転職

実はそんなに厳しくない!37歳で転職した友人の事例と成功のコツ!

走っているサラリーマン

わたしの同級生で友人でもあるS君が37歳で転職しました。まぁ、わたしも30代前半で仕事を辞めてますし、40代で職を代わっている人も身近にゴロゴロいます。

「あと3年で40代… 厳しいと諦めてこのまま勤め続けるか、辞めて転職するか」と悩んでいる37歳のあなた。

サラリーマン人生は定年まで20年以上もあります。このまま我慢するか、勇気をだして転職し悔いのない人生を送るか。

行動を起こした友人の楽しそうな働き方を見ていると、一歩踏み出すべきだなと思います。

ここでは37歳という年齢で転職した友人の事例や、転職に関する情報をまとめたのでぜひ参考にしてください。これから楽しく働けるきっかけになれば幸いです。

37歳の転職って厳しいの?

まず最も気になるのが37歳でも転職できるかどうか? ということではないでしょうか。

昔に比べて年齢的な制限は緩和されてきていますが、厳しい点もあります。その理由は以下のようなこと。

30代後半につれて求人数が減る傾向にある

厚生労働省のデータによると、年齢別有効求人倍率の全国平均は25~34歳で1.35、35~44歳で1.14となっています。

まぁ範囲が10歳なので、当然若いほうが有効求人倍率は高いですが、年齢が上がるにつれて求人数が少ないことがわかります。

数字だけ見れば34歳以下より37歳は求人数が少ないので、転職の難易度も上がるということです。

有効求人倍率とは、仕事を探す人1人に対し、何人分の求人があるかを示す指標のこと。数字が大きいほど求人に対して仕事が多いということになります。

参考 : 年齢別有効求人倍率の推移 -厚生労働省-

強みを持っていないとライバルに負けてしまう

新卒や20代の転職であれば職歴が短いので学歴メインで採用されると思いますが、37歳ともなるとそうはいきません。

大学卒業後に就職した場合、37歳では15年仕事をしている計算になります。

サラリーマンを15年も続けていたら、仕事のスキルはもちろん、人間関係やマネジメントなど、いろんな経験値が増えているはず。

となると、同じ業界や業種であれば、より経験豊富でスキルのある人が採用されやすいのは当然のことですし、未経験の仕事であっても、これまでの経験が活かせるかどうかで転職の成功率は変わってきます。

だから37歳で転職を成功させるなら、誰でもできるようなことや当たり前の経験ではなく、より秀でたものを持っていないとライバルには勝てないということです。

メンタルブロックで転職を諦める人が多い

37歳ともなると役職が付いていたり、年収もある程度増えてきていることが多いです。それを投げ出してやりたいことや、さらなるキャリアアップを目指す自信がない。

現状に不満はあるけど、結婚・妊娠・出産・子育てを優先しなければならない、ほんとうに転職できるのか不安などリスクを取るのが怖い。

このようなメンタルブロックを解除しにくいのも、37歳の転職が厳しい原因のひとつといえます。

40代まであと3年… 37歳にもなると転職に弱気になるのは当たり前

37歳の転職の厳しさを知ると不安になると思います。

それに30代後半になってくると、いまさら職場を変わることに抵抗ありますよね。

  • 37歳で転職できるのかという年齢的な不安
  • これまで積み上げてきた会社でのキャリアや役職がなくなる
  • 慣れた環境を手放して新しいことを一から覚えないといけない
  • 新しい職場の人間関係に馴染めるか
  • 上司や同僚がみんな年下だったら…

このような不安や心配があって、なかなか踏み切れない気持ちはわかります。また結婚して養う家族がいる場合、お金とか生活にも影響してきますからね。

でもこのような思いをしていたわたしの友人は、なぜ会社の倒産やリストラではなく自ら転職を決めたのか?

