スマートフォンを手に持った画像

仕事をしていれば失敗もあるし、上司や先輩との人間関係で不満やストレスが溜まりますよね。

わたしも経験者なので朝になると憂鬱で会社に行きたくない気持ちは分かります。

だから休むこと自体は悪いとは思いません。しかしダメなのは会社に連絡もせずに無断で休むこと。

嘘でもなんでもいいんですよ、とにかく一報入れさえすればそれでOK。

そしてこれからどうしたのか考えて行動すること。これも重要です。

ここでは無断欠勤をしようと思っている、してしまった人へ、わたしの体験談を元に対処法を紹介します。

スポンサーリンク

会社を無断欠勤した、しようと思っていても連絡はしよう

会社を無断欠勤した、しようと思っているということは、何か行きたくない理由があるんですよね。

  • 仕事で失敗をしてしまった
  • 上司のパワハラに耐えられない
  • 休めないし残業ばかりで体力、精神的にも限界など

実はわたしも仕事で失敗してしまって無断欠勤したことがあります。

朝起きたら10時を過ぎていて、会社から何回も着信が入っていました。

その日は連絡するのが怖くて無視。次の日も電話がかかってきたので勇気をだしてでました。

「電話に出られずにすみません。高熱で動けませんでした。

動けるようになったら病院に行ってきますのでお休みさせてください。体調が良くならなかったら明日もお休みします。」

と謝罪をし仮病をつかいました。

すごくドキドキだったのですが、上司は意外にあっさりしていて「分かった。みんな心配してたんだぞ。ゆっくり休めよ」たったこれだけ。

それから3日休みましたがとくに怒られることもなく、逆に「大丈夫だった?」 と声をかけられました。

この経験からとにかく連絡だけはすべきだと反省したのです。

だから無断欠勤しようか迷っている、もう休んでしまった人もいまから連絡すれば大丈夫です。

理由なんてなんでもいいんですよ。わたしみたいに仮病でも。何も音沙汰がないと心配されるので、とにかく連絡さえすればOK。

逆にこのまま放置し続けると後から面倒なことになりますよ。時間が経つほど会社に行きづらい、連絡しづらくなり状況になりますからね。

それに無断で休むことはあなたにとってだけでなく、会社にとってもお互いにメリットがないんです。

それはどういうことか? わたしが無断欠勤された側の立場として実際にあったことを紹介しますね。

新入社員が無断で会社を休んでそのまま来なくなった

わたしが教育した新入社員が2日で会社に来なくなりました。

教育といっても会社の業務内容とか仕事の流れを説明し、デスクやパソコンなど身の回りの環境作りを始めたばかりです。

これから仕事を教えていこうって時に無断で休まれ、それからなんの音沙汰もありません。

こちらが電話しても出ないし、かけてもこない。

会社としてもコストがかかってますし、わたしだって時間を作ってる訳ですから辞めるなら辞めるできちんと連絡くらいはして欲しいものです。

まぁわたしも無断欠勤経験者なので、大きな声では言えないんですけどね…。

彼が会社を無断で休んだ原因はなに?

彼は一体なぜ会社を無断欠勤したのか。連絡したくなかったのか、それともできない状況だったのか?

連絡をしたくない場合

連絡すらしたくない場合、会社や上司、仕事に関して何かしら不満を抱えているわけです。

例えば

  • 上司や同僚、身内だけの職場の人間関係やパワハラに悩んでいる
  • 仕事でミスを犯してしまい自信を無くした
  • 仕事がつまらない、合わない
  • 残業が多く忙しくて休めない
  • 通勤時間が長くて辛いなど

ストレスを抱えるほど会社に行きたくない理由があるはずです。彼の場合はたった2日しかたっていないので合わなかったのかもしれません。

連絡できなかった場合

一方、連絡をしたくないんじゃなくて、できなかった場合は、

  • 朝寝坊して気づいたら始業時間を過ぎていた
  • 風邪など病気で連絡することすら困難
  • プライベートでショックな事があった
  • 連絡しようと思ったが、携帯やスマホが壊れて電話できないなど

