docomoからmvnoへ乗り換え

現在ドコモでスマホや携帯を契約していて毎月の料金が高いと思っているあなたへ、MVNO(格安SIM)への乗り換えをおすすめします。

MVNO(格安SIM)って聞いたことあるけど、なんだか難しそうと思っている方にも分かりやすく説明していますので、ぜひ参考にして携帯代の節約に役立てて下さい。

この手順通りに進めれば簡単に乗り換えできますよ。

スポンサーリンク

ドコモのスマートフォンは携帯代が高すぎる

まず現在毎月の携帯料金っていくら払ってますか?

調査会社のデータによると、月々のスマートフォンの料金は平均6,514円となっています。

ほとんどの方がこれくらいかそれ以上払っている事でしょう。ガラケーの時は安かったのに金額がアップした理由はやはりパケット料金ですよね。

ドコモのパケットプランデータMパック(5GB)の場合、定額で5,000円もかかります。これ以外に基本料金や通話料金、その他オプションがプラスされるのでトータルすると7,000円~8,000円ほどかかってきます。

ほんと高いですよね。毎月これだけの携帯代払って元取ってますか?

私は格安SIMに乗り換えてから毎月5,000円も節約できてます

以前はドコモのAndroidスマホを使っていて毎月8,000円ほど携帯料金を払っていました。携帯って必ず使うものなので、毎月1万円弱の固定費は家計に厳しいという事で、現在はMVNO(格安SIM)に乗り換えました。

MVNOとは
キャリア(ドコモやauなど)の通信回線の一部を使用して、格安の通信サービスを提供している会社の事です。

この記事で紹介する楽天モバイルやBIGLOBEがそれに当たります。

私はかれこれ15年以上ドコモを使い続けている長期利用ユーザーです。各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は長期利用ユーザーに対して割引などのサービスを行っていますが、キャリアから受けられる恩恵よりも格安SIMへ乗り換えた方が圧倒的に料金は安くなります。

乗り換え前にどうにか安くならないかと料金プランの変更で見直しを行ないましたが、パケ放題を付けるとやはりそこまでのメリットはありませんでした。

格安SIMに乗り換え後は月額3,000円ほどに収まっており、以前に比べて毎月約5,000円も節約できています。毎月5,000円、年間で60,000円も違ってくるんですよ!

あなただったらその浮いたお金何に使いますか?

そう考えるとこのままドコモと契約し続けて、高い携帯料金を払うのが馬鹿らしく感じてきませんか?

ほんと勿体無いので早めの乗換えをお勧めします。

スポンサーリンク

docomoユーザーにおすすめの格安SIM

ドコモユーザーにおすすめの格安SIMを紹介します。通信速度も繋がりやすさもキャリアに劣りませんし、今使っている携帯番号(090や080)もそのままで移行できます。

ただ少しだけ注意点があります。

  • キャリアのメールアドレス(@docomo.ne.jp)が使えなくなる
  • ドコモ独自のサービスは使えなくなる
  • 貯めたポイントがなくなる

また、現在使っているドコモのスマホはドコモ回線(LTEや3G)を使用しているMVNO業者じゃないと使えません。例えば今使っているスマホをau回線を使用しているMVNOでは使えないんです。

でもauやソフトバンクに比べて、ドコモ回線を使用しているMVNO業者は圧倒的に多いのが現状です。

格安SIMを扱っているMVNOは数社ありますが、その中でも安心して乗り換えができるおすすめを紹介します。

私のおすすめは、楽天モバイルとBIGLOBEです。どちらがどうおすすめかと言うと、

  • 自分用のみ(SIM1枚)で使用する場合は楽天モバイル
  • 家族用など(SIM2枚以上)で使用する場合はBIGLOBE

1人用なのか複数人数(夫婦や子供用など)で使用するのかで選んで下さい。

まずは楽天モバイルから紹介していきますので、複数で使用する方はこちらのBIGLOBEへ進んで下さい。

楽天モバイルのおすすめポイント

楽天モバイルシェアNO.1

繋がりやすさや回線速度はドコモと同じなので、安心して使うことができます。さらに格安SIMサービスでシェアNo.1なので間違いありません。

では詳しくメリットを見ていきましょう。

楽天ポイントが溜まる

楽天モバイルには楽天でんわという通話アプリがあります。

このアプリを使うと通常30秒20円の通話料金が半額の30秒10円になります。これだけでもお得なんですが、月々の支払い金額100円に付き1ポイント楽天スーパーポイントが付与されるんです。