今回その動機や経緯など聞いてきたので、彼のように37歳で転職しようか迷っている男性、女性の方の参考と励みになれば幸いです。

37歳で転職に成功した友人について

まず友人について紹介しますね。

  • 名前:S君
  • 年齢:37歳
  • 性格:明るく責任感が強く周りからも信頼されるタイプ
  • 家族構成:奥さん(共働き)と子供3人
  • 前職:11年間 3交代制の工場勤務
  • 前職の仕事内容:ベルトコンベアーから流れてくる商品の管理
  • 転職先:住宅関係会社の営業
  • どのように転職活動したのか?:
    転職サイトの活用とハローワークの求人。3交代勤務で日中動ける日も多かったのでハローワークに行っていたとの事。

そもそも彼はなぜ転職しようと思ったのか。転職って口で言うのは簡単ですけど、子供も3人いて決断するってそう簡単なことじゃないですよ。

しかも彼の場合、工場勤務→営業職という全く未経験の異業種に飛び込んだんですからね。

なぜ37歳で転職しようと思ったのか?

これまで3交代制の工場勤務を10年以上続けてきて、なぜこれまでとは全く異なる職種に転職しようと思ったのか聞いてみました。

するといくつか仕事に不満があったようです。

これまでの仕事の不満

  • 同じ作業の繰り返しの毎日に嫌気が差し、このまま定年まで務めるのが嫌になった
  • 3交代勤務なので夜中や早朝など勤務時間がバラバラで体力的にきつい
  • 仕事時間が不規則なので家族との時間が取れないことに悩んでいた
  • 給料が安く年収を上げたいという気持ちがあった
  • 人ともっと関わる仕事に就きたいという気持ちがあった

こういった理由から思い切って営業職に転職したとの事。

30代後半になると体力の衰えや変化を感じ出す時期でもあります。力仕事や不規則な生活を強いられる仕事の場合、この先ずっと今の働き方を続けて耐えられのか心配になりますよね。

また彼にはお金の不安もありましたが、子供が3人いて将来の教育資金のことを考えると今の給料では厳しいとのこと。

ちなみに2015年の厚生労働省統計情報部「人口動態統計」によると、平均初婚年齢は夫が31.1歳、妻が29.4歳となっています。

結婚後、子供ができれば37歳で小学校入学前にくらいになります。これから教育資金の事なども考えだすと、今の給料でやっていけるか不安な人は転職を考える時期なのかもしれません。

異業種に転職するのに抵抗はなかったのか?

S君の転職先は注文住宅やリフォーム、ハウスメーカーを扱う会社の営業です。

それにしても工場勤務からいきなり全くの畑違いの業種に転職することに抵抗はなかったのか聞いてみました。すごくハードルが高そうなイメージありますよね。

彼曰く「もともと人と話すのが好きな性格だから、それを活かしたい。それに営業職は給料が良かったから」だそうです。

工場勤務を続けてもこの先給料が劇的に上がることは期待できませんし、人と話すことが好きという個性や特技を生かせない仕事環境よりも、話すことがメインの仕事をした方が楽しいのは間違いありません。

単純な動機のように思えますが、しっかりと将来を見据えた判断だと思います。

先延ばししてもリスクが増すだけ

でも以前から業務中ほとんど人と話さないのがキツかったそうです。それで前々から転職したい気持ちはあったけどなかなか踏み切れず、でも年齢も考慮して決意したとの事。

ほんとこのまま悩み続けていても転職が難しくなり、リスクが増すだけなんです。

そんなの転職を考えている人はみんな分かっちゃいるけど不安で怖くて最初の一歩が踏み出せないんですよね。

それを結婚してようが、子供がいようが37歳で思い切って異業種に転職した彼はすごい。

35歳転職限界説なんて過去の話

ひと昔前まで35歳転職限界説なんてありましたよね、知ってます?

