寝ている子犬の写真

犬や猫、爬虫類や鳥など自宅でペットを飼っている飼い主さんへ。

  • 一人暮らしで日中は自宅にいない
  • 出張、仕事や旅行などで家を空ける
  • 外出時に地震など震災があったらどうしよう

このようにペットだけを留守番をさせるのって心配ですよね。

うちもトイプードルを飼っているので、留守中に部屋の温度や不審者、おもちゃの誤飲など心配が尽きません。

そんなときあると便利で安心なのが、留守中のペットの安全を見守るカメラです。

ここでは外出先からスマホやiPhoneなどで、大切なペットを手軽に監視できるおすすめの見守りカメラを紹介します。

ペット用の見守りカメラを探している飼い主さんの参考になれば幸いです。

記事の前半ではペット用カメラの選び方について紹介しています。すぐに商品を見たい方は目次から読みたい箇所をクリックしてください。
スポンサーリンク

ペット用の見守りカメラの選び方ポイント

ペット用の見守りカメラは価格だけでなくメーカーによって機能も種類もさまざまなので、どれを選んでいいのか迷いますよね。

そこでどういった機能や性能を持ったカメラが良いのか、選ぶ際にチェックすべきポイントを紹介します。

外出先からのリアルタイム確認が安定しているかどうか

通常はどのカメラも外出先からスマホやパソコンなどで、自宅にいるペットの状況をリアルタイムに確認することができます。

その際に接続が途切れたり、映らなかったりすると意味がありません。なので、スマホアプリや通信が安定しているカメラを選びましょう。

ちなみに外出先からスマホなどを通して自宅のペット用のカメラ映像を見る場合、自宅にインターネット回線(Wi-Fi環境)が必要です。自宅でスマホをWi-Fi接続する要領とおなじで、カメラも接続しなければなりません。

※自宅にWi-Fi環境がない場合は、ソフトバンクエアーがおすすめです。自宅内の工事も不要で、コンセントに機器をさすだけでWi-Fi環境を構築できます。

→ 工事不要!立会いいらず!SoftBank Air申込みなら【SoftBank Airキャンペーン】

画質がよくきれいに映るかどうか

やはり画質が悪いとペットの様子が分かりづらいですよね。

最近の見守りカメラの性能を見ると、ほとんどが、HD画質720p(画素数:1280×720)、フルHD1080p(画素数:1920×1080)になっています。

はっきりくっきり見えた方が安心なので、最低でもHD画質720p以上のカメラを選びましょう。

部屋が暗い、夜間でもOK、暗視機能付きかどうか

家に帰れない、仕事で帰りが遅くなる、夜勤の場合など、部屋の電気が付いていないと真っ暗でペットの様子がわかりません。

夜間や部屋が暗い状態でペットが動き回ると、物にぶつかったり段差から落ちたりするかもしれないので危険ですよね。

なので、夜間でもペットの状態が分かるよう、赤外線暗視機能付きでなるべく遠い距離まできれいに映るカメラを選んでおいた方が安心です。

撮影範囲が広い、可動式であること

うちのトイプードルはお留守番のときはケージに入れているので部屋中を動き回ることはありませんが、猫などペットによってはフリーに放し飼いしているケースもあるでしょう。

ワンルームや部屋が狭ければカメラを固定しても部屋全体が映ると思いますが、動き回る動物だったり、部屋が広い場合はカメラレンズの可動範囲や撮影範囲が広くないとペットの動きを捉えられません。

なので、広角レンズを搭載、水平、垂直方向にレンズが動く首振りタイプ、自動追跡できる見守りカメラがおすすめです。

録画機能付きかどうか

独り暮らしや旅行で外出する際は、ペットのことはもちろん心配ですが、四六時中スマホやパソコンで状況を監視しているわけにはいきません。

そんなとき便利なのが録画機能です。リアルタイムでペットの様子が見れない時間もあとで見返すことができます。

また別の使い方として、思い出として残しておけるというのもメリットかなと。

録画機能付きの見守りカメラを選ぶときは、なるべく長い時間録画できるタイプがおすすめです。

スピーカー付きかどうか

見守りカメラのなかにはスピーカー付きで、スマホから話しかけた声が聞こえるものがあります。

この機能があると、留守番しているペットに話しかけることができるので、コミュニケーションが取れておすすめです。

独りぼっちで寂しがっているペットに声をかけたい場合は、スピーカー付きのカメラを選びましょう。

設定や操作が簡単かどうか

見守りカメラのWi-Fiやスマホのアプリ設定、操作などパソコンに詳しくない人でも簡単に監視ができるようなカメラがおすすめです。

ペットを見守ることが目的ですから、難しい設定に時間はかけたくないですよね。

人気のおすすめペット用の見守りカメラ

ということで、紹介した機能や性能を兼ね備えたペットを見守ることができるおすすめのカメラを紹介します。

何十台ものカメラを比較し、Amazonでの人気ランキングや口コミ評価が高く、特徴のあるものを基準に3つ選びました。

ほんとにたくさんの種類の見守りカメラが発売されていますが、基本的な性能はどれも大差がありません。

選択肢が多くても迷うだけなので、以下で紹介する3つから選べば十分です。

ちなみに猫や犬など電源ケーブルをいたずらで噛みそうな場合は、ケーブルカバーを付けておくことをおすすめします。

愛犬とコミュニケーションを取りたい人におすすめのドッグカメラFurbo(ファーボ)

