ガッツポーズをする中年サラリーマン

わたしが勤める会社に47歳の人が転職してきました。

前にも41歳の人が転職してきたのですが、中年の中途採用が多いんですよ。

で、47歳の方とは仕事の良きパートナーとして、一緒に楽しく働くことができています。

その人と一緒に働いて感じたのは、40代後半でも転職は可能だし、入社した後にうまく仕事をしていく秘訣は謙虚さだということ。

そのことについて書いたので、40代後半で転職に迷っている人の参考や行動のきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

40代後半での転職は全然不可能じゃない

この記事を読んでいるってことは年齢にハンデを感じて、転職に尻込みをしているからでしょう。

その気持ち分かります。40代より30代、30代より20代、より年齢が若いほうが転職に有利なのは誰もが思うことですからね。

でも大丈夫です。

40代後半という年齢は20代、30代には負けない経験という価値があります。それにうちの会社みたいに若い人材だけを求めてる企業ばかりじゃないんですよ。

わたしが勤める会社に転職してきた47歳の人は、急に辞めてしまった営業の代わりに即戦力として採用されました。

新人を一から教育するには時間やお金というコストがかかります。そこを経験という価値で売り込めるのが40代のメリットだと思うんです。

なかには管理職として迎えたいという企業もいますし、全くの未経験であっても求人募集しているところもありますからね。

年齢だけで判断せず、経験やスキル、人員不足のカバーなど、いろんなことを求めている企業があるんです。

だから40代後半は転職に不利だからと尻込みせずに、自分にできることと、企業が求める人材であることをアピールできれば良いんじゃないでしょうか。

40代後半で転職した人の成功例

実際に40代後半で転職を成功させた人の事例を紹介しておきましょう。

少しは不安の解消や行動を起こすきっかけになるはずです。

47歳で異業種の営業職として転職

身近な成功事例として、47歳で入社してきた人を紹介します。

うちの会社は急に営業が辞めてしまったので、そこをカバーするために即戦力のある人を募集していました。

新人だとどうしても教育に時間がかかるので、車の運転ができて営業経験がある人が良かったんですね。

そこで応募してきたのが47歳の元営業マンです。業界的には異業種ですが、お客様先に訪問して営業をするという仕事は同じなので採用されました。

48歳で営業職から海外工場勤務へ転職

こちらも知り合いなのですが、営業職から全くの異業種である鉄鋼工場へと転職しました。しかもそれが海外勤務なんです。

かなり珍しいケースだとは思いますが、より年収を上げたいという思いと、離婚というタイミングで、50代手前で転職を決意したんですね。

このようにいろんな人がいます。実はうちの父親もわたしが高校生のとき、48歳で農業系の仕事から水産会社に転職してますからね。

40代後半であろうが別に転職は無理じゃないし、珍しくもないんですよ。

だから年齢を気にして尻込みせずに、希望とする給料や労働環境がマッチした企業を探しましょう。

転職の成功率を高めるおすすめサービス

とは言っても一人でハローワークに通ったり、転職サイトや求人誌で転職先を探すのは大変でしょう。

そこでおすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントとは、転職支援のプロスタッフが、あなたの経験やスキルを客観的に診断して希望に合うような転職先を紹介してくれる無料のサービスです。

具体的には、

  • 求人の紹介
  • 面接、履歴書、職務経歴書のアドバイス
  • 年収の交渉
  • 入社日程の調整
  • 推薦状の作成など

あなたに代わって様々なことを代行、サポートしてくれます。

転職エージェントの特徴

転職サイトと大きく違いますよね↓
サービス名転職サイト転職エージェント
求人登録するとサイトで求人情報を見る事ができます。サイトでは見れない「非公開求人」も見る事ができます。
活用方法サイトに掲載されている求人情報を自分で選びます。キャリアプランや適性、強みをもとにアドバイザーから求人情報を提案してもらえます。
登録メリットサイトに掲載されている転職ノウハウを知ることができます。効果的な応募書類の書き方や、面接での受け答え、アポ取りから内定までの段取りを代行してもらえるので効率的です。
登録後の流れ自分で情報収集して希望する企業へ応募したり、スカウトを待つ事ができるようになります。アドバイザーと面談して自分の希望を伝え、企業との日程調整や条件交渉も代行してもらえます。

転職に関するノウハウはもちろん、様々な企業とのパイプがあるので、一人で転職活動するよりも、求める求人と出会える可能性は高くなります。

また企業に対して推薦状を書いてくれることもあるので、転職の成功率は上がるかなと思います。

分からないこと不安なことは相談し、ぜひ希望の職種や年収、勤務環境など希望を伝えて、求人を紹介してもらってください。

おすすめはリクルートエージェント

転職成功実績ナンバーワンのリクルートエージェント

転職エージェントにはさまざまなサービス業者がありますが、そのなかでもおすすめなのは、業界最大手で、転職成功実績、求人数、拠点数ともにNo.1のリクルートエージェントです。

もちろん無料ですし、大手で安心なのでまずはここを活用しておけば間違いありません。

もし気にいる求人がなければ無理に転職する必要もないので、一人で悩まずに活用してみてください。

また平日の夜間、土日、祝日も対応してくれるので在職中で忙しいサラリーマンでも安心して利用できます。

リクルートエージェントに登録してみる
※求人数・転職実績No.1、土日・平日夜も面談可

より詳しく転職エージェントについて知りたい方はこちら↓

詳 細 5つの転職エージェントの特徴比較とFAQ

転職した後にうまく仕事をしていく方法

それと最後にもう一つ。転職先が見つかったとして、新しい職場で周りとうまく仕事をしていく方法も書いておきます。

これは転職してきた47歳の方を見て思ったことです。

40代後半で新しい職場に入ると、周りの社員はもちろん上司すら年下というケースも珍しくないでしょう。

仕事をするうえで年下に指導されたり、教えを乞うのは嫌かもしれません。自分の息子や娘くらいの年の子にいろいろ言われるのはわたしでも嫌ですからね。

でもそこで意地やプライドはもたないほうが良いです。仕事だと割り切って謙虚にやるべきだなと感じます。

イライラしたりツンケンした態度だと相手も気を使ってやりにくいですし、業務がうまく回らないんですよ。

ペコペコするとかじゃなく謙虚に仕事をしっかりやる。これが周りとうまくやっていく秘訣かなと、47歳で転職してきた人を見て思います。

せっかく転職したのに、そこで人間関係をこじらせて辞めたらもったいないですからね。

というわけで、40代後半であっても転職は可能だし、諦める必要はありません。

ぜひ紹介したサービスを活用して、楽しく働ける転職先を見つけてください。

リクルートエージェントに登録してみる
※求人数・転職実績No.1、土日・平日夜も面談可