35歳過ぎると転職に不利なるとか難しいとか言われてましたが、実は転職する30代って結構多くいるんですよ。

総務省統計局の平成30年(2018年)労働力調査によると、年齢別の男女平均転職率は、

  • 25〜34歳は78%
  • 35~44歳は65%
  • 45~54歳は55%
  • 54~64歳は49%

数字を見てもらえれば分かる通り、35歳〜44歳の転職率は65%、3人に2人以上がこの年齢で転職しているということです。

このデータからわかるように、有効求人倍率は年齢と共に下がってはきますが、自分たちが不安に思っているほど30代の転職は難しくないということです。

だってこれだけ転職している人がいるということは、それだけ採用している企業もいるということですからね。

また求人サイト大手のリクナビNEXTを見ると、年齢で絞って求人の検索はできません。

検索条件は職種、業種、勤務地、年収なので、年齢制限を設けて求人を絞るほど企業もシビアではないということでしょう。

ちなみにS君の場合は現状の働き方(不規則な勤務時間)や年収に不満があり転職しましたが、他にも、職場の人間関係があわない、会社の将来が不安といったネガティブな動機、能力や資格、個性を生かしてキャリアアップしたいといったポジティブな動機など転職する理由は人それぞれのようです。

未経験者を採用する企業側の理由

転職サイトのリクナビNEXTのデータによると未経験者を採用している企業は全体の過半数を超えていました。

未経験者と言っても3種類あるのを知ってます? 上から順に採用率が高くなっています↓

  • 職種経験はあるが業界経験はない「業界未経験者」
  • 業界経験はあるが職種経験はない「職種未経験者」
  • 職種経験も業界経験もない「全くの未経験者」
1番下の「全くの未経験者」はやはり採用率でいくと1番少ないですが、S君のように転職できている人がいるのも確かなので、業種にもよると思います。

人間関係に気を配れて主体的に業務に取り組める人は年齢に関係なく企業は欲しがる

また企業が積極的に採用したい未経験者に求める条件は

  • コミュニケーション力がある
  • 協調性がある
  • まじめで責任感が強い
  • 向上心が高く意欲のある人
  • 気遣いのできる人
  • 行動力のあるひと

となっています。

どうでしょう? あなたに当てはまってるものあります? うーん、私はコミュニケーション力が不足してるかな…

未経験の業種は人間性を重視する

まぁ、確かに新しい職場に来て周りの人と仲良くできず会社の空気を乱したり、言われたことしかしない人は必要とされませんよね!

雇う側も未経験者って分かってるので技術やスキルは求めず、これからの伸びしろとか人間性を重要視するということですね。

なので、面接では職場の人と仲良く協調性があり、決められた仕事ばかりをやるルーチンワークではなく自ら進んで業務に取り組む姿勢を見せておくべきです。

そうすれば35歳を過ぎていようが、40代、50代であっても魅力的に見え、そのような人材を企業は欲しがるはずです。

同じ職種はスキルや経験が大切

逆に同業種に転職する場合は上記の事にプラスして技術的なスキルと経験が問われるでしょう。

だって企業としてもその業界に精通している方が即戦力として使えるし、教育等のコストも抑えられますからね。その点は新入社員じゃなく中途採用だけど経験者である強みになります。

37歳で転職が成功する人と失敗する人の違い

S君の話に戻りますが、彼はなぜ異業種に転職できたのか?

その答えは先ほど出たので分かりますよね?

自分の強みを分かっていたから

企業が重要視するコミュニケーション力、これまで前の会社を10年以上続けてきた真面目さ、異業種に飛び込む向上心の高さが評価されたのではないかと思います。

彼はそのことを自分の強みとして分かっていたんですよね。

彼は元々人と話すのが好きでコミュニケーション能力には長けています。人との会話がうまいという強み、スキルを活かせる営業職を選んだのは正解だと思います。

これがまたまったくの未経験であるエンジニアなどの技術職だったら、こう簡単には転職できていなかったかもしれません。

あなたは自分の強みって答えられます?

うーん?って考え込んだあなたは後半で紹介する転職エージェントサービスを活用し、客観的評価してもらうのがおすすめです。

この他にも、転職がうまくいく人と失敗する人の違いをあげると以下のようなことがあります。

転職する目的が明確かどうか

なぜ転職したいのか? その理由が明確であるかどうかが大切です。

  • 上司が嫌いだから
  • 給料が安いから
  • 仕事がつまらないから

このような漠然とした理由ではなく、どのような職場環境が理想なのか、具体的にどれくらいの年収が必要なのか、将来のビジョンなど転職理由が明確なほどいいですね。

そこが曖昧だと転職しても満足できないということになりかねません。

転職は働き先が見つかれば成功ではなく、そこで楽しくやりがいを持って働き続けることができるかどうかです。

そういう意味ではとにかくなんでも応募すればOKではなく、やりたい職種、働きたい業界をはっきりさせておきましょう。

家族が理解し応援してくれるか

独身であれば独断で退職しようが構いませんが、家族がいる場合は違います。

旦那さんや奥さん、子供らのことも考えて事を進めなければなりません。

私が30代で転職したときも、妻のサポートがあったからこそうまくいきました。

先ほど紹介した転職理由を明確して、それを家族に説明し納得してもらえれば協力も得られるでしょう。

期限を決めて転職活動に取り組めるか

転職すると決めたら思い切りが必要です。ぼんやりと転職サイトで求人を探してお気に入りがあったら応募しようでは、なかなか決まらないでしょう。

焦ってやりたくない仕事につく必要はありませんが、37歳という年齢を考えるとダラダラするのもリスクが増すだけです。

気がついたら40代になっていた、なんてことになりかねませんので、自分なりに期限を決めて転職活動をしていきましょう。

転職のプロに相談したか

気になる企業が見つかったけど、評判やブラックかどうか調べたい、履歴書の効果的な書き方、うまくいく面接の受け方などを知りたい。

ひとりで転職活動すると不安だし、分からないことも多々でてくると思います。

これを解消するにはプロに頼ること。おすすめなのは転職エージェントというプロの支援サービス。これについては後ほど紹介します。

餅は餅屋というように、転職に関することは転職のプロに相談したほうが格段に成功率はあがります。

37歳なんてまだまだ年齢的にも大丈夫

37歳で何の資格も持っていなかったS君。でも彼は自分の強みを活かして転職に成功しました。

「どうせ自分なんか」ってあきらめてた人は彼の行動をぜひ励みにしてみて下さい。失敗なんて恐れなくて大丈夫です、転職が成功するまで繰り返せばいいんですから。

やめたり諦めた時点で失敗です。

だから弱気になる必要はないんです。ここで行動を起こさず38歳、39歳、40歳、45歳と歳を取っていく方が厳しくなってきますよ。

実は私も30歳の時に未経験の仕事に転職しています。どうしても1人で悩むと気持ちが暗くなりがちですが、ハローワークや転職サイトで相談すると不安は和らぎますし、進むべき道が見えてきます。

転職エージェントを活用して転職成功率を上げよう

では37歳での転職を成功させるために活用しておくべきサービスを紹介します。

まず転職先を探す場合、

  • ハローワークを利用する
  • 就職セミナーやイベントに参加する
  • 企業のホームページから直接応募する
  • 転職サイトや求人誌を利用する
  • 転職エージェントを利用する

さまざまな方法がありますが、なるべく時間も労力も最小限に抑えつつ、希望の転職先を探すなら転職エージェントの活用がおすすめです。

その理由は、転職を成功させる確率が格段に上がるからです。

基本的に転職活動は自分一人で何もかも行わなければなりません。例えば、求人を募集している企業を探して、面接のアポを取ってスケジュール調整して、履歴書を書いてみたいなことを全部やりますよね。

