会社から干されたサラリーマン男性のイラスト

「仕事が暇すぎるから辞めたい? 贅沢な悩みやね、ラクして給料がもらえるなんてうらやましい!」

退屈な職場を経験したことのない人はみんなこう言います。でも仕事が暇で仕方ない職場で働いている方なら分かると思うんですが、退屈って精神的におかしくなるくらいストレスになるんですよ。

暇な会社に出勤してまず考えることは「今日は何をして時間を潰そうか」ということ。仕事をするために会社に行くのに、こんなことを考えるなんてちょっとおかしいですよね! でもそれくらいやることがないんです。

この記事では私と同じ思いをしている方へ、退屈で仕方ない職場でやりがいも成長も見込めない働き方をしていた経験談と、その環境から脱するためにやったことを紹介します。

あなたの悩みを解消するきっかけになれば。

スポンサーリンク

仕事が暇すぎて時間を潰すのが苦痛だった

外回りから内勤の部署に異動になり、そこでの仕事が暇すぎて苦痛だった頃の話です。その会社は業績が悪くなり仕事もみるみるうちに減ってきました。なんとかリストラはなかったのですが、仕事量に対して社員が多すぎるのでやることがないんですよ。

会社に出勤してまず考えることは、今日1日何して過ごそうかってこと。「いやいや、ちゃんと仕事しろよ」って怒られそうですけど、やる仕事がないんだから仕方がありません。

仕事が暇すぎて半日あればその日の業務は終了って感じで、毎日会社に来なくても週3日でいいんじゃない?って環境で働いていました。

残業ばかりで休みも取れない仕事をしていた経験もありますが、暇ってのもかなりの苦痛なんですよ。

毎日こんな感じなので、

  • 時間を潰すためのスキルが鍛えられる
  • やる業務がないのでとにかく定時までが長い
  • 上司もずっとデスクに座っているので気まずい

ある意味ブラックな環境でストレスを抱えながら日々戦っていました(>_<)

仕事のフリをするのが仕事になってきた

仕事が暇といっても遊んでいるわけにはいかないので、手の込んだ資料を作成したり、掃除をするなど自ら仕事を探していました。でも同じ経験されている方なら分かると思うんですが、毎日同じことやっていたら本当にやることもなくなってくるんですよ。

よく「仕事は与えられてするもんじゃない、見つけてやるもんだ」みたいなこと言われますけど、それにも限界があります。

掃除なんて何時間もかかるわけじゃないし、毎日やってたら掃くところも拭くところもなくなります。それにデスクに座っていても上司や他の忙しそうな社員の視線が気になるので、何かやってるフリをしないといけません。

それで電話が鳴るように願ったり、仕事がある時はいかに効率よく業務をこなすかよりも、いかに時間をかけて暇をつぶすかを考えてやっていました。自分の業務は仕事のフリをすることになっていったんですね。

暇な職場に居続けることで現れた心境の変化

仕事で悩んでいるサラリーマン

でもそんな毎日の繰り返しに耐えられなくなってきて、気持ちにも変化が現れはじめました。

  • 怠け癖がついて何に対してもやる気が無くなる
  • 自分はこの会社にとって不要な人間じゃないかと自己嫌悪に陥る
  • 性格が暗くなる

退屈を繰り返すと無気力になってきた

暇な仕事を繰り返していると無気力な人間になってきます。最初は仕事を与えられると水を得た魚のようにやる気がみなぎっていたんですけど、そのうち怠け癖がついてしまって仕事をすることが面倒になってきました。

やっぱり人ってほどほどでもやることがないとダメですね。年寄りになって毎日やることがないとボケるのが早いなんて言いますがそれと一緒。目的もゴールも見えない作業、やりがいも成長もキャリアップもできない環境に居続けると何もやる気が起きなくなるんですよ。

そしてその状況を続けることで仕事だけじゃなくプライベートまでだんだん無気力になってきて、休みの日も何もする気がおこらず不安ばかりが募るようになりました。

やりがいのない仕事を続けることに意味はあるのか自問自答してみた

そんな環境で働き続けていて、自分は何の役にもたっていないし不要な人間じゃないかと思いはじめました。まぁよく考えれば不要な人間なんですよね。だっていてもいなくても業務は回っているし、自分がいなくなることで他の社員の負担が増えるわけでもないんですから。

ラクして給料がもらえるなんてラッキーってポジティブな考えができる人ならいいですけど、このまま無駄な時間を過ごす自分が嫌になる私にとってこの環境に居続ける事はキツかったです。

それにもしこの状況に耐え続けてもいつかはクビになるんじゃないかという不安もありました。会社も無駄な人件費を払えるほど儲かっていなかったので、業績が悪くなったらまっさきに不要な社員が切られるはずですから、そうなったら仕事のない自分なのかなと。

それで考えた末に行動を起こすことに決めたんです。

仕事が暇でつらい思いをしている人にアドバイス

このような経験をしてきて仕事が暇でつらい思いをしている人にアドバイスをするとすれば、今のうちに何かしら行動を起こしておいた方が良いということです。

無意味な時間つぶしや暇つぶしはおすすめしません

ただとにかく毎日定時までやり過ごせればいいやという考えはおすすめしません。ネットサーフィンやゲームなど無意味な時間潰しや暇つぶしって単なる時間の消費なのでもったいないんですよ。

あの時何かしておけばよかったと後悔するのは自分ですから、ここはもう自分のために使える時間がたくさんあると思って、資格取得やスキルアップの勉強、転職活動に時間を使った方がよっぽど有意義です。

暇な時間を生かすも殺すも自分次第ですから、何もせずに何ヶ月も過ごすよりも勉強でもしていた方が後々自分のためになると思いません?

私はそう思って勉強と転職活動を同時に始めました。暇ということは不要な人件費であるということですから、いつか会社からいらないと言われるかもしれないという危機感は持っておいた方がいいと思います。

今やれることをやっておこう

きちんとした企業や社員の多い会社だと自由にパソコンを使えないように管理されている所が多いですが、もし可能な環境であれば参考書を読んだりネットを使って勉強、次のステップに繋がるような時間の使い方をおすすめします。

  • エクセルやワードなどパソコンスキルを磨く
  • そのほか資格取得の勉強をする
  • 興味ある職種や業種のことを調べる

このような感じでスキルアップや転職に備えて今自分にできることをやっておきましょう。

仕事を辞めたい、迷っている方は私が利用している転職サイトの紹介もしておきますので合わせて読んでみてください。

やりがいのある職場を見つけるためのおすすめサイト

残業もなく時間が有り余っているなら転職サイトで自分で求人を見つけてもいいですが、職務経歴書や履歴書の書き方、面接の段取りなど専門スタッフにお願いしたい人は転職エージェントの方をおすすめします。

転職サイトとエージェントの違いはこちら↓ 大手で安心なサイトを例に出してみました。

サービス名リクナビNEXTリクルートエージェント
求人登録するとサイトで求人情報を見る事ができます。サイトでは見れない「非公開求人」も見る事ができます。
活用方法サイトに掲載されている求人情報を自分で選びます。自分の希望や条件を元に、アドバイザーから求人情報を提案してもらえます。
登録メリットサイトに掲載されている転職ノウハウを知ることができます。効果的な応募書類の書き方や、面接での受け答えをアドバイスしてもらえます。
登録後の流れ自分で情報収集して希望する企業へ応募したり、スカウトを待つ事ができるようになります。アドバイザーと面談して自分の希望を伝え、企業との日程調整や条件交渉も代行してもらえます。
おすすめする人自分で求人を探したい人向け本気で転職を考えている、プロにサポートしてもらいたい人
おすすめ度★★★★★★★★
公式サイト>> 詳細はこちら>> 詳細はこちら

効果的な履歴書の書き方や面接の対応などなかなか自分の力だけでは難しいですが、プロのエージェントに協力してもらえば良いアドバイスがもらえます。

あと自分の強みを診断してもらいどのような職種に向いているか、どんな資格やスキルを持っておけば希望の会社に転職できるかも相談してみるといいでしょう。

このようにサポートが手厚いので、本気で転職を考えているならエージェントを活用した方が間違いなく後悔しない職場を見つけられる可能性が高まります。上記の2つは実際にわたしが登録して使っているサイトで、どちらも無料なので安心して使えますよ。

昼休みや隙間時間にサクッと使える転職アプリ

休憩時間やお昼休みにスマホが使えるなら転職アプリもおすすめです。チャット形式で転職相談が気軽にできますし、条件を登録しておけば向こうから求人を提案してもらえるので非常に助かります。

手軽に使えるのでこちらも同時に活用してみて下さい。

転職相談ジョブクルアプリ

プロの転職アドバイザーが求人を提案、仕事探しをしてくれる無料アプリ

暇な時間は自分の将来をゆっくり考える時間だと思って活用しよう

ということで、暇でおかしくなりそうな職場で仕事をしていた私の経験談とアドバイスでした。退屈は人を無気力にするので気を付けて下さい。もしそのまま居続けたら私もどうなっていたか分かりません。

振り返ってみると勇気を出して行動して良かったと思います。先ほども言いましたが暇をつぶすだけの時間の使い方はほんともったいないので、自分の将来を見つめ直すいい機会だと思って有意義な使い方をしてみて下さい。

以上、経験談とアドバイスでした!