Furboは5,000人以上の獣医師、ドッグトレーナー、ドッグオーナーが協力して設計した、愛犬を見守るためのカメラです。

他の商品と違うところは、おやつを出すことができること。スマホで愛犬の様子を見ながら、簡単に操作できます。

こんな感じです↓

またスピーカーも付いているので、話しかけてコミュニケーションを取ることもできますし、愛犬が吠えたらスマホに自動通知してくれるので安心です。

他にもFurboの裏面には強力なテープを使用しているため、ワンちゃんがいたずらして転倒させるリスクも軽減できるようになっています。

その他、写真や動画の撮影、SNS投稿も可能ですし、画質や暗視機能など性能は言うことありません。

離れている愛犬とコミュニケーションを取りたい飼い主さんは、このドッグカメラFurbo一択かなと思います。

Amazonでの評価4.5
画質〇きれい
暗視機能
撮影範囲160° 広角レンズ
4倍ズーム
双方向会話可能
映像保存Furbo本体への録画保存はできません
スマホへの保存になります
対応アプリiOS(iPhone・iPad)
Android
特徴おやつ機能付き
愛犬が吠えたらスマホに自動通知
1年保証

価格を安く抑えたい、動き回らないペットを飼っているならYATWINネットワークカメラ

ネットワークカメラ YATWIN WIFI 防犯カメラ

この見守りカメラの価格は約5,000円ほどでお手頃です。安いからといって製品が悪いわけでもなく機能も十分です。

カメラのレンズは首振り機能付なので、広い部屋に設置したい、複数のペットを飼っている方にはおすすめですね。

縦横自由にレンズの位置をスマホで動かせるので、カメラに死角がありません。手頃な価格で見守りカメラを導入したい人におすすめです。

Amazonでの評価4.0
画質〇きれい
暗視機能
撮影範囲水平方向350°・垂直方向100°の首ふりレンズ
8倍ズーム
双方向会話可能
映像保存MicroSDカード(64GBまで対応)
フルHD録画の場合、約64時間保存可

※MicroSDカードは別売りです
対応アプリiOS(iPhone・iPad)
Android
Windowsパソコンからリアルタイム監視もできます
特徴全方向監視可能
価格が手ごろ
1年保証

同じシリーズでより高解像度の機種(3,000円程高い)もあります。

お手頃価格で高機能、動き回るペットを飼っている人におすすめieGeekネットワークカメラ

ieGeek ネットワークカメラ

我が家はこのカメラを使っていますが、すごくおすすめです。

この見守りカメラの特徴は、自動追跡機能が付いているところ。

動き回るペットも自動で追跡して、常にペットが正面に来るように捉えます。

首ふりレンズや広範囲を撮影できるカメラであってもリアルタイムで監視していないときは、カメラの死角に移動している場合があります。

その場合はどこにいるのか探す必要がありますが、自動追跡機能があるこちらのカメラならその手間が不要です。

また保証期間も他の商品より長く2年もありますし、その他の性能もすごく良いので、おやつ機能が不要であればこのカメラが一番おすすめです。

Amazonでの評価5.0
画質◎すごくきれい
暗視機能
撮影範囲水平方向350°・垂直方向100°の首ふりレンズ
双方向会話可能
映像保存MicroSDカード(128GBまで対応)
フルHD録画の場合、約7日分保存可

※MicroSDカードは別売りです
対応アプリiOS(iPhone・iPad)
Android
WindowsとMacからも監視できます
特徴画像が鮮明
自動追跡機能
2年保証

おすすめペット用見守りカメラの比較表

紹介した3つのカメラの特徴を比較しやすいよう表にまとめました。

※スマホでご覧の場合は、以下の表を左右にスライドできます。
商品Furbo
furboドッグカメラ
YATWIN
YATWIN 防犯ネットワークカメラ
ieGeek
iegeekネットワークカメラ
Amazon評価4.54.05.0
画質〇きれい〇きれい◎すごくきれい
暗視機能
撮影範囲160°広角レンズ
全方向監視全方向監視
双方向会話可能可能可能
映像保存本体への保存不可
スマホへの保存
約64時間保存可約7日分保存可
特徴おやつ機能付き
愛犬が吠えたらスマホに自動通知
1年保証
全方向監視可能
価格が手ごろ
1年保証
画像が鮮明
自動追跡機能
2年保証
詳細↑ 詳細をみる
※クリックすると商品説明欄までスクロールします
↑ 詳細をみる
※クリックすると商品説明欄までスクロールします
↑ 詳細をみる
※クリックすると商品説明欄までスクロールします

大切なペットの安全を守るのは飼い主のあなた

うちのトイプードルもそうですけど、ペットって家族なんですよね。

その大切な家族に万が一のことがないように、ぜひ見守りカメラを導入して監視してあげましょう。

紹介したカメラはペットの安全を見守るために十分な機能が備わっています。

あとは、それぞれに特徴があるのでお好みで選んでみてください。