悩んでいるお年寄り

あなたがこの記事を読んでいるということは、きっと何かやりたいことがあるけど、年齢がネックになっていて始められずにいるんですね。

その気持ち分かります。わたしもそうだったので。

新しいことを始めるときって勇気とエネルギーを使いますよね。

でもそこで不安やリスクに負けてやりたいことを我慢すると、悶々とした日々を過ごすだけです。

  • やりたい仕事がある
  • 叶えたい夢がある
  • 新しいことにチャレンジしてみたい

そんなあなたへ、39歳でやりたいことを始めたわたしの体験談を紹介します。年齢が気になって行動できない人の悩みや不安を解消するきっかけになれば。

スポンサーリンク

年齢に惑わされてやりたいことを我慢していた話

年齢を重ねるといろいろとリスクが生じてくるので、やりたいことも躊躇するようになるんですよね。

たとえば、

  • やりたい仕事があるけど年齢がいってるので雇ってくれるところがない
  • 夢を追いかけたいけど、養う家族がいるから生活が苦しくなると困る
  • 世間体を気にして「いい歳して」と言われるのが怖い

こんな感じで。

でも結論からいうと、やりたいことを我慢したってモヤモヤした毎日が続くだけ。

人生は一度きりなので、やらずに後悔するよりやって後悔したほうが100倍マシです。

と、こんな偉そうなこと言ってるわたしも、実は行動できずにいたんです。

39歳でまったく未経験のWebデザインの勉強を始めました

もうすぐ40歳になりますが、これまでの職業経験とはまったく畑違いのWebデザインの勉強を始めました。

じつは数年前から興味はあったのですが、勉強を始めることを躊躇していたんです。

というのも、

デザインやWeb系の専門学校もでていない素人中年が、一からWebデザインを勉強して使いものになるのか。

そして若い世代と自分を比べては、今更は始めたとしても若い子には敵わないから止めておいた方がいいんじゃないかって。

それでなかなか踏み出せずにいたんですが、気が付いたら時間だけが過ぎていて、モヤモヤが頭の隅に残っていました。

このままじゃ後悔すると感じたので、思い切って始めてみたってわけです。

このことを振り返ってみると、悩んでいた時間が本当に無駄でしたね。すぐに始めていたら、かなりのスキルも身についていたはずです。

だからやりたいことがあるなら年齢関係なく、一歩踏み出してみることが大切だと痛感しています。

後から後悔しても貴重な時間は戻ってきませんからね。

関 連 【未経験】30代後半ですが、これからWebデザイナーを目指します!

いきなり大きなリスクをとる必要はない。きちんとやりたいことへの準備をすればいい

とは言っても、やりたいことを始めるにあたって伴うリスクは簡単には取れないものです。結婚して子供もいれば尚更。

だったらいきなり大きなリスクをとらなければいいんですよ。しっかりと準備してからでOK。

わたしだっていきなりWebデザインの仕事に転職しようなんて思っていません。

まずはやってみて自信と実績を積んでからでも遅くないんですよ。

でもそれだと年齢が… って思いますよね。

わたしも頭の中を整理するまでに時間がかかりました。でもこう考えてみてください。

もしわたしがどうしてもリスクを取れず、また自信がなくてWebデザイナーとしてデビューするのが50歳になってしまった場合。

もし70歳まで仕事をしたら20年間もやりたいことができるんですよ。80歳まで働くとしたら30年もあります。

この時間をやりたいことで過ごすのか、モヤモヤしたまま過ごすのか。どちらが良いかなんて言わなくても分かりますよね。

人生100年時代って言われてますから、60や65歳の定年で働かなくなる時代じゃありません。そう考えたら時間なんてたっぷりあると思いません?

いやいや50歳のおっさんを雇う会社なんてないよ。って?

じゃあ、起業したりフリーでやればいいだけ。そんなの自分次第です。

あの有名なカーネル・サンダースだってケンタッキーフライドチキンを起こしたは65歳ですからね。

前例がないなら自分が第一人者になればいい

前例がなくて自信がないなら、自分が第一人者になればいいんですよ。

たとえ周りになんと言われようと自分の人生です。年齢なんて枠にとらわれる必要はありません。

50歳でWebデザイナーデビューした人がいないなら、わたしがその第一号になればいいだけ。

40歳からロックミュージシャンを目指したっていいし、50歳からパティシエの夢を追いかけたっていいわけですよ。

世の中にはきっと私と同じ思いをしている人がいる。その人も同じように年齢がネックでやりたい事を我慢しているかもしれない。

わたしがそこで一歩踏み出し成果をだせば、その人たちを勇気づけられる、道しるべになるんじゃないかって思うんです。

なんか大袈裟ですけど、そう思うことが自分を奮い立たせるモチベーションにもなります。

こう考えて、年齢のことを頭から取っ払ったら遅すぎるなんて感情はなくなるんですよね。

年齢なんてただの記号。時間がかかってもやりたいことを追い求めよう

喜んでいるお年寄り

「年齢なんてただの記号」これは叶姉妹が言っていた言葉ですけど、ほんとうにそう思います。

単なる記号に人生を左右されて後悔するなんて嫌じゃないですか。

年齢にとらわれるともっと早くやっておけばよかったって後悔しますけど、人生で今が一番若いんだから、ここで行動しないと後悔は募るいっぽうです。

そう考えるようになってなんか気が楽になりました。だからわたしはやりたいことを始めたし、いつどうなるか分からないけど勉強し続けます。

いまさら始めて大丈夫かな? と悩んでいる時間は無駄だけど、努力する時間に変えれば有益になります。

人生に遅すぎるなんてないんですよね。やりたいことがあるなら、やればいい。

あとは時間がかかっても自分が「いける!」と思えるまで、努力し続ければきっと夢も実現できます。

わたしはそう信じて今日も勉強します。だから、あなたもやりたいことがあるなら、年齢なんて気にせずにまずは始めてみませんか?

今という瞬間が人生で一番若いんですから、始めるなら今です。

仕事やお金のことで悩んでいるならこちらの記事も読んでみてください。

やりたい仕事への転職を躊躇している方へ↓
関 連 転職したいけど怖い…。そんなあなたはリスクを減らす準備をまずしよう

やりたいことがあるけど、お金の面で不安を感じている方へ↓
関 連 副業に関する記事一覧はこちら