また契約期間中は楽天市場でのお買い物ポイントがずーっと2倍なので、楽天ユーザーには特におすすめです。

料金が安い

これは当たり前ですね。安くないとおすすめしません。

例えば、ドコモのパケットプランデータMパック(5GB)の場合、定額で5,000円でしたが、楽天モバイルは同じ5GBで2,150円と半額以下です。最安のベーシックプランだとわずか1,250円で収まりますよ。

音声SIMプラン月額料金
ベーシック1,250円
3.1GB1,600円
5GB2,150円
10GB2,960円

どのデータ容量にするかは、YouTubeなど動画を見るのかLINEやネットサーフィンがメインなのかなど使用用途に応じて選べば良いでしょう。

かけ放題オプションがある

楽天モバイルかけ放題プラン試算

MVNOの中でもまだまだかけ放題のオプションができるところは少ないのが現状です。

楽天モバイルのかけ放題オプションは、毎月850円で1回の通話時間が5分以内であれば何回でも無料になります。それを超えた場合は、30秒10円かかります。

LINEやViberなどのアプリ以外で通話をする事がある方は、かけ放題のオプションをつけた方がお得です。

また楽天でんわはLINEなどのアプリとは違い電話回線を使用しているので、音声が途切れることもなく通話品質も問題ありません。

このようにポイントも溜まって携帯料金もかなり安くなる楽天モバイルへの乗り換えをぜひおすすめします。


ドコモから楽天モバイルにMNPで乗り換える手順

では実際にドコモから現在の携帯電話番号そのまま(MNP)で、乗り換えする手順を紹介します。

今使っているスマホのSIMサイズを確認する

iPhoneやXperia、AQUOS、Galaxyなどほとんどの機種で問題なく動作します。

申し込み時にSIMサイズ(標準・マイクロSIM・nanoSIM)を選択するので、お使いのスマホのSIMサイズを確認しておきましょう。

SIMサイズ一覧表

現在ドコモで発売されている端末とSIMサイズ一覧です。

ドコモで発売中のスマートフォン別SIMカードの種類 ※2016年4月現在
XperiaTM Z5 Premium SO-03HnanoSIM
XperiaTM Z5 SO-01H
XperiaTM Z5 Compact SO-02H
AQUOS ZETA SH-01H
AQUOS Compact SH-02H
arrows NX F-02H
arrows Fit F-01H
Galaxy Active neo SC-01H
Disney Mobile on docomo DM-01H
XperiaTM A4 SO-04G
Galaxy S6 edge SC-04G
Galaxy S6 SC-05G
ビジネススマートフォン F-04FマイクロSIM
iPhone 5nanoSIM
iPhone 5c
iPhone 5s
iPhone 6
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6s Plus
iPhoneSE
ドコモで発売中のタブレット別SIMカードの種類 ※2016年4月現在
dtab Compact d-02HマイクロSIM
dtab d-01H
XperiaTM Z4 Tablet SO-05GnanoSIM
AQUOS PAD SH-05G
iPad Air
iPad Air 2
iPad mini(2nd)
iPad mini 3
iPad mini 4
iPad Pro

ドコモの解約方法、転出手順

SIMカードの種類が分かったら、次にドコモで転出作業を行います。電話かパソコンでMNP予約番号を発行します。

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
ドコモの携帯電話からかける場合1519:00~20:00(年中無休)
一般電話からかける場合0120-800-0009:00~20:00(年中無休)
パソコンから手続きする場合My docomoにログインしてドコモオンライン手続きから行なう9:00~21:30
※MNP:携帯電話・PHS番号ポータビリティには手数料2,000円かかります。2年縛りがある方の途中解約は、解約金9,500円かかります。

途中解約であってもすぐに元は取り戻せますけどね。

楽天モバイルに申し込む

MNPの予約番号をゲットしたら、楽天モバイルに申し込みます。申し込み時に先ほどのMNP予約番号を伝え新規契約すれば、その時点でドコモとは契約解除となります。

こちらよりSIMサイズやプラン、オプション選択を行って下さい。手順通りに進めて行けばすぐに完了します。

端末にSIMカードを挿入して設定を行う

申し込みが完了したら2日ほどでSIMカードが届きますので、端末に設定を行います。
※SIMカードが届くまでの間も携帯は使用できるので安心して下さい。

iPhone(iOS)の設定方法

1. スリープボタンを長押しして、iPhoneの電源を切ります。
2. ドコモのSIMカードから楽天モバイルのSIMカードへ差し替えます。

iphoneのsimカードを入れ替える方法

3. iPhoneの電源を入れます。
4. APN(アクセスポイント名)の設定をするためWi-Fiに接続します。
※iPhoneやiPadの場合、Wi-Fiなどインターネット接続が必要です。

5. Safari(インターネット)を起動します。
6. こちらからメンバーズステーションにログインします。
https://ms.fusioncom.co.jp/members/login?language=J&campaign=web-rakuten

7. ログインしたら、ページの下の方にある【登録情報・設定変更】内にある【ご契約さま情報】をクリックします。そこに表示されている【申込種別】を確認します。

楽天モバイル申込種別

8. そして自分の番号に合ったURLにアクセスして、構成プロファイルをインストールします。

申込種別が003,005の方はこちら
http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/voice.mobileconfig

申込種別が006,007の方はこちら
http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/B_voice.mobileconfig

申込種別が008,009の方はこちら
http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/C_voice.mobileconfig

9. それぞれのURLにアクセスし、右上の「インストール」をタップして、「パスコード」を入力し、インストールが終わればOKです。

10. あとはWi-Fi接続をOFFにしてインターネットに接続できれば設定完了です。

以上で、ドコモから楽天モバイルへの乗り換え完了です。

Android(楽天モバイル SIMアプリを使った)の設定方法

Androidのスマホの場合、楽天モバイル SIMアプリを使って設定する方法と使わない方法の2つのやり方があります。まずはアプリを使った設定方法から紹介します。

1. こちらから楽天モバイルSIMアプリをダウンロードし、インストールします。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rakuten.broadband.sim&hl=ja

2. アプリを起動してログインします。始めて利用する方は、ユーザーIDとパスワードを持っていないと思うので、「ID/パスワードの取得」より取得して下さい。
楽天モバイルSIMアプリログイン画面

3. アプリを起動して、メニューを表示し「APN設定」をタップします。
4. 「名前」「APN」「ユーザー名」「パスワード」の項目があるので、まず「名前」をコピーして設定ボタンをタップします。もしくは全項目のメモを取って下さい。
楽天モバイルSIMアプリ設定画面

5. 画面上部にある「+」ボタンをタップします。
6. アクセスポイントの編集画面が表示されるので、手順3でコピーした項目を貼付けます。「名前」を貼付けたら手順3に戻って残りの「APN」「ユーザー名」「パスワード」をコピーして貼付けるを繰り返します。「認証タイプ」「PAP」か「CHAP」を選んで下さい。

7. 「名前」「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」の5項目の入力が終わったら保存をして、今保存したAPNを選択します。

8. 端末の戻るボタンでひとつ前の画面「モバイルネットワークの設定」に戻り、「データ通信を有効にする」チェックボックスをオンすれば設定完了です。

9. インターネットに接続できる事を確認して下さい。

Android(アプリを使わないAPN)の設定方法

ではアプリを使わない設定方法を紹介します。
※Andoroidの機種によって項目名が異なるかもしれません。

1. スマホの画面から設定を開きます。
2. 「その他」もしくは「その他の設定」をタップします。
3. 「モバイルネットワーク」をタップします。
4. 「アクセスポイント名」をタップします。
5. 画面上部にあるプラス「+」をタップします。
6. アクセスポイントの編集画面が開くので「APN名」「ユーザ名」「パスワード」「認証方法」を入力します。各項目情報は「申込種別」によって異なるため、自分の申込種別を確認して下さい。

7. 申込種別を確認する。こちらからメンバーズステーションにログインします。
※Wi-Fi接続できない、PCがなくログインできない場合は手順8に進んで下さい。
https://ms.fusioncom.co.jp/members/login?language=J&campaign=web-rakuten

ログインしたら、ページの下の方にある【登録情報・設定変更】内にある【ご契約さま情報】をクリックします。そこに表示されている【申込種別】を確認します。

楽天モバイル申込種別

8. 申込種別が003,005,006,007の方は以下の情報を入力します。
※手順7で申込種別が確認できなかった方は、下の表のどちらかを入力して試しみて下さい。2つの表の入力項目の違いはAPN名だけなので、どちらかを入力すれば問題ないと思います。

APN名rmobile.jp
ユーザ名rm
パスワード0000(ゼロ4つ)
認証方法PAPまたはCHAP
接続方法(PDP Type)
※必要に応じて設定
IP接続
MCC
※必要に応じて設定
440
MNC
※必要に応じて設定
10

申込種別が008,009の方は以下の情報を入力します。

APN名rmobile.co
ユーザ名rm
パスワード0000(ゼロ4つ)
認証方法PAPまたはCHAP
接続方法(PDP Type)
※必要に応じて設定
IP接続
MCC
※必要に応じて設定
440
MNC
※必要に応じて設定
10

9. 入力が終わったら画面上部のメニュー(縦3つの点々ボタン)をタップし保存します。

10. 今設定した「rmobile」が表示されているので選択します。
11. ひとつ前の画面「モバイルネットワークの設定」に戻り、「データ通信を有効にする」チェックボックスをオンにします。

12. インターネットに接続できる事を確認して下さい。

以上で、設定完了です。

これで、ドコモで支払っていた毎月の高い携帯料金を安く節約する事ができます。ぜひ浮いたお金を貯金や他の事に使いましょう。


BIGLOBE SIMのおすすめポイント

ドコモのスマホがそのまま使えるbiglobe

夫婦で契約、子供さんやおじいちゃんおばあちゃんに持たせる、1人でスマホを2台持ちする場合など、2人以上の家族(複数SIM)で格安SIMへ乗り換えする方におすすめです。

ではメリットを見ていきましょう。

データ通信容量を複数のSIMで分けあえる

1番のメリットはデータ容量をシェアできるシェアSIMがある事です。2人以上の方にお勧めする理由は、これがすべてです!
シェアSIMは、

  • ライトSプラン(通信容量6GB)で最大2枚
  • 12ギガプラン(通信容量12GB)で最大4枚

のどちらかを利用の場合に、900円/月で申し込むことができます。

データ通信量を分け合うことができる、いわゆるdocomoのパケあえるのようなものですね。

例えば、お父さんが12GBプランでシェアSIMを契約して、奥さんに1枚、子供2人に2枚契約し、12GBのパケット容量をみんなでシェアするという事ができます。

4人家族で12GBをシェアした場合、単純計算で4人で割ったら1人3GBです。楽天モバイルの3.1GBプランだと1,600円、それが900円で収まるので、1人につき700円/月 安くなります。

シェアsim
※シェアSIMを1枚追加する毎に3,000円(税別)の手数料かかります。

初月は手数料がかかるものの、シェアする12GBの容量で問題ないなら、使い続けるほど、また人数が多いほどお得になります。

全国80,000箇所にあるWi-Fiスポットが使える

外出先でWi-Fiをたくさん使いたい方におすすめです。ライトSか12ギガプランに申し込むと全国約80,000箇所にあるWi-Fiスポットが無料で使えます。

主な無料Wi-Fiスポットはスターバックスコーヒー、タリーズコーヒー、PRONTO、ロッテリアなどです。

カフェでノマド作業したり、出張など仕事する機会が多いにはおすすめです。

通話料金がお得になる通話パック60がある

biglobe通話パック60

楽天モバイルのようなかけ放題ではありませんが、最大60分間の通話がわずか650円になるお得なオプションがあります。

通常の通話料金はBIGLOBEでんわアプリを使うと30秒10円になります。

それが60分間だと1,200円ですが、通話パック60を付ければ550円安い650円で使えるんですね。

LINEやViber以外で通話したい方はつけておいた方がお得です。

このように通話する方にもお得で、さらに人数が多いほどもっとお得になるBIGLOBE SIMで携帯代を安く抑えましょう。

音声SIMプラン月額料金
1GB1,400円
3GB1,600円
6GB2,150円
12GB3,400円
シェアSIM
・ライトSプランで最大2枚追加可能
・12ギガプランで最大4枚追加可能
900円

