Qubiiの写真

  • 子供の写真や動画を撮りまくっていたら、iPhoneの容量が足りなくなってきた
  • iCloudは使い方がよく分からないし、有料プランだと毎月お金がかかるから嫌
  • 万が一のバックアップで、スマホだけでなくSDカードやDVDなどにも分けて保存しておきたい

このような悩みを抱えている人へ、iPhoneに保存してある写真と動画を自動でSDカードに保存してくれるiPhoneカードリーダーを購入したので紹介します。

子供の写真や動画をSDカードに保存しつつ、iPhoneの容量も増やしたい人にはほんとおすすめです。簡単設定で手間もかからないので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

これまで抱えていた悩み ~iPhoneで子供の写真を撮るデメリット~

まず私がiPhoneカードリーダを購入したきっかけについて。

この記事を読んでいる親御さんもきっと同じ悩みを抱えているはず。

iPhoneの空き容量が足りない

赤ちゃんの頃の様子、子供と公園に行ったとき、おゆうぎ会や運動会、何気ない日常など様々なシーンで写真を撮りますよね。

iPhone一台あればデジカメもビデオカメラもいらないし、画質もきれいなので子供の写真はほぼスマホです。

手軽に子供の写真を撮れるのは良いんですが、撮りすぎると容量が足りなくなるのがデメリットなんですよね。iphone7の128GBを使っていますが、ほんとパンパンですもん。

後からいらない写真は削除していたのですが、減るどころか日に日に増えていくので根本的な容量不足解決にはならず困っていました。

iCloudはよく分からないし毎月お金がかかる

それでどうしたかというとiCloudの有料プラン(200GB)に申し込みました。

ちなみにiCloudの料金プランは、

  • 50GB:130円/月
  • 200GB:400円/月
  • 2TB:1300/月

このように保存容量に応じて毎月の料金が発生します。

つまり、iCloudに写真を保存しておく限り毎月お金がかかり続けるんですね。

またiCloudに子供の写真は保存してあるから大丈夫だと思って、iPhone上で削除したらiCloudからも消えてたことがあり怖くて辞めました。

まぁこれに関しては設定変更で回避できるようですが、イマイチ仕組みが分かりづらいんですよね。

パソコンにコピーしたりDVDに焼くのも面倒

iPhoneの容量確保のために、写真を自宅のWindowsとMacに移していたのですが、毎回パソコンと接続する手間が面倒でやらなくなりました。

パソコン以外にもDVDや外付けHDD、USBメモリなどいろんな選択肢も検討したのですが、iPhoneからWi-FiやBluetoothでは接続できず、パソコンを通さないとダメなので却下。

それで手間がかからず簡単にiPhoneに保存してある子供の写真や動画を保存できて、スマホが故障した時のバックアップにもなるものはないかと探していたんです。

これがiPhoneカードリーダーを購入したきっかけです。

で、それがすごく良かったので紹介しますね。

子供の写真を自動で保存してくれるiPhoneカードリーダー

購入したのはこちら。

iPhoneカードリーダーQubii「400-ADRIP010W」(写真右)
SanDiskのmicroSDXCカード256GB(写真左)

qubiiとSanDiskのmicroSDXCカード

ちなみにこの商品でバックアップできるのは、写真・動画と連絡先のみです。なので、iPhoneの完全バックアップを取りたい人向けではありません。

あくまで子供の写真や動画をスマホ以外に保存したい、圧迫しているiPhone内の写真データを減らしたい人向けです。

ではこの商品のおすすめポイントを紹介します。

充電すると自動でSDカードに写真や動画を保存してくれる

このiPhoneカードリーダーの一番のメリットは超簡単で手間いらずってとこ。

iPhoneにアプリをインストールして、充電器にさすだけで自動で写真をSDカードに保存してくれます。

言葉で説明するよりも動画を見てもらったほうが早いのでこちらをどうぞ↓

iPhone内の写真を削除して容量を増やせる

写真データはSDカードに保存してあるので、iPhoneの容量が足りなくなってきたら写真を削除すればOK、容量を増やせます。

撮った写真をiPhoneからSDカードに移して、元データは消すって流れですね。

ちなみに複数のiPhoneでバックアップを取る場合、きちんとフォルダ分けされるので、データが混同することはありません。

例えば、パパとママのiPhoneを接続した場合「MAMA’s iPhone」と「PAPA’s iPhone」のように2種類のバックアップフォルダができます。

このように難しい設定や手間をかけずに簡単に子供の写真を保存しておきたい人にはおすすめです。

ちなみに現時点で対応しているmicroSDカードの最大容量は256GBなので、それ以上のデータを保存する場合は新しいmicroSDカードを購入しなければなりません。

データが増える度にSDカードを買わないといけないので、これをデメリットと感じる人もいるかもしれません。

ただ個人的には上記のメリットに加えて、コスパも良いと思っています。

iCloudだと写真を保存し続ける限り料金が発生しますが、こちらは買いきりなので長い目でみると元をとり逆に安くなるかなと。

子供の大切な思い出をなくさないために!

お花畑で子供が笑っている写真

iPhone内だけに子供の写真を入れておいた場合、故障や紛失したら大変です。

子供の成長記録や大切な思い出はお金に変えられませんからね。

だから紹介したカードリーダーを使ってデータを2重にしておくのがおすすめです。

ただしそれでも100%安心とは言えません。

この商品に限らずなんですが、スマホでもDVDでもハードディスクでも、いつかは壊れるし、震災などで破損する可能性もゼロじゃありませんからね。

なので、我が家ではSDカードに保存しつつ、時間があるときにフォトブックも作ってデータ+アルバムという形で保存しています。

フォトブックに関しては手軽に写真を見返せるので、そこもメリットかなと。
関 連 写真整理はアルバムではなくフォトブックにするのがおすすめ!

まとめると、
  • iPhoneの容量が子供の写真でいっぱいになってしまった
  • スマホ以外に子供の写真データを保存しておきたい
  • 手軽に簡単に行いたい

このような人は、iPhoneカードリーダー(400-ADRIP010W)に子供の写真を保存して思い出を残しておくのがおすすめです。

困っていた親御さんはぜひ使ってみてください^_^

microSDカードは別売りなのでこちらを購入しました。