でもいくらこのような状況であっても、よっぽどやばい事件や事故にでも巻き込まれない限り、連絡くらいはできると思うんです。

連絡しないと休んだ理由が分からない

会社を無断欠勤する理由にはいろいろあると思います。でもどんな理由があるにせよ、連絡ぐらいはしましょう。

会社員なんだから立派な大人です。もう学生じゃないんですよ。ゆとり世代とか関係なくて、若くても出来ている人はできています。年齢じゃなくモラルの問題。

だって連絡をしなければなぜ休んだのか、その理由が分からないんです。

2日で会社に来なくなった彼も連絡が取れないので、わたしの教え方が悪かったのか、病気で寝込んでいるのかすら分かりません。

しつこく電話をするのは心配しているからですよ

このまま連絡が取れなければ、事故や事件に巻き込まれている可能性だってあるわけですから、両親など身元保証人に連絡を取る必要だってあります。

このように会社としても何かしら対応しなければいけません。

もしこれが会社ではなく友人との約束だったらどうします?

友達と遊ぶ約束をしてたけど行きたくなくなったり行けなくなった場合、何も連絡せずにすっぽかしますか?

わたしだったら何かあったんじゃないかと心配しますよ。会社だって同じです。連絡がないと心配します。

もし本当の理由を言って怒られるのが怖いなら適当な理由でいいんですよ。高熱で動けないので休みますって。

このように無断で休むことは会社にとってもあなたにとってもメリットはありません。

だから、会社を休む場合だけじゃなく遅刻であっても連絡はすべきなんです。

今後、仕事を続ける気があるのか辞めたいのか、どっち?

連絡をすることの重要性はお分かりいただけたと思います。

でもそれよりももっと重要なのはこれからのこと。

仕事を続けたいのか辞めたいのか。あなたがどうしたいのかということです。

会社に復帰するつもりなら、出社して原因解決に努める

もし会社に復帰して仕事を続けたいのであれば、信頼を取り戻すように努めなければなりません。

理由はともあれ無断欠勤した事実は消せないので、これから信頼を回復させるには同じ過ちを起こさないようにして仕事で挽回していきましょう。

それと会社に行くたくないほどストレスとなっている原因も取り除かなければなりません。

でないと、またいつか無断欠勤したくなる日が来るでしょうから、

  • 人間関係に悩んでいる
  • 仕事内容が嫌
  • 労働環境に不満がある

など、会社に行きたくない原因を解消できるよう相談してみましょう。それによって会社側が何かしらの対策を講じてくれるかもしれません。

もしそれでも状況が改善しないようであれば辞めて転職先を探せばいいんですよ。

無断欠勤するくらい精神的に追い詰められている会社に居続ける必要はありません。

もう会社に行きたくないならしっかり退職の意思を伝えよう

もう会社に行きたいくないのであればしっかりとその旨を伝えましょう。

会社は退職者が出れば次の人材を探すだけです。でも何も連絡しないと企業としても求人が出せません。

また無断欠勤している人に支払う給与はなくても、会社はその社員が在職している間は社会保険料を負担し続けなければならないんです。

ちなみにうちの会社の就業規則では、

● 会社を欠勤する場合は事前に申請書に記載をして責任者に提出する。

● やむなく書類を提出できずに欠勤する場合は、始業時間までに電話等で連絡をすること。

● 正当な理由なくしばしば無断欠勤し、業務に不熱心なときは減給など懲戒処分を行う。

● また解雇する場合は30日前に本人に通知する。

このように書かれてあります。だから無断で休んだからといってすぐに解雇(クビ)にはならないし、あなたが休んでいる間も業務にも支障がでてしまいます。

無断欠勤が原因で会社に損害が出て、損害賠償を請求された事例もあるようですから怖いですよ。

病気や怪我で連絡できないんじゃなく、会社に行くのが嫌で無断欠勤するくらいなら、きちんと退職届を出すか話をして辞めたいという意思を伝えましょう。

面と向かって話すのは精神的にきついとか、電話も無理ならメールやLINEでも良いですよ。なんの音沙汰も無しにフェードアウトするのだけはやっちゃダメです。

今後どこでどう繋がるか分かりませんので、後腐れなく退職することをおすすめします。

それさえすればあとはスパッと辞めればOK。連絡することすら嫌になる程の会社なら転職したほうが良いですよ。

ダラダラ仕事を続けたり、無断で休むほうが自分にとっても会社にとっても何のメリットもありませんから。

転職活動を効率よく進めるためにやっておくべきこと

辞める方向に気持ちが傾いているなら、次の転職先も探しておかなければなりません。

すぐには転職せずしばらく休みたいのであればそれでもいいですが、「わたしには転職先の候補がいくつもある」このような状況を作っておけば、いつでも行動を起こせるので精神的にもかなり安心ですからね。