家族や夫婦間など2人以上で乗り換える方にはおすすめです。


ドコモからBIGLOBE SIMにMNPで乗り換える手順

では実際にドコモから現在の携帯電話番号そのまま(MNP)で、BIGLOBEに乗り換えする手順を紹介します。

今使っているスマホのSIMサイズを確認する

iPhoneやXperia、AQUOS、Galaxyなどほとんどの機種で問題なく動作します。

申し込み時にSIMサイズ(標準・マイクロSIM・nanoSIM)を選択するので、お使いのスマホのSIMサイズを確認しておきましょう。

SIMサイズ一覧表

現在ドコモで発売されている端末とSIMサイズ一覧です。

ドコモで発売中のスマートフォン別SIMカードの種類 ※2016年4月現在
XperiaTM Z5 Premium SO-03HnanoSIM
XperiaTM Z5 SO-01H
XperiaTM Z5 Compact SO-02H
AQUOS ZETA SH-01H
AQUOS Compact SH-02H
arrows NX F-02H
arrows Fit F-01H
Galaxy Active neo SC-01H
Disney Mobile on docomo DM-01H
XperiaTM A4 SO-04G
Galaxy S6 edge SC-04G
Galaxy S6 SC-05G
ビジネススマートフォン F-04FマイクロSIM
iPhone 5nanoSIM
iPhone 5c
iPhone 5s
iPhone 6
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6s Plus
iPhoneSE
ドコモで発売中のタブレット別SIMカードの種類 ※2016年4月現在
dtab Compact d-02HマイクロSIM
dtab d-01H
XperiaTM Z4 Tablet SO-05GnanoSIM
AQUOS PAD SH-05G
iPad mini(2nd)
iPad mini 4
iPad Pro

ドコモの解約方法、転出手順

SIMカードの種類が分かったら、次にドコモで転出作業を行います。電話かパソコンでMNP予約番号を発行します。

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
ドコモの携帯電話からかける場合1519:00~20:00(年中無休)
一般電話からかける場合0120-800-0009:00~20:00(年中無休)
パソコンから手続きする場合My docomoにログインしてドコモオンライン手続きから行なう9:00~21:30
※MNP:携帯電話・PHS番号ポータビリティには手数料2,000円かかります。2年縛りがある方の途中解約は、解約金9,500円かかります。

途中解約であってもすぐに元は取り戻せますけどね。

BIGLOBE SIMに申し込む

MNPの予約番号をゲットしたら、BIGLOBEに申し込みます。申し込み時に先ほどのMNP予約番号を伝え新規契約すれば、その時点でドコモとは契約解除となります。

こちらよりSIMサイズやプラン、オプション選択を行って下さい。手順通りに進めて行けばすぐに完了します。

端末にSIMカードを挿入して設定を行う

手続きが完了したら2日~1週間程でSIMカードが届きますので、端末に設定を行います。
※SIMカードが届くまでの間も携帯は使用できるので安心して下さい。

iPhone(iOS)の設定方法

1. スリープボタンを長押しして、iPhoneの電源を切ります。
2. ドコモのSIMカードからBIGLOBEのSIMカードへ差し替えます。

iphoneのsimカードを入れ替える方法

3. iPhoneの電源を入れます。
4. ホーム画面「設定」「一般」「プロファイル」をタップし、インストールされているAPN設定プロファイル(「biglobe LTE・3G」など)を削除する。
※ プロファイルをインストールしていない場合、上記メニューに「プロファイル」は表示されません。

5. Safari(インターネット)を起動します。
6. こちらから構成プロファイルをインストールします。
http://support.biglobe.ne.jp/settei/setuzoku/lte/config/biglobe_lte_3g_ver.3.mobileconfig?_ga=1.37352487.60991047.1455664740

7. 右上の「インストール」をタップします。
8. あとはWi-Fi接続をOFFにしてインターネットに接続できれば設定完了です。

分からない方は動画を参照してください。

以上で、ドコモからBIGLOBEへの乗り換え完了です。
Androidの設定方法

ではAndroidのスマホの設定方法を紹介します。
※Andoroidの機種によって項目名が異なるかもしれません。

1. スマホの電源を切ります。
2. ドコモのSIMカードからBIGLOBEのSIMカードへ差し替えます。
3. [設定][その他][モバイルネットワーク][データ通信を有効にするにチェックを入れる][APN(アクセスポイント名)]を開きます。

4. 「新しいAPN」を選択もしくは「追加」をタップします。
5. 以下の情報を入力し保存します。

名前BIGLOBE
APN(接続先)biglobe.jp
ID(ユーザー名)user
パスワード0000(ゼロ4つ)
認証方式CHAPまたはPAP

6. これで先ほどのAPN一覧に「BIGLOBE」が表示されるので、ラジオボタンをタップして選択すれば完了です。

7. インターネットに接続できることを確認してください。

分からない方はこちらの動画を参照してください。

以上で、設定完了です。
これで、ドコモで支払っていた毎月の高い携帯料金を安く節約する事ができます。ぜひ浮いたお金を貯金や他の事に使いましょう。
【関連記事】