でも転職エージェントは、

  • あなたの強みに合った求人を紹介してくれる
  • 面接、履歴書、職務経歴書のアドバイス
  • 年収の交渉
  • 入社日程の調整
  • 推薦状の作成など

このようなことを代行、サポートしてくれるので効率的かつ転職成功へとつながりやすいのです。

転職エージェントの特徴

転職サイトとエージェントのサポートの違いを見ると一目瞭然です↓

サービス名転職サイト転職エージェント
求人登録するとサイトで求人情報を見る事ができます。サイトでは見れない「非公開求人」も見る事ができます。
活用方法サイトに掲載されている求人情報を自分で選びます。キャリアプランや適性、強みをもとにアドバイザーから求人情報を提案してもらえます。
登録メリットサイトに掲載されている転職ノウハウを知ることができます。効果的な応募書類の書き方や、面接での受け答え、アポ取りから内定までの段取りを代行してもらえるので効率的です。
登録後の流れ自分で情報収集して希望する企業へ応募したり、スカウトを待つ事ができるようになります。アドバイザーと面談して自分の希望を伝え、企業との日程調整や条件交渉も代行してもらえます。

日々の業務をこなしながら終業後や昼休みに求人を探して履歴書を書いて・・・なんてやっていたら大変です。

そういった部分をなるべき減らして効率よく進めるために、転職エージェントの活用をおすすめします。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントにはさまざまなサービス業者がありますが、なるべく業界大手の活用をおすすめします。

やはり圧倒的に求人数が多いですし、転職満足度や成功率も高いからです。

特におすすめは以下の2社。

◆転職成功実績、求人数、拠点数ともにNo.1の『リクルートエージェント』

あらゆる業種の求人を持っており、ハローワークなどでは公開されていない非公開の求人もかなりの数あります。

求人数が多いということは、それだけ選択肢が広がるということですから、利用しておくべきです。

◆求人数、サポート体制業界トップクラス、転職者満足度No.1の『doda』

こちらもリクルートエージェントと並んで大手のサービスです。

非公開の求人も多くありますし、何より転職者満足度No.1ですからね。それだけ活用して良かったという人が多い証拠です。

これらはもちろん無料ですし、大手で安心なのでぜひ活用しましょう。

また平日の夜間、土日、祝日も対応してくれるので仕事が忙しい人でも安心して利用できます。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

ミーティングしている男女
気になったら使ってみるのが一番!5つの転職エージェントの特徴を比較!失敗しない後悔しない為の転職支援をしてくれるおすすめの転職エージェントの比較紹介です。エージェントによって業種や求人数など特徴があるので、気になったところがあればぜひ活用して、転職を成功させましょう。...

今と変わらない38歳を迎えるか、37歳で人生を変えるか

年齢は気にする必要はありませんが、行動を起こすなら早ければ早い方が間違いなくいいです。

悩んでいても何も解決しませんし、これまでと生活は変わりません。

ここで行動を起こさなければ、きっと明日も明後日も同じ悩みでストレスが溜まるだけです。

あなたもS君のように定年まで我慢して働き続けることが嫌なら、今こそ行動を起こしましょう。

3人に2人が転職しているという事実がありますので大丈夫。あなたを求めてる企業は必ずありますよ。

◆転職成功実績、求人数、拠点数ともにNo.1の『リクルートエージェント』

あらゆる業種の求人を持っており、ハローワークなどでは公開されていない非公開の求人もかなりの数あります。

求人数が多いということは、それだけ選択肢が広がるということですから、利用しておくべきです。

◆求人数、サポート体制業界トップクラス、転職者満足度No.1の『doda』

こちらもリクルートエージェントと並んで大手のサービスです。

非公開の求人も多くありますし、何より転職者満足度No.1ですからね。それだけ活用して良かったという人が多い証拠です。

仕事を辞めたい、転職で悩んでいる人におすすめ記事
笑顔のOL

求人の紹介や履歴書の書き方、面接のアドバイス、年収の交渉などさまざまな転職支援を無料でしてくれる転職エージェントの紹介です。

よくある質問や各エージェントの特徴についてまとめています。エージェントによって扱っている求人数や業界に違いがありますので、自分の希望する業界や職種に合わせて選んでみてください。

・転職回数が多いと不利になる?
・未経験で異業種に転職できる?
・派遣社員から正社員になれる?

など、転職に関する疑問や悩みに転職経験5回の私がお答えします。あなたの抱えている悩みを解決するきっかけになるはずです。

転職経験5回の私が転職に対する不安に回答