転職

40歳で手取り給料20万円の会社は転職すべき3つの理由!

20万円の入った給与袋
  • ここ数年間昇給がない、50歳でも今のままだったら…
  • 中学、高校、大学と子供の教育資金が心配
  • 家族旅行も外食もできずに節約の毎日

40歳で手取り20万円ほどで、毎日カツカツの生活、将来が不安という人へ。

基本給、加給、交通費などの総支給額が23万円、手取り20万円以下の給料で転職した私の考えを書きました。

転職すべきか迷っている人の心が軽くなるきっかけになれば幸いです。

40歳で手取りの給与額が20万円は転職すべき

40歳で手取り給料が20万円は妥当なのか安いのか?

国税庁のデータによると40代の平均年収は、432万円であり、男性532万円、女性287万円となっています。

扶養家族やボーナスなど細かなことは抜きにして、手取り20万円という点で計算すると平均よりかは少ないですね。

平成29年分民間給与実態統計調査結果について -国税庁-

では40歳で手取り給料が20万円しかない場合、転職すべきか会社に残るべきか?

これに対して私の考えは転職すべきです。

その理由は以下の通り。

定年まで残り20年、手取り20万円で老後の貯蓄は難しい

預金通帳を見ている女性

子供がいる場合は教育資金が必要ですし、独身や夫婦2人であっても生活費はかかるため貯金しておかなければなりません。

政府が「人生100年時代になったいま、老後に2,000万円は必要」だと発表しました。

この発言の意図は、年金だけに頼ってもらっては困るからです。

国の借金は年々増えており、私たちの年金は将来減額される可能性が高く、受給時期もどんどん先延ばしになるのは目に見えています。

だから「自分の身は自分で守ってね」というのが国の考えなんです。

それに対して文句を言っても始まらないので自分で貯蓄をしておかなければならないわけですが、20万円しかない手取りで老後必要な2,000万円を貯めれますか?

60歳を定年としたとき残り20年しかありません。その20年で2,000万円を貯金しようと思ったら1年で100万、月約8万円貯金しないといけない計算です。

20万円の手取り給料から8万円引いたら、残りは12万円。そんな生活を20年間も続けられますか?

もちろんある程度の貯金をしている人、雇用を延長したり、定年後もアルバイトなどをして収入は得るかもしれません。

しかし会社が倒産したりリストラになる、怪我や病気で働けなくなるリスクだってあるわけですから、働けるうちになるべく貯蓄はしておきたいですよね。

なかには退職金をあてにしている人もいるかもしれませんが、40歳で手取り給料が20万円の会社の退職金なんて当てにならないでしょう。

だから、もっと手取りの多い企業に転職したほうがいいというのが1つめの理由です。

20歳で20万円ならまだしも、40歳で20万円。今後の昇給に期待できない

会社の昇給額ってどれくらいか知ってますか?

転職サイトのリクナビの調査によると、中小企業の昇給率は平均1.45%だそうです。

手取り給料が20万円ということは、給与の総支給額はだいたい25万円ほど。その1.45%は3,625円です。

それがまるまる財布に入るわけではなく、税金を引かれますから手取りはまだ少なくなります。

1年間一生懸命がんばって働いても、せいぜい数千円しか給料は増えないんですよ。

これが20代で手取り20万円ならまだ将来は期待できますが、40歳時点で20万円なら、45歳、50歳になったときの年収もさほど変わらないことは簡単に想像できますよね。

終身雇用制度も年功序列も崩壊した今、就職すれば一生安泰、勤続年数さえ長ければ恩恵を受けられる時代ではありません。

だったら転職して年収を上げる努力したほうが、まだ将来は安心なのは明らかでしょう。

チャレンジすれば誰でも年収アップできる企業は見つかる

40歳で手取り20万円しかもらえないなんて自分は無能なんてことはないし、そこで諦める必要もありません。

こちらの記事でも書きましたが、給料って業界や業種によってある程度決まっているんですよね。

比較したグラフ
年収を上げたいなら年収の高い業種と職種を知っておかないとダメ!年収の上限って業種と職種である程度決まっています。そのことを知っておかないといくら仕事を頑張っても成果を出しても希望の年収には届かないことがあります。その事実と、どんな業種が年収が高く、低いのかも合わせてご紹介します。...

別に仕事ができないから給料が安いのではなく、安い業界や業種、会社に勤めていることが原因です。

ということは、もともと年収の高い業界や業種に転職すれば給料は上がるんですよ。

ただ多くの人が業界未経験だからとか、営業職は嫌いだとか言い訳をして挑戦しないだけ。

別に自分がやりたい仕事で今より手取りの多い企業を探して、そこで内定をもらってから辞めてもいいわけですから、どんどん挑戦すべきだと思います。

愚痴ったり悩んでいても給料が上がることはありません。自分で行動して理想の企業を探さないとダメです。

40歳でもまだまだ若く、年齢がネックになって転職に不利になるということはありませんので、ぜひ希望に合う企業を探しましょうよ。

40歳で手取り20万円は転職すべき理由

まとめると、

  • 今のままでは老後までに十分な貯蓄ができない
  • 今後の昇給は期待できない
  • 転職で年収アップできる可能性は誰にでもあるからやるべき

以上の理由から、40歳で手取り20万円の会社に勤めている人は転職すべきと考えます。

手取りを増やしたい人がこれからやるべきこと

やるべきことは明確で簡単です。自分がやりたいこと、やれる仕事で年収アップできる企業を探して内定をもらうだけです。

それができた時点で今の会社を退職すればいいだけなのでリスクはありません。

ただ転職活動にお金はかかりませんが、時間と労力は必要です。

それをなるべく最小限に抑えて効率よく転職活動できるのが転職エージェントです。

転職エージェントは企業と求職者の間に入って転職を支援してくれるサービスです。

転職エージェントの特徴

具体的なサービスは、

  • 希望に合った企業の紹介
  • 年収の交渉
  • 内定をもらうための面接、履歴書のアドバイス
  • 入社日程の調整など

あなたに代わってさまざまなことを代行してくれるので、在職中のサラリーマン、OLであっても負担なく進められます。

転職したいけど子供や養う家族がいる、リスクを犯したくない人はぜひ活用しましょう。

ミーティングしている男女
転職を成功に導くおすすめの転職エージェント5社の特徴比較!失敗しない後悔しない為の転職支援をしてくれるおすすめの転職エージェントの比較紹介です。エージェントによって業種や求人数など特徴があるので、気になったところがあればぜひ活用して、転職を成功させましょう。...

自分の将来を切り開くのは自分自身です。現状に不満や不安があるなら行動をすべきです。じゃないと未来が変わることはありません。

私も5回転職を繰り返し、その度に年収アップに成功しています。

国や会社のせいにしても生活が豊かになることはありませんので、自分で行動して手取りを増やし、豊かに安心して暮らせる人生を手に入れましょう。

折り返し地点に来たサラリーマン人生。後悔しないように!

仕事を辞めたい、転職で悩んでいる人におすすめ記事
笑顔のOL

求人の紹介や履歴書の書き方、面接のアドバイス、年収の交渉などさまざまな転職支援を無料でしてくれる転職エージェントの紹介です。

よくある質問や各エージェントの特徴についてまとめています。エージェントによって扱っている求人数や業界に違いがありますので、自分の希望する業界や職種に合わせて選んでみてください。

・転職回数が多いと不利になる?
・未経験で異業種に転職できる?
・派遣社員から正社員になれる?

など、転職に関する疑問や悩みに転職経験5回の私がお答えします。あなたの抱えている悩みを解決するきっかけになるはずです。

転職経験5回の私が転職に対する不安に回答