その際にまずやっておくべきことは転職サイトや転職エージェントへの登録です。活用するとしないでは安心感が違います。

リクナビNEXT : 転職希望者の8割が使っている鉄板サイト

まずは転職希望者の8割以上が利用しているリクナビNEXTはマストです。

メールアドレスと、名前、生年月日、性別だけで簡単に登録できるので、どんな求人があるのかチェックしてみてください。

自分で求人を探すこともできますし、職務経歴や希望条件を入力しておけば企業側から転職のオファーを受け取ることもできます。

休みたくなるほど嫌な会社のことを考える時間は無駄です。その時間を求人探しに変えてみてください。

そのほうがよっぽど有益です。

リクナビNEXTの公式サイトへ

リクルートエージェント : 転職実績No.1

こちらも知名度の高いサービスですが、リクナビNEXT違うところはエージェントといわれるアドバイザーが転職支援をしてくれるところです。

転職の本気度が高い人はこちらのサービスを利用したほうがいいです。

その理由は転職支援をしてくれるから。

具体的には、

  • あなたの希望に合った求人の紹介
  • 面接や履歴書の書き方のアドバイス
  • 面接日時などの日程調整
  • 年収の交渉
  • スキル、強み診断

これらをやってくれます。

これなら転職活動する時間がない人でも安心して任せられますし、効率よく希望に合った求人をピンポイントで検討することができます。

またリクナビNEXTと違ってプロのアドバイザーがあなたにつくので、無断欠勤しようと思った原因を相談すれば、それを次の転職先に活かすことができます。

一人で悩みを抱え込まずに相談してください。内部事情に詳しいエージェントもいるので、現状を分かってもらうことでそれを考慮した対応をしてくれるはずです。

平日の20時以降、土日も対応してくれるのでぜひ相談してみてください。

リクルートエージェントの公式サイトへ

各サービスの特徴をまとめました。

サービス名リクナビNEXT
(転職サイト)
リクルートエージェント
(転職エージェント)
求人登録するとサイトで求人情報を見る事ができます。サイトでは見れない「非公開求人」も見る事ができます。
活用方法サイトに掲載されている求人情報を自分で選びます。自分の希望や条件を元に、アドバイザーから求人情報を提案してもらえます。
登録メリットサイトに掲載されている転職ノウハウを知ることができます。効果的な応募書類の書き方や、面接での受け答えをアドバイスしてもらえます。
登録後の流れ自分で情報収集して希望する企業へ応募したり、スカウトを待つ事ができるようになります。アドバイザーと面談して自分の希望を伝え、企業との日程調整や条件交渉も代行してもらえます。
おすすめする人自分で求人を探したい人向け本気で転職を考えている、プロにサポートしてもらいたい人
おすすめ度★★★★★★★★
公式サイト>> 詳細はこちら※土日・祝日、平日も夜間対応OK
年間50万人以上が登録

あしたの朝も同じ悩みで憂鬱にならなくてすむよう、いますぐ行動を起こそう

会社に行きたいくないのなら連絡をしましょう。

それをやらないのであればこちらに非がありますが、社会人として他人に迷惑をかけない、信頼を落とさないような行動をとれば大丈夫。

そこまで思い込むような会社であることが問題なので、あなたは悪くありません。あとは仕事を続けたいのか辞めたいのか考えてみてください。

無断欠勤するほど嫌な会社であれば、また同じ悩みを抱える日がくる可能性は高いですから、それに備えて「わたしには転職先の候補がいくつもある」このような状況を作っておくと安心ですね。

あしたの朝も同じ悩みで憂鬱にならなくてすむよう、いますぐ行動を起こすことをおすすめします。

関 連 仕事を辞める勇気がないあなたへ経験者から3つのアドバイス