帯を避ける

電車が混む時間帯は分かっていますので、それを避ける方法です。ただ朝早起きする必要があるので毎日続けるのはなかなか大変ですね。仕事中に眠くなっては本末転倒ですからね。

フレックスタイムを利用する

これは上の早起きして通勤ラッシュを避ける事と同じですね。早くではなく逆に遅く出勤します。人と働く時間帯をずらすことで通勤が被らないようにします。

通勤ラッシュが終わった時間帯に出勤する事ができるのでスムーズに出社できます。ただフレックスタイムを許可している会社でないとダメなので、出来る方は限られてくるでしょう。

自転車通勤にする

そもそも電車に乗らない作戦です。ただし職場が自転車で通える距離であれば良いですが、遠すぎる場合は無理ですね。また雨の日や風が強い日は大変なのが難点です。

職場の近くに引っ越す

家から職場までの距離を縮める方法です。ただ職場の場所によっては家賃が高くなる可能性もあるので、ここは自分の収入と相談ですね。今インターネットでラクラクお部屋探しが出来るサービスもありますので、会社との距離を縮める効果的な方法の1つとして検討してみるといいでしょう。

通勤しないで仕事する。モバイルワーク、在宅勤務という働き方に変える

上記ではいかにして通勤の距離や時間、満員電車のストレスを軽減するかを考えました。しかし上記の方法が難しい方、通勤自体辞めたい方も多くいるでしょう。そんな方は、いっそのこと通勤しない働き方に変えてみるというのはどうでしょうか?

つまりモバイルワークや在宅勤務です。

今やインターネット環境とパソコンさえあれば仕事ができる環境は整ってますから、わざわざ会社に行かなくてもリモートで仕事はできます。また自分のスキルで稼ぐクラウンドシーシングもありますからね。

今勤めている会社に在宅勤務の許可を取るのは難しいかもしれませんが、従業員みんなで声をあげれば今後変わる可能性はあります。

逆に企業側も高いパフォーマンスで業務をこなしてくれる人材を求めるなら在宅勤務を勧んで取り入れていくべきでしょうね。環境はどんどんと進化・変化しているのに、未だ働き方は昭和のままってのもおかしな話です。

在宅勤務できる企業に転職する

もし勤めている会社がどうしても無理なら在宅勤務OK、自宅近くの職場の求人を転職エージェントで探してみるのもありでしょう。

例えばレバテックキャリアというサービスではIT/Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化した転職斡旋サービスなので、在宅勤務できる企業も見つかりやすいです。

IT/Web系のエンジニア、デザイナー求人に特化したサービス▼
>> レバテックキャリアはこちら

自宅に近い距離にある企業や在宅勤務できる企業を探すなら一人ではなく転職のプロであるアドバイザーに相談に乗ってもらった方が確実にうまくいきます。そんなプロの転職エージェントについてもっと詳しく知りたい、本気で働き方を変えたい方はこちらを参考にしてみて下さい。無料なので私も登録して使っていますがおすすめです。

仕事に行くまでに疲れ、退社後も疲れた体に鞭を打って帰宅するなんてやめましょう。人生の大切な時間を通勤で消耗するなんてもったいないですよ。ぜひこの機会に働き方を見直してみて下さい。

最後にもう一度、自分の声を聞いてみて下さい。一生通勤で消耗する会社にいても良いですか?