トイプードル

【初期〜生涯費用】トイプードルを飼うときにかかるコストを算出してみた!

電卓とノートとペン

これからトイプードルを飼おうと思っているけど、一体いくらぐらい費用がかかるのか知りたいって人へ。

トイプードルも生き物ですから、人間と同じく

  • 食費
  • 医療費
  • 衣料費

などのコストがかかります。

ここでは2歳のトイプードルを持つ我が家の経験をもとに、初期費用と毎月のランニングコスト、そのほか発生している費用をまとめました。

月額、年額の費用、またトイプードルの平均寿命をもとに生涯費用も算出したので参考にしてください。

トイプードルを飼うにあたって必要な費用

ではまずは購入時にかかる費用から紹介していきます。

いくらくらいが相場? トイプーの価格について

トイプードルの購入価格はピンキリなので一概には言えませんが、ペットショップに行くと12万円〜20万円くらいが多い印象です。

ちなみに我が家のトイプードルはペットショップではなく、ブリーダーさんで27万円でした。

どちらで購入するのがいいのかは、こちらの記事にまとめています。

トイプードルを抱っこしている女の子
こんなペットショップとブリーダーはNG!どっちでトイプードルを買うかの判断ポイント!トイプードルを買うときにペットショップとブリーダーどっちを選べばいいのか迷いますよね?購入するときに注意すべきこと、意識しておいた方がいいことを紹介します。家族となる大切な愛犬を飼うのですから、しっかりと信頼できるお店を選んでくださいね。...

我が家は何件も回ってピンときた子を選びました。毛色や性別、顔の好みなどもありますし、家族となる子ですから焦らずに選んでください。

飼い始めるときに必要な費用について

飼育するときに必要な事、必要最低限の物は以下です。我が家で実際に使っている物を紹介します。

犬の登録費用:3,000円

まず犬を買った場合、飼い主はお住まいの市区町村にワンちゃんの登録をしないといけません。この登録費用が生涯で1回だけ3,000円かかります。

狂犬病予防注射:約3,000円

飼い主は1年に1回狂犬病の予防注射を受けさせる義務があります。

予防注射は市区町村が行っている集団予防接種と自分で動物病院に連れていくやり方があります。

うちは生後3ヶ月の子犬で買ったので、注射を受ける前にいろいろな犬と接触させるのが怖く、動物病院に連れて行きました。

ちなみに料金はどちらもさほど変わりません。それからは毎年かかりつけの動物病院に連れて行っています。

ケージ・サークル:約6,000円

トイプードル用のお家ですね。トイプードルのような小型犬ならトイレを置いても十分なスペースがありますし、床面のトレーを引き出せるので掃除も楽です。

おしっこやウンチをするトイレトレー:約2,500円

こちらもケージと同じく必要なものですね。こちらは水洗いもしやすく、ワンちゃんがトイレシートを噛んだりしないためのメッシュカバー付きです。

トイレシート:1,600円

トイレシートは1日何枚も使う消耗品なので安いものでいいと思います。インターネットや近所のスーパーでも安いものが売られているのでそれで十分でしょう。

ちなみに我が家ではこちらを使っています。

ドッグフード(ソルビダ):約2,000円

うちのトイプードルに与えているドックフードはソルビダです。これまで食べが悪くなって切り替えてを繰り返し4種類目で落ち着きました。

今までで一番食べが良く、オーガニックなので品質も安心です。

ちなみにこれまで試したドッグフードはこちら。

ロイヤルカナンのインドアライフ ジュニア

関節に良いフィッシュ4ドッグのスーペリア

ロングライフウィッシュ ワイルドパピー

オーガニックドッグフードのソルビダ(SOLVIDA)

