天馬のプレミアム珪藻土バスマット

割れにくい珪藻土バスマットを探しているあなたへ、天馬のプレミアム珪藻土バスマットを紹介します。

  • いま使っている珪藻土が割れてしまった
  • バスマットを敷く所に段差があって割れやすい
  • 長持ちしてコスパの良い珪藻土バスマットが欲しい

このような人には、おすすめなのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

1枚板の珪藻土バスマットは割れやすい

我が家で愛用していた宇部興産建材のUB足快 珪藻土バスマットもSoilも、ニトリやドンキなどで売っている珪藻土バスマットも、ぜーんぶ1枚板でてきています。

こんな感じですね↓
珪藻土で出来た足快バスマット

これっていくら強度や耐久性が強くても、

  • 激しく乗る、体重が重い人が乗る
  • 立てかけておいたのが倒れる
  • 段差があるところで使用する
  • 時間が経つと反りがでてガタガタする

このような原因で割れてしまいます。

これはもう形状の特性なので仕方ありません。

実際、私がこれまで買い換えてきた原因も割れやヒビでした。
ひび割れした珪藻土バスマット

何も気にせず使えて割れにくい珪藻土バスマットが欲しい

うちの場合はお風呂場の出入り口(脱衣所)には床下収納があって、その縁の上に珪藻土バスマットを敷くので段差ができるんです。

お風呂上がりに足を乗せると僅かですが、ガタガタしてしまいます。

段差をなくすために縁の上にタオルなどを敷けば良いんでしょうけど、タオル生地のバスマットを洗濯するのが面倒で珪藻土にしたので、そういった手間が嫌でして。

だから何も気にせず使える良い商品がないかなーと探していたら、「所さんお届けモノです!」というテレビ番組で偶然見つけたんです。

それが天馬という会社のプレミアム珪藻土バスマット。段差も何も気にする必要なし、それでいて割れにくいので即買いしました。

なぜ天馬のプレミアム珪藻土バスマットは割れにくいのか?

天馬のプレミアム珪藻土バスマット

じゃあ、天馬のプレミアム珪藻土バスマットは他の商品を比べて、なぜ割れにくいのか。

その理由は、1枚板じゃないから。

これが他の商品と最も違う点です。

上の写真を見てもらえれば分かりますが、天馬の珪藻土バスマットはプラスチックの枠のなかに小さなサイズの珪藻土が敷き詰められて出来ています。

このような形状にすることによって、

  • 反ることがない
  • 段差があっても問題ない
  • 倒れたり、激しく乗っても衝撃を分散できる

だから割れにくいのです。

ちなみに耐荷重は150kgまでOKなので、体重を気にされていた方も安心でしょう。

とはいっても、素材は珪藻土なので割れることもあり得ます。

もし割れても割れた箇所だけ交換できる

天馬のプレミアム珪藻土バスマット

通常、1枚板の珪藻土バスマットは、割れたら修復は困難で買い直す必要があります。

ヒビや割れの程度によっては使えなくもないですが、カビが生えやすくなるので衛生面が気になりますし、危ないですよね。

でも、天馬のプレミアム珪藻土バスマットは、珪藻土部分がそれぞれ分離しているため、もし割れてもそこだけ交換が可能なんです。

これってすごくないですか?

そこだけ交換できるんですよ。

買い直す必要がないから長持ちするしコスパも良い

ということは、コストも抑えられるということです。

でも気になるのがパーツの値段ですよね。私も気になったのでメーカーに問い合わてみました。

以下、メーカーの回答をそのまま紹介します。

珪藻土バスマットのタイルは1枚100円で販売しております。

通常は郵送で発送しておりますので、送料につきましては枚数によって異なりますが、枚数が多い場合は宅急便でお送りしておりますので送料500円を頂いております。

なので、例えば5個破損したら、100円×5個+500円(送料)=1,000円

買い直すのに比べたら圧倒的に安いですよね。

天馬のプレミアム珪藻土バスマットのその他メリット

割れにくいということに焦点を絞って紹介してきましたが、天馬の珪藻土バスマットには他にもメリットがたくさんあります。

どのようなメリットがあるのか、こちらの動画を見てもらったほうが早いのでどうぞ↓

吸水性が半端なく良い

珪藻土バスマットの役目はお風呂上がりの濡れた足や水滴を取ることですから、ここがきちんとしていなと商品として価値はありません。

その点に関して天馬の珪藻土バスマットは濡れた後の乾き方が半端なく早いです。

以前、使っていたそうUB足快バスマットよりも吸水性は高いと感じます。

お風呂上がりにバスタオルで拭かずにバスマットに乗っても、グングン吸収してくれるので、足の裏が湿るなんてこともありません。

裏面にカビが生えにくい構造になっている

通常の珪藻土バスマットって劣化してくると吸水性が落ちて水はけが悪くなります。

そうなると裏側にしみてきてカビが生えたりするんですよね。

これ以前使ってい珪藻土バスマットなんですが、裏に黒カビやシミができてますよね↓
珪藻土バスマット裏のカビ汚れ

でも天馬の珪藻土バスマットはタイルが床面に接地していないので通気性がよく、湿気をためにくい構造になっています。

そのため裏面のカビなどを気にする必要がありません。だから今では使用後に立てかけることすらしなくなりました。ずっと敷きっぱなしです。

長時間天日干し可能

ある程度、使うと衛生面も気になるので天気の良い日は外に出して干しておくと良いですね。

天日干しでもヒビ割れしにくい素材なのでそこも安心です。

ヤスリは不要、洗剤で洗えます

商品によっては吸水性を復活させたり、メンテナンスをする場合、やすりで削る物もあります。

でも天馬の珪藻土バスマットは水洗いはもちろん、洗剤でも洗えるので手間が少なく楽です。

問い合わせ対応が迅速かつ丁寧

これは珪藻土バスマットの性能ではありませんが、メーカーの対応が良かったので合わせて紹介しておきます。

これまで2回メールで問い合わせたのですが、どちらも返信が2時間以内にありました。

だいたいメーカーに電話するとなかなかつながらなかったり、メール問合せだと早くても返信が翌日とかになりますよね。

でも天馬の対応は迅速。なにかあった場合の対応が早いってのはとても助かります。

お財布に優しくて風呂上がりも快適になるよ

割れない、割れにくくなるということは買い直す必要がないということ。もし割れても紹介したように単パーツで交換できるので経済的。

バスマットって必ず使うものなので、家計に優しくストレスなく使えるのが1番ですよね。

天馬の珪藻土バスマットのメリットをまとめると、

  • 割れにくくて長持ち
  • コスパも良い
  • 吸水性も抜群
  • 通気性がよい構造なのでカビの心配不要
  • 汚れても水や洗剤で洗える
  • 天日干しの可能
  • メーカー対応も良し

このように割れにくい以外にもたくさん良いところがあります。

これでお風呂上がりの快適さが増すのは間違いないのでぜひ試してみてください。

ちなみにサイズはS、M、Lの3種類ありますが、以前の使っていたのがMサイズ相当だったのでそれにしました。

置き場所にもよりますが、小柄な人ならSで良いのですが、普通ならMが良いかなと思います。