握手しているビジネスマン

今の職場を辞めて新たな職業へ転職するため、正社員から契約社員になった35歳の友人の話をします。

正社員ではなく契約社員や派遣社員に興味がある、今の働き方を見直したいあなたのためになるはずです。

スポンサーリンク

35歳で正社員から契約社員になった友人について

彼の名前をA君としましょう。A君は私の親友と同じ会社に勤めている35歳で、私たちの飲み会に一緒に来たり遊んだりする間柄です。

簡単に彼のプロフィールを紹介しますね。

  • 年齢:35歳
  • 性格:先輩思いで責任感が強く、聞き上手
  • 家族構成:奥さん(共働き)と2人
  • 前職(正社員時代):機械部品の設計
  • 現職(契約社員):同じ職場だけど勤務時間が短くなった

気づきました?

そう、彼は正社員から契約社員に転職しましたが職場は同じなんです。転職というか雇用形態の変更ですね。

なぜ正社員から契約社員になったのか?

ではなぜA君は正社員という立場にありながら契約社員の道を選んだのか?

私が派遣社員として働いていた頃はどうすれば正社員になれるか考えてましたし、なりたくてしょうがなかったです。

私の考えと同じく、今は契約社員として働いているけど正社員登用を狙っている人も多いはずです。だって正社員の方が給料や待遇など安定していますからね。

それをなぜ逆に正社員でありながら契約社員になったのか?

その理由は…

やりたい仕事が見つかり転職したいと思い始めた

それはやりたい仕事が出来たからだそうです。

彼は設計士(機械部品の図面をCADで書いてる)として働いていますが、心理カウンセラーなりたいという夢が出来たらしいんです!

設計士から心理カウンセラー!?

私もその話を聞いた時はなんで?って思いましたよ。だって全くの畑違いの職種じゃないですか!

でも彼曰く、人の相談に乗ったり悩みを聞くのが向いているそうで、全く畑違いの職業に転職する不安よりも、「やりたい、やらなければ後悔する」って気持ちの方が大きかったとの事。

そこまで意志が固まっているなら応援してあげるしか無いですよね。

契約社員として働きながら転職に向けて勉強中

それで正社員としての今の働き方のままでは勉強する時間が十分に確保できないため、契約社員になって勤務時間を減らしてその分を勉強時間に充てようと思ったそうです。

これまでは残業で家に帰るのも夜9時や10時になることも多く、それから食事やお風呂に入っていたらすぐ12時回ってしまうような生活。

睡眠時間を削って勉強するにも限界があるため、仕事そのものの時間を減らすために契約社員になってはどうかと思ったそうです。

彼の生き方を認めた会社もすごい

A君は勤務時間が減ったので当然給料も減ったそうですが、それを理解して支えてくれる奥さんも大したもんですよね。それにA君を契約社員にした会社もすごいと思います。

私の友人曰く、A君は上司からの信頼も厚く優秀な人材なので、今後期待されている存在だったそうです。

だから私の友人も含め会社の上司も彼が契約社員になることには反対したそうですが、彼の意思は硬く条件付きで話がまとまったとの事。

優秀な正社員を契約社員にすれば、業務時間が減り、会社に貢献してもらう時間も減るわけですから会社としてマイナスになります。

さらに将来別の職業に転職することが分かっているのに、それを理解してくれたってのはすごいですよね。

契約社員という働き方はデメリットだけじゃなくメリットもある

正社員になる事ばかりを考えてきた私にとってみれば契約社員という雇用はデメリットばかりと思っていました。

どうしても契約社員ってマイナスのイメージが先行しがちじゃないですか?

でもそんなことなくて、働き方によってはメリットも多いにあるんです。

時間の融通が利きやすい

例えば正社員として働いているけど忙しすぎて家族との時間がとれない、休みがない、A君のように新たな職場に行くまでや、留学までの短い期間だけ働きたいなど悩みを抱えているとします。

正社員としての働き方じゃ解決しにくいこのような悩みも、契約社員であれば働き方によって定時に帰ることも可能ですし、半年や1年など短い期間だけ働くことも可能です。

このように仕事とプライベートをしっかり区別しやすいところは契約社員のメリットの1つと言えます。

結局自分に合った働き方をすればいいだけ

正社員に比べ給料が減額されたり待遇が悪くなることもありますが、それ以上に自分や家族との時間を大切にするなど優先したいことがあれば、契約社員としての働き方はあなたに合っていると言えますよね!

だからマイナスポイントよりもやりたいことや優先させたいことがあるのなら、前向きに検討すべきだと思います。

結局は自分がどうしたいか、どう働きたいかです。

もしA君のように今の会社で雇用形態を変更することが可能なら、新たに転職先を探して不慣れな職場に行く必要がないので、相談してみるのがいいでしょう。

年齢や雇用形態にとらわれずにやりたいことをやるべき

37歳で転職した友人もそうですが、30代過ぎて全くの畑違いの職種に転職をしようと目標を持って頑張っている彼はすごくイキイキしていてほんと尊敬します。

A君の今の会社が契約社員になることを許可しなければ、彼は退職してアルバイトをしながらでも夢を追いかけたと言っていました!

やる!って決めたから、そこに向かうための手段を迷わず実行していけるんでしょうね。彼の場合はそれが新たなことを勉強する時間を確保できる契約社員だったというわけです。

いくつになろうが、契約社員だろうが後悔しないようにやった方が、ビビって何もしない人よりは楽しい人生が送れるんだろうなと思います。

人生は一度きりですからね、どう生きるかは自分次第です。

関 連 人生は一度きり!仕事がつまらなくて辞めたいなら一秒でも早くやりたい事をやるべき!

やりたい仕事を始めるのに遅いことなんてない

彼の夢はまだ叶っていません。というかこれから最終目標である心理カウンセラーになるための道を歩き始めたばっかりです。

正社員⇒契約社員⇒なりたい職業

彼は今真ん中にいます。35歳で再出発です。

これから先、専門的な知識を身に付け、資格を取ったりする必要もあるでしょうから、まだまだ先は長いかもしません。

でもそれを怖がって諦めたり先延ばしにしても自分が後悔したり転職へのリスクが増すだけなんですよね。

夏休みの宿題とおんなじ、今やらないと後になって後悔します。

後悔しない働き方をしよう

もし30代過ぎて起業や転職を考えている、やりたいことがあるけど諦めようとしている方は彼の行動をぜひ励みにしてみて下さい。

悩んでいても何も解決しませんし、行動を起こさない限りこれまでと生活は変わらないでしょう。きっと明日も同じ悩みでストレスが溜まるだけです。

だから働き方を見直したい、契約社員や派遣社員に興味がある方はプロのエージェントに相談してみるといいですよ。転職のプロがあなたの経験や強みを客観的に判断して就職の関するアドバイスと支援を全てやってくれます。

詳 細 本気で転職したいなら転職エージェントがおすすめ

やり始めるのに遅いなんてことはないのでぜひ活用してみて下さい。きっと抱えている悩みを解決できるキッカケをつかむことができるはずです。

タシテクキャラクター

35歳で新たな夢に向かって再出発した彼のように、後悔しない働き方をしたいですね!