我が家のトイプードルは体重が2kgと小柄なので、朝20g、夜20gで1日30g~40gで十分です。

またドッグフードだけでなく、茹でた鶏ささみ、ブロッコリー、キャベツ、リンゴ、バナナなどもフードに混ぜて一緒にあげています。

餌(エサ)を入れる犬用食器:100円~

洗いやすくて壊れにくものなら何でもいいと思いますが、陶器だと割れたり欠けたりすると危ないのでステンレスを使っています。

ダイソーなど100均で売っているステンレスの器でもいいと思います。

給水器・ウォーターノズル:約900円

お茶碗のような水入れでもいいのですが、ケージに置いておくとこぼしたり邪魔になるのでウォーターノズルがおすすめです。

ホルダーは一度取り付ければ、あとは水を変えるときにペットボトル部分だけ取り外せます。

首輪やリード:約1,500円

お散歩するなら必需品ですね。デザインなどお好みで選んでください。

動物病院の先生曰く、成長してから首輪をつけると嫌がるワンちゃんが多いので、なるべく小さい頃から付けて慣れさせておくのがいいそうです。

お手入れグッズ(スリッカーブラシ・歯ブラシ):約1,500円

トイプードルの毛は毛玉になりやすいので、こまめにブラッシングしてあげてください。

一度毛玉になると取りにくいし、トリミング屋さんによっては毛玉やもつれが多いと別料金を取られることがあります。

また歯石が溜まると歯の病気にもなりやすいので、毎晩磨いてあげましょう。

歯ブラシは人間と同じように柄のついたタイプと指に入れて磨く指サックがあります。我が家では以下のタイプを使っています。

まずは上記の物だけあれば問題ないでしょう。

あとは、病院に連れて行くときに使うキャリーバックや留守番時に安心なネットワークカメラなど、必須ではないけどあると便利な物はこちらで紹介しています。

我が家のトイプードル
これで安心!トイプードルを飼う前にやっておくべき準備と必要な物トイプードルの子犬を飼う前に準備しておくべきこと(環境)とペット用品など必要な物を紹介します。トイプードルが自宅でストレスなく快適に過ごせるようにきちんと用意してあげてください。...
初期費用の目安

必要最低限の物の価格を足すと、

  • 犬の登録費用:3,000円
  • 狂犬病の予防注射:約3,000円
  • ケージ・サークル:約6,000円
  • おしっこやウンチをするトイレトレー:約2,500円
  • トイレシート:1,600円
  • ドッグフード:2,000円
  • 餌(エサ)を入れる犬用食器:100円~
  • 給水器・ウォーターノズル:約900円
  • 首輪やリード:約1,500円
  • スリッカーブラシ・歯ブラシ:約1,500円
合計22,100円

購入先や時期によって価格の変動はあると思うので、目安として参考にしてください。

毎月、年間のランニングコスト

次に毎月必要な費用についてまとめました。内容としては主に食事と消耗品ですね。

ドッグフード(ソルビダ):約2,000円

うちのトイプードルに与えているドックフードはソルビダです。ワンちゃんの食べる量によって違いますが、我が家ではドッグフードの購入は月1回ほどです。

シャンプー&カット:約5,000円~

シャンプーやカット料金はお店によって様々ですし、爪切りや肛門腺絞り(肛門腺が炎症を起こして病気にならないようにするもの)はオプション扱いの所もあります。

私が住んでいる地域では5,000円くらいの所が多いですね。我が家では自宅でシャンプーはせずにトリミング屋さんでシャンプーとカットをお願いしているので、毎月この料金がかかっています。

