トイプードルの写真

我が家ではトイプードルのおやつや、ドッグフードに混ぜてご飯として、

  • バナナやいちご、りんごなどの果物
  • きゅうりやジャガイモなどの野菜
  • 茹でた鶏ササミ

などを与えています。

わたしたちがご飯やおやつを食べているときも側に寄ってきて、欲しそうな目で見つめてくるんですよね♪

飼い主としてはカワイイ顔で見つめられるとつい与えてしまいがちですが、トイプードルには与えてはいけない食べ物があります。

それを誤って与えしまうと下痢や中毒、痙攣などを引き起こすことがあるので注意が必要です。

ここではトイプードルに与えてはいけない食べ物を紹介しますので、愛犬の健康や命を守るためにしっかり覚えておきましょう。

スポンサーリンク

トイプードルに与えてはいけない食べ物一覧

かかりつけの動物病院で聞いたこと、トイプードルのしつけ本で学んだ、絶対あたえてはダメな食べ物、与えてもよいけど食べ過ぎはNGな食べ物を紹介します。

与えてもよいけど食べすぎNGな食品も紹介しますが、我が家では一切与えていません。

少しでも健康を害するリスクがある食べ物は、与えないほうがいいです。

与えてもいいけど食べすぎると体によくない食べ物

ケーキの写真

牛肉、牛レバー

食べすぎると下痢や血便のでる腸性毒血症を引き起こす恐れがあります。

我が家のトイプードルもお肉大好きですが、肉に関しては茹でた鳥のササミしか与えていません。

ケーキやアイスクリーム、ドーナツなどのお菓子類

お菓子類にはとうぜん砂糖などの糖分が多く含まれているので、あたえすぎには注意です。肥満や歯槽膿漏(しそうのうろう)の原因になります。

また油分、香料、着色料などが含まれていることも多いので与えないに越したことはありません。

誕生日や記念日にお菓子やケーキを与える場合、人間の食べるケーキではなく、ペットショップで売られているようなトイプードルが食べても安心のおやつを買ってあげてください。

味噌汁やハム、ソーセージなど塩分が高い食べ物

塩分のとりすぎは肝臓や心臓に負担をかけます。これは人間でも同じですよね。

体に小さいトイプードルならなおさら、負担が大きいのは目に見えています。

昔の犬は白ご飯に味噌汁をかけたものを与えていた時代もありますが、やめておいた方がいいです。

与えると中毒や健康を害する危険な食べ物

タマネギの写真

こちらの食べ物は中毒症状を起こす危険性があるので与えないでください。

玉ねぎ、ネギ、ニラ、ニンニク

これらの食材は加熱しようが生であろうがトイプードルには与えてはいけません。

誤って食べてしまうと貧血や嘔吐、下痢、血尿などの症状を引き起こします。

チョコレートなどのカカオ類

チョコレートやココアなどに含まれるカフェインやテオブロミンという成分が嘔吐、発熱、下痢、けいれんの原因になります。

さきほどお菓子類は与えすぎるとよくないと書きましたが、人間が食べるお菓子はやめておいたほうがいいです。

ぶどう、レーズン

果物のなかでもぶどうはNGです。ぶどうを乾燥させたレーズンも同じですね。

嘔吐や下痢、食欲不振、肝不全などの症状が起こるため危険です。

毒性のある植物

こちらは食べ物というより植物です。

シクラメン、ダチュラ、オシロイバナ、すいせん、キョウチクトウ、しきみなどに含まれるアルカロイドという成分は、中枢神経に作用して中毒を起こすことがあります。

散歩に連れて行くと草を食べたりすることがありますが、上記の植物は絶対に口にしないように気をつけてください。

お茶やコーヒーなどのカフェインが含まれている飲み物

食べ物だけでなく飲み物にも注意が必要です。

お茶やコーヒー以外にもカフェインが含まれている飲み物、食べ物は与えてはいけません。

以上が、トイプードルに与えてはいけない食べ物&飲み物です。

愛犬が欲しがっても健康や命に関わることなので、心を鬼にして我慢させましょう。

ここに記載のない食べ物でも害を与えるものはあるので、迷ったら与えない方がいいです。

与えなくても拾い食いに気をつけよう

床に落ちているロープを口に入れているトイプードル

危険だと分かっていて与えなくても拾い食いには気をつけてください。

我が家でよくヒヤッとするのがキッチンで料理をするときに使った材料(トイプードルが食べてはいけない食材)や子供のおやつの食べ散らかしが床に落ちている場合です。

こちらが与えなくても、食べ物が落ちているたら犬は口に入れてしまいます。

それで病気や手術にでもなったら大変なので、料理やおやつのあと床に食べ物が落ちていないかしっかり確認しておきましょう。

拾い食いはダメだとしつけで教える

近所の犬が散歩中に農薬を口に入れて亡くなるという事故がありました。

家の中だけでなく散歩道には除草剤や殺虫剤など犬が口にすると死に至る危険なものがたくさんあります。

そういったリスクを減らすためにも拾い食いはしないようにしつけをしておいた方が安心です。

拾い食いをなおすしつけ動画をし載せておきますので、落ちている物を口に入れちゃうワンちゃんには教えてあげてください。

落ちているものを食べなかったら褒める方法↓
落ちているものを叱って食べさせない方法↓

個人的にはリードを強く引っ張って教えるやり方よりも褒める方がいいので、そちらでしつけの練習をしています。

動画を見ればやり方がわかりますので、拾い食いをする場合はしつけをしてみてください。難しい場合はしつけ教室に行って教えてもらうのもおすすめです。

あくまでトイプードルの食べ物はドッグフードが基本

我が家ではトイプードルに与える食べ物は基本ドッグフードにしています。

体重が増えなくて関節が弱っていたことがあったのですが、ドッグフードをフィッシュ4ドッグに変えたら体重が増え、弱っていた関節が良くなりましたので、それだけでも問題はありません。

どうしてもフードの食べが悪い時やご褒美として大好きなバナナや鶏ササミ、煮干しなんかを与えていますが、それらの割合が多くなりすぎないように気をつけています。

やはり人間と犬が食べるものはしっかりと分けないと、好きな食べ物ばかりでは栄養が偏ってしまいますので。

なかには愛犬の健康を考えて野菜などを多く与えている飼い主さんもいますが、そこはワンちゃんの栄養バランスを考えてあげるといいですね。

大好きな家族が1日でも長生きするよう、与えてはいけない食べ物は与えない、落ちているものを食べないように飼い主が気をつけてあげましょう。

トイプードルが食べたらいけない食べ物も含め、しつけや育て方が分かりやすく説明されているこちらの本はおすすめです↓