家・暮らし

一人暮らしにはどのサイズのヨギボーがおすすめか?部屋の間取りや用途別に紹介

一人暮らしにおすすめのヨギボー

一人暮らしをしているけど、どのタイプのヨギボーを選べばいいのか?と悩んでいる人へ。

一人暮らしといっても部屋の間取りやインテリア、使用用途(ベッドなのか椅子なのかなど)によっても選ぶべき形やサイズは人それぞれ違ってきます。

ここでは一人暮らしに使える各ヨギボーの特徴を紹介するので、

  • 部屋が狭いのでベッドにもソファーにもなるヨギボーが欲しい
  • ゲームや映画鑑賞、読書でゆったり座れる椅子が欲しい
  • 床に直接座っているのでお尻の痛くならないコンパクトなクッションが欲しい

など、自分のライフスタイルに合った物を見つけてください。

座り心地だけじゃない、ヨギボーが一人暮らしにおすすめの理由

あなたがヨギボーを検討しているのは、座り心地が良いからという理由かもしれません。

たしかに人をダメにするソファーというキャッチコピーの通り寝心地、座り心地は抜群です。

しかし、それだけではなく他にも一人暮らしにおすすめなメリットがあるんです。

それはビーズクッションなので持ち運びが楽ということ。

ソファーやベッドを部屋に置くと、掃除や部屋の模様替え、引っ越しのときに移動が大変です。

ヨギボーなら持ち運びはもちろん、縦にすることもできるので掃除も楽です。

またビーズクッションなので動かしても床に傷がつきませんし、壁にぶつけても大丈夫です。

傷や破損があると家を退去するときに原状回復費用が多くかかってしまいますからね。

それと大きなベッドやソファーは処分も大変です。まずゴミ置き場に持っていくのも大変ですし、処分にお金がかかることもあるでしょう。

その点ヨギボーは、分別すれば家の外のゴミ捨て場に出せるし、そこまで持っていくのも楽です。

ヨギボー処分時の分類
  • カバーは可燃物
  • ジッパーは不燃物
  • ビーズはプラスチック

このようにヨギボーは座り心地だけでなく一人暮らしにとってメリットがあります。

我が家のヨギボー
3年以上愛用しているヨギボーのソファーをおすすめする5つの理由ビーズクッションのyogibo(ヨギボー)を1年以上使い続けて、私なり感じたおすすめの点を紹介します。イスにもベッドにもソファにもなるヨギボーほんとおすすめです。迷っている方はぜひどうぞ!...

用途別で選ぶ一人暮らしにおすすめのヨギボー

一人暮らしといっても部屋の間取りがワンルーム・1K・1DK・1LDKなどそれぞれですし、和室で6畳の部屋もあれば洋室で8帖や12帖の部屋もあります。

また部屋の壁紙の色やインテリアによっても合う色、合わない色がありますし、身長や体格によってサイズも変わってきますよね。

それとベッド用として使いたい人もいれば、1人掛けの椅子が欲しいという人もいるでしょう。

このようにライフスタイルによって最適なヨギボーは違いますので、自分に合った物を選んでみてください。

ベッドとして使いたい人向け

ベッドとして使いたい人におすすめなのは、ヨギボーマックスとヨギボーダブルです。

ヨギボーマックス&ヨギボーダブル

ヨギボーのなかでも1番人気のヨギボーマックス。

価格29,800円 (税抜)
形状長方形
長さ約170cm
約65cm
重さ約7.7kg
ビーズの体積約415L

長さが170センチなので身長がそれ以上の人は寝るときに足が出てしまいますが、ベッドとしては寝心地もよくおすすめです。

ひとりではなく彼氏や彼女と一緒に寝たいという人は、ヨギボーマックスを2つつなげたヨギボーダブルもあります。長さは同じで横幅が倍の120センチになります。

6畳の部屋(縦360センチ、横270センチくらいの広さ)に置いちゃうとかなり狭くはなりますが。

\ ヨギボーマックス /

ヨギボー公式サイトはこちら

公式なので安心品質&サポート
10万円以上で送料無料

大きめのソファーが欲しい人向け

横になれる大きめのソファー、彼氏彼女や友人が来たときに一緒に座れるソファーが欲しい人におすすめなのはこちら。

  • ヨギボーマックス
  • ヨギボーミディ
  • ヨギボーショート

ヨギボーマックス

ヨギボーマックスはベッドとしても使えるサイズなのでソファーとしての用途ならかなり余裕を持って座れるし横にもなれます。

価格29,800円 (税抜)
形状長方形
長さ約170cm
約65cm
重さ約7.7kg
ビーズの体積約415L

ヨギボーミディ&ヨギボーショート

ヨギボーマックスより長さが50センチほど短いソファで椅子としても使えるヨギボーミディとショート。

ベッドはいらないけど少し大きめのソファー、カップルや来客用として2人掛けサイズのソファーが欲しい人におすすめです。

ミディショート
価格25,800円 (税抜)25,800円 (税抜)
長さ約120センチ約125センチ
約65センチ約60センチ
重さ5.5kg5.3kg

サイズを見てもらうと分かりますが、ショートのほうが長さが5センチ大きく、幅が5センチ小さいだけでほぼ同じです。

じゃあ何が違うの?って話ですが、横幅が欲しい人はミディ、長さが欲しい人はショートということになりますね。価格も同じなので体型に合わせて選ぶといいでしょう。

\ 大きめソファーが欲しい /

ヨギボー公式サイトはこちら

公式なので安心品質&サポート
10万円以上で送料無料

1人掛けのソファー、クッションが欲しい人向け

1人掛けのソファーが欲しい人には、

  • ヨギボーミニ
  • ヨギボーポッド
  • ヨギボーピラミッド
  • ヨギボーラウンジャー

がおすすめです。

これらはサイズ的には大きな差はありませんが、違いをあげるとしたら背もたれがあるかどうかです。

背もたれがあるヨギボーピラミッド&ヨギボーラウンジャー

ピラミッドラウンジャー
価格12,800円 (税抜)19,800円 (税抜)
長さ約65cm約75cm
約75cm約60cm
重さ約2.7kg約4.4kg

ゲームや読書、映画鑑賞するときは背もたれがあったほうが疲れにくいですし、リラックスして座ることができます。

ヨギボーピラミッドはどこから座っても背もたれができるように作られており重さが軽いです。サイズがコンパクトなので体格が大きい人には小さいかもしれません。

ヨギボーピラミッド

ヨギボーラウンジャーは座椅子のような形で最初から背もたれができていてヨギボーピラミッドより約2キロ重いです。

移動させることが少ない、よりリラックスしたい、冬にこたつを使うならヨギボーラウンジャーのほうがおすすめです。

ヨギボーラウンジャー

気軽に座るならヨギボーミニ&ヨギボーポッド

ミニポッド
価格15,800円 (税抜)25,800円 (税抜)
長さ約95cm約85cm
約65cm約95cm
重さ約4kg約6.5kg

ヨギボーミニは平べったい形で、ポッドは丸っこいのが特徴です。四角と丸い形なのでどこからでも座ることができ、気軽にくつろぐことができます。

床に直接座っていてお尻が痛い、床が冷たいのでクッションが欲しいという人におすすめです。

よりリラックスするなら座ったときに体を包み込んでくれるヨギボーポッドがおすすめです。

またポッドは持ち手もあるので移動も楽です。

ヨギボーポッド

ヨギボーミニはU字型クッションのヨギボーサポートと組み合わせると、背もたれをつけることもできます。

こんな感じでヨギボーミニとセットで使っている人も多いですね。

ヨギボーミニ

用途と価格が1万円違うので予算で検討してみてください。

\ ひとり掛け用が欲しい /

ヨギボー公式サイトはこちら

公式なので安心品質&サポート
10万円以上で送料無料

一人暮らしのヨギボーインテリア事例

みなさんこんな感じで使っています。

参考にして部屋に置いたときをイメージしてみてください。

こちらは公式サイトのインテリア事例です。

ヨギボーマックス、ミニ、背もたれ&肘置きにもなるU字型のヨギボーサポート、抱きまくらロールマックスを使っています。
ヨギボーインテリア

まとめ

ヨギボーは座り心地だけでなく、引っ越しや掃除の際も移動が楽などのメリットがあります。

あなたの住居環境やライフスタイル、予算に応じて最適なヨギボーを選んでください。

わたしもかれこれ5年以上愛用していますがほんとうにおすすめです。

仕事から帰って来てリラックスするのに、休日に読書や映画鑑賞でゆったりするのに、友人とゲームをするのにいろいろな場面で活躍すると思います。

あなたの一人暮らしがヨギボーでより快適になりますように。

\ 一人暮らしを快適に /

ヨギボー公式サイトはこちら

公式なので安心品質&サポート
10万円以上で送料無料

ヨギボーはどこが安い?
どこが最安値?ヨギボーをお得に安く買うにはどこがおすすめか比較してみた!ビーズクッションのヨギボーを買いたいけど価格が高い。なるべく安く買うにはどこで買うのがお得か、公式サイトや各通販サイトの販売価格を比較してお得なところを調べました。ヨギボーをお得に安く買うために参考にしてください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA