トイプードルを抱っこしている女の子

トイプードルを購入するにあたってペットショップで買うか、ブリーダーで買うかどっちを選べばいいのか迷いますよね。

我が家も何軒ものペットショップとブリーダーさんを回ってから決めました。やはり家族の一員となる愛犬を決めるんですから、価格だけじゃなくかわいくて健康なトイプードルを選びたいですからね。

はやく飼いたい気持ちを抑えつつ時間をかけて選んだ結果、非常に満足できる販売者さんと巡り合うことができ、購入後の相談など親身に乗ってもらっています。

ということで、ペットショップかブリーダーどちらでトイプードルを購入すべきか迷っている方へ、わたしが意識していた注意点や選び方を紹介するので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

トイプードルを買う前に確認しておいた方がいいこと

まずトイプードルを購入する前にわたしが決めておいたこと、確認したことがあるので紹介しておきますね。

将来トイプードルに子犬を産ませたいかどうか

将来、子供を産ませるつもりがないのならオスでもメスでも性別にこだわる必要はなく、かわいくて気に入った子犬を選べばいいと思います。

でも子犬を産ませたいのであればメスを選ぶ必要がありますし、生理なんかのことも知っておいた方がいいですね。

性別に関しては後から変えることができないので、子供を産ませたいなど将来のことも考えておきましょう。

親犬が遺伝性疾患を持っているかどうか

友人の飼っているトイプードルが、小型犬に多いレッグペルテスという足の病気にかかって手術をしました。

原因がよく分からない病気なのですが、遺伝の可能性もあるとのことで、その手術をしたトイプードルの親犬もレッグペルテスだったそうです。

このように大きくなって遺伝病が発症した、遺伝性疾患を持った愛犬が子犬を産んで遺伝した、なんてことも考えられます。

なので、まずはお父さんやお母さんの血統がしっかりしているかどうかを調べておいた方が良いです。

生まれつき股関節などに問題を抱えて歩くのが困難になっていく遺伝病を持った子犬もいますので、ぜひ店員さんやブリーダーさんに尋ねてみてください。

隠さずにしっかり教えてくれるかどうも良心的な業者さん選びのポイントになります。

トイプードルを買う時の注意点!こんなペットショップとブリーダーはやめておこう

ダメと言っている女性

では本題です。わたしの周りには犬を飼っている知り合いが多いので色々相談していたのですが、ペットショップで購入した人もいれば、ブリーダーの方を勧める人もいました。

ペットショップを勧める人は、比較的価格が安く、いろいろな犬を比較できるのがメリットといいますし、ブリーダーさんを勧める人は愛情を持ってきちんと育てているから安心感があると言います。

もちろんお店によっては逆もあり得るわけで、比べてみるとそれぞれに一長一短あって一概にどちらがいいとは言えません。

重要なのは良心的で信頼できる業者さんを選ぶということに尽きると思います。

ペットショップだから安心、ブリーダーさんだから良心的とは言い切れませんからね。だから実際に色々なところに足を運んでしっかり話を聞くことが大切です。

では実際にわたしがペットショップやブリーダーさんを回るときに注意していた点を紹介します。

ペットショップの選び方のポイント

ペットショップのイラスト

ペットショップに行った際に注意して見るべきポイントがあります。それは店内の様子と店員さんです。

もちろんトイプードルのかわいさや元気さ、健康状態など犬の質や気にいる子がいるかどうかも重要です。

でもそれにプラスして店内と店員さんも意識してみるようにした方がいいです。

犬の管理はきちんとできているか

子犬が入っている部屋のおしっこシートはきちんとこまめに交換されているか、店内が臭くないかも気にしてみてください。汚いとワンちゃんもストレスになりますからね。

何軒か回ってみて綺麗にされているペットショップもあれば、うんちもおしっこもそのままという所もあります。

また夜遅くまで営業している所は、子犬を遅くまで起こしておくことにつながるので、健康に対して意識が高いとは言えません。

衛生面や健康面の管理が不十分なところより、きちんと管理されているお店を選んだ方がいいですよね。

店員さんの対応

それとお店だけでなく店員さんの対応や身だしなみもしっかりチェックした方がいいですね。

社員教育がちゃんとしているところは子犬たちの管理もしっかりできていると思います。

あとわたしは店員さんと会話や質問をよくしました。きちんと知識を持った人なのか、犬に対する愛情があるのかなど会話から誠実なペットショップかどうかも判断できます。

ということで、ペットショップにトイプードルを探しに行く場合は、単に犬を見るだけでなく店内の様子や犬の部屋の状態、店員さんもしっかりチェックしてみてください。

ブリーダーの選び方のポイント

ブリーダーのイラスト

ブリーダーにはショーブリーダーと一般のブリーダーがあります。

ショーブリーダーは、犬の質や犬種の保護発展を考えて繁殖をさせています。

またドッグショーに犬を出場させて審査してもらい、チャンピオンなどタイトルを獲得した犬を繁殖に使っている場合が多いです。優秀な犬を扱っているといことですね。

いっぽう、一般的なブリーダーは飼っている犬を繁殖させて販売していることがよくあります。

これだけ見ればショーブリーダーで扱っているトイプードルを購入した方が良さそうですが、これも人によって良し悪しはあるので、足を運び話をしてブリーダーさんを見極める必要があると思います。

犬の管理や人柄を見る

こちらもペットショップと同じで、トイプードルを探しにブリーダーさん宅に行った時に家の中が臭わないかなど衛生管理がしっかりしているかも見た方がいいですね。

あと会話の中で犬の質ばかりを強調して話す人よりも、トイプードルに対する愛情が伝わっくる人の方が私としては信用できます。

そういった方のほうが購入後のアフターフォローもしっかりしているはずです。

ブリーダーさんでも「高い犬=いい犬」みたいに商品のように主張するようなら私なら選びません。

ブリーダーさんに連絡するときのマナー

気になったブリーダーさんにトイプードルを見せてもらうときに連絡をしますが、そのときの注意点も合わせて紹介しておきますね。

まずブリーダーさんにはメールではなく電話をかけることをおすすめします。

やっぱり手塩にかけて育てた子犬をメールで気軽にやりとりするのを嫌がる人もいるようですし、まずは電話をして相手の都合を聞いてから訪問した方がいいですね。

その際に、

  • 犬の質と価格のどちらを優先するか、予算を決めておく
  • オスとメスのどちらが欲しいか
  • 欲しいトイプードルの特徴、毛色など

あらかじめ聞きたいことや希望を整理しておくとスムーズです。

わたしはブリーダーさんの人柄で決めました

我が家はブリーダーさんのところで購入しました。その子がこちら↓
我が家のトイプードル

数件回ったなかで価格が一番高かったのですが、子犬に対する愛情と人の良さが伝わってきたからです。

かわいくて気に入ったトイプードルがいるペットショップもあったのですが、そのときの店員さんに「珍しい色のトイプードルなので、飼われたらステータスになりますよ」と言われたんですね。

別に犬を飼うことがステータスだなんて思っていなくて、犬を商品とみているのが嫌だったのでやめました。

いっぽうブリーダーさんは、子犬や親の話まで熱く語ってくれる方で、犬に対する愛情の違いが決め手になりました。

我が家にとって犬を飼うことは初めてだったので、分からないことはよくブリーダーさんに電話をかけていますが、嫌な顔をせずに逆に「あれからどうですか?」と心配の連絡をくれたりしています。

一生付き合っていくブリーダーさんだからこそ信頼できる方を選んで良かったです。

まとめ

トイプードルを購入するにあたってペットショップとブリーダーどちらを選べばいいのか、お店やブリーダーさんごとに違うので一概にはどちらがお勧めとは言えません。

予算の関係だったり様々な条件はあると思いますが、お店やブリーダーさん宅の様子、犬の管理、対応や会話から信頼できるところを選んでみてください。

家族となる大切なトイプードルですから、愛情を持って信頼できるところがぜひ購入してくださいね。

家に迎える子犬が決まったら、必要なモノと環境の準備をしておきましょう。
関 連 トイプードルを飼う前にしておくべき準備と必要な物