ペット保険:約500円~

保険は人間と同じでピンキリです。楽天ペット保険は460円〜、PS保険は1,450円〜など安くであります。

ちなみにうちは知り合いのペットショップオーナーに勧められたプリズムコール(3,150円/月)に加入していますが、少し高いのでPS保険に乗り換えようか検討中です。

保険を選ぶときのポイントとしては、トイプードルは関節が弱く膝蓋骨脱臼やレッグ・ペルテス病などの病気になりやすいので、それらもカバーしている保険がおすすめです。

また免責金額(ペット保険を利用するときに最低限、契約者が支払わなくてはいけない金額)の確認や通院補償の有無なども確認しておいた方がいいですね。

こちらで複数の保険の資料請求ができるので比較してみるといいでしょう。

ペット保険一括資料請求はこちら

トイレシート:約800円

飼い始めに必要な初期費用で書いたトイレシートは2か月に1回購入しているので、1,600円÷2=800円/月かかっています。

毎月のランニングコスト
  • ドッグフード(ソルビダ):約2,000円
  • シャンプー&カット:約5,000円
  • ペット保険:約500円~
合計7,500円

目安として参考にしてください。年間コストは7,500円×12ヶ月=90,000円です。

この月額費用に加えて医療費などのコストも必要なので、それは次で紹介します。

その他の費用

その他必要な費用を紹介します。

混合ワクチン接種:約5,000円~

犬が感染しやすい病気を防ぐためのワクチン接種です。このワクチン接種は6種混合や10種混合のようにいくつか種類があり、数が多いほど料金も高くなります。

私が連れて行っている動物病院では6種混合ワクチンで約5,000円ほどです。これを毎年受けます。

フィラリア予防、ノミダニ対策:約3,000円

  • フィラリアは蚊が媒介して犬の肺動脈や心臓に寄生する病気
  • ノミはかゆみや炎症、マダニは呼吸筋麻痺など

これらを引き起こすことがあるので、いずれも予防をしておきましょう。

フィラリア予防には注射やのみ薬、液を体に垂らすスポットタイプがあります。

もちろんフィラリア・ノミ・ダニそれぞれ別々にやっても良いですし、我が家ではまとめて予防できるオールインワンタイプを毎年動物病院で買っています。

その他、

  • 手術など突破的にかかる医療費
  • 真夏や真冬はエアコン入れっぱなしなので電気代も上がる
  • 旅行の際などに預けるペットホテル代
  • ドッグランの利用料金

など、いろいろな費用がかかります。

生涯にかかる費用を平均寿命から算出

トイプードルの平均寿命は12歳〜15歳といわれているので、長生きして欲しい願いも込めて15年で計算してみます。

※トイプー代は15万円と仮定しています。

トイプーの生涯にかかる費用

150,000円(トイプードル代)

22,100円(初期費用)

147万円(月額費用+ワクチン、ノミダニの薬)× 15年(寿命)

α(その他諸々)

=1,642,100円 + α

トイプードルを飼った場合の生涯費用は、最低でも約160万円以上かかる計算になります。

トイプードルを飼うにあたって必要な費用まとめ

我が家のトイプードルをもとに費用を算出してみました。

  • トイプードルの価格:12万円〜20万円
  • 初期費用:22,100円
  • 月額費用:7,500円
  • ワクチンやノミダニの薬:8,000円(1年に1回)
  • その他、医療費など

我が家のケースですが、大きくは違わないと思うので、ぜひ参考にされてください。

そしてもしトイプードルを飼うなら、家族の一員となるわけですから大切に育ててあげてくださいね。

我が家のトイプードル
これで安心!トイプードルを飼う前にやっておくべき準備と必要な物トイプードルの子犬を飼う前に準備しておくべきこと(環境)とペット用品など必要な物を紹介します。トイプードルが自宅でストレスなく快適に過ごせるようにきちんと用意してあげてください。...
トイプードルにおすすめのドッグフード
首をかしげているトイプードル

愛犬のフードの食いつきが悪い、肥満気味でダイエットをさせたい、アレルギーがある、毛艶が悪い、皮膚トラブルがある、涙やけが気になるなど、飼い主さんの悩みによって必要なドッグフードは違います。

トイプードルの飼い主さんの悩み別におすすめのドッグフードと選び方を紹介します。愛犬の食事や健康が気になる人はご覧ください。

トイプードルにおすすめのドッグフードと選び方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA