家・暮らし

EFD25EL/20Hの後継品や代替品の電球比較。おすすめはLEDのLDT6LGST6

EFD25EL/20HとLDT6LGST6

自宅のリビングで約7年使用しているパナソニックの電球「EFD25EL20H」が切れたので、ヤマダ電機などの家電量販店に行ったら「こちらの商品はもう生産が終了していて同じ商品は置いていない」とのこと。

それでネットで調べたら在庫はあったんですが価格が高い。価格.comの最安値が2,526円+送料が990円。Amazonでも売ってましたが4,000円もします。

ということで、EFD25EL20Hの後継品や代替品でもっとコスパの良い商品を探した結果、いくつか使えそうな電球があったので価格やサイズ、電気代などを比べてみました。

EFD25EL20Hの代わりとして比較した電球
  • パナソニック EFD25EL20E
  • オーム電機 EFD25EL/18-SP
  • 東芝ライテック LED電球 LDT10L-G/S
  • パナソニック LED電球 LDT6L-G/S/T6【購入した電球】

これら4つの電球の価格や電気代の比較、またわたしが購入したパナソニックのLED電球「LDT6L-G/S/T6」のレビューも合わせて紹介します。

EFD25EL20Hの電球が切れて後継品や代替え品を探している人の参考になれば。

EFD25EL/20Hの後継品や代替品として使える電球比較

パナソニックのパルックボール プレミア(D形) EFD25EL20Hはすでにメーカーが生産を終了しています。

一応、Amazonなどのネット通販では在庫はあるのですが、価格が高いんですよね。LEDでない普通の電球なのに4,000円くらいします。

まだまだ需要があり希少性が高いので、各販売店も値段を高くして売ってるのでしょうね。

普通は電球が切れたら同じメーカーの同じ型番の商品を買うのが当たり前ですが、高額すぎるのと、それらもいつ在庫がなくなるかわからないので、この機会に別の電球に乗り換えたほうがいいかなと思います。

ということで、EFD25EL20Hの後継や代替えとなる以下の4つの電球を紹介していきます。

ちなみにわたしが購入した「パナソニック LED電球 LDT6LGST6」だけは、明るさなど実際のレビューも書いています。

EFD25EL20Hの代わりとして比較した電球
  • パナソニック EFD25EL20E
  • オーム電機 EFD25EL/18-SP
  • 東芝ライテック LED電球 LDT10L-G/S
  • パナソニック LED電球 LDT6LGST6【購入した電球】

パナソニックのEFD25EL20Eの特徴

パナソニック電球EFD25EL20E

まずEFD25EL20Hの後継品として設定されているのが同じパナソニックのEFD25EL20Eです。

EFD25EL20HEFD25EL20E
口金E26E26
消費電力20W20W
全光束
ランプ単体の明るさ
1450lm1450lm
外径50mm52mm
長さ121mm137mm
質量75g75g
寿命10,000時間10,000時間

比較表を見ていただいたら分かるとおり、消費電力や明るさの数値は同じですが、サイズが大きくなっています。

Amazonの口コミを見ると、後継品として購入したけどサイズが大きくてダウンライト照明器具に入らなかった、パルックボールスパイラルに付けるために買ったけど大きさや形状が違うために使えなかった。などの声が結構あります。

明るさに関しては、青っぽい色味のクール色とオレンジ色の電球色がありますが、そこは問題ないとの声がありますね。

後継品といえどサイズが異なるので、取り付け予定の照明器具のサイズがEFD25EL20Hでギリギリの場合、装着可能か注意してください。

1ヶ月の電気代の目安

EFD25EL20Eの消費電力:20W
1日に使用する時間:10時間と仮定
1日あたりの電気代:4円
1ヶ月あたりの電気代:117円

電気代のシミュレーションはこちらのサイトを参考にさせてもらいました。

参考:電気代計算シミュレーション(アカリセンター)

オーム電機のEFD25EL/18-SPの特徴

オーム電機のEFD25EL/18-SP

メーカーは違いますが、EFD25EL20Hの代替品として使えるのがオーム電機のEFD25EL/18-SP-2Pです。

EFD25EL20HEFD25EL/18-SP-2P
口金E26E26
消費電力20W18W
全光束
ランプ単体の明るさ
1450lm1340lm
外径50mm54mm
長さ121mm130mm
質量75g77g
寿命10,000時間12,000時間

※ 屋内専用(屋外使用禁止)

数値を見るとEFD25EL20Hより明るさが若干下がるのと、サイズが少し大きいですね。

わずか9mmではありますが、大きくて取り付けできなかったとの口コミもありますので、照明器具の取り付け部がEFD25EL20Hでギリギリの場合は注意してください。

1ヶ月の電気代の目安

EFD25EL/18-SP-2Pの消費電力:18W
1日に使用する時間:10時間と仮定
1日あたりの電気代:3円
1ヶ月あたりの電気代:105円

東芝ライテック LED電球 LDT10L-G/Sの特徴

東芝ライテック LED電球 LDT10L-G/S

LDT10L-G/SはLED電球なので寿命が長いのが特徴です。定格寿命は4万時間なので、EFD25EL20Hの4倍持つ計算になりますね。

我が家ではEFD25EL20Hが7年で切れたので、LDT10L-G/Sだと28年持つ計算です。

EFD25EL20HLDT10L-G/S
口金E26E26
消費電力20W10.2W
全光束
ランプ単体の明るさ
1450lm1070lm
外径50mm50mm
長さ121mm133mm
質量75g210g
寿命10,000時間40,000時間

サイズはEFD25EL20Hより12mm長いので、取り付け部がギリギリの場合は注意が必要です。

明るさもEFD25EL20Hが1,450lmに対して、LDT10L-G/Sは1,070lmなので数字的には若干暗くなりますが、口コミを見ると明るさは十分とのこと。

消費電力がEFD25EL20Hの半分なので、電気代のランニングコストが安い点もいいですね。

1ヶ月の電気代の目安

LDT10L-G/Sの消費電力:10.2W
1日に使用する時間:10時間と仮定
1日あたりの電気代:2円
1ヶ月あたりの電気代:59円

【おすすめ】パナソニック LED電球 LDT6LGST6の特徴とレビュー

LDT6LGST6

こちらは同じメーカーパナソニックのLED電球です。わたしはEFD25EL20Hの代替品としてこちらを購入しました。

LDT6LGST6の特徴はEFD25EL20Hよりサイズが小さいところ。

紹介した電球のなかで唯一サイズが小さいので、ハマらないという心配がありません。

こちらが照明器具に取り付けた写真ですが、かなり余裕がありますよね。
照明器具

また電気のスイッチを入れてから点灯するまでの時間も早いです。

EFD25EL20HLDT6LGST6
口金E26E26
消費電力20W6.4W
全光束
ランプ単体の明るさ
1450lm810lm
外径50mm39mm
長さ121mm104mm
質量75g81g
寿命10,000時間40,000時間

明るさはこんな感じ

EFD25EL20Hの明るさが1,450lm、こちらのLDT6LGST6が810lmと、かなり数字的には低いので取り付けた際の明るさが心配でしたが、ほとんど違いはわかりませんでした。

こちらの写真を見てのとおり、どちらがどちらがわからないレベルなので、個人的にはリビングなど明るさが必要な照明であっても十分かと思います。

リビングの照明(左)EFD25EL20H
(右)LDT6LGST6

一応、少し価格が上がりますが、この商品は1070lmバージョンもありますので、EFD25EL20Hで暗さを感じていのなら、810lmではなく1070lmを購入すればいいでしょう。

あと消費電力がEFD25EL20Hの1/3以下なので、電気代が安い点もおすすめです。

1ヶ月の電気代の目安

LDT10L-G/Sの消費電力:6.4W
1日に使用する時間:10時間と仮定
1日あたりの電気代:1円
1ヶ月あたりの電気代:37円

東芝ライテックのLED LDT10L-G/Sと比べても、こちらのほうが電気代が安いですね。

調光(明るさが調整できる)機能器具には取り付けできないので注意

LDT6LGST6を購入する前に、自宅の照明器具をまずは確認してください。

というのも、LDT6LGST6は調光(明るさが調整できる)機能のついた器具には使用できません。

通常のスイッチを入れたら点灯する照明であれば問題ないです。

あとLED電球によっては、密閉型器具や断熱材施工器具、屋外器具では使用できないといった注意書きがされている場合がありますが、LDT6LGST6はそれらはすべて問題ありません。

密閉型器具とは、浴室で使われる照明のように電球が直接見えないようにカバーで囲っている器具のこと。

断熱材施工器具とは、SGI、SG、SB形といった表示がされている器具のこと。
照明器具SGIマーク

屋外器具とは、玄関や庭など外に設置してある照明器具のこと。

料金的にはどの電球が一番お得?

普通の電球は価格が安い分、寿命が短く電気代が高い。いっぽうLEDは価格が高い分、寿命が長く省エネで電気代が安いという特徴があります。

ではどれを購入したほうがお得なのでしょうか?

サイズ違いは置いといて、コストを試算してみました。

Amazonでの商品価格、消費電力、寿命時間を表記しています。

パナソニック EFD25EL20E (電球型蛍光灯)
1,111円20W10,000時間
オーム電機 EFD25EL/18-SP(電球型蛍光灯)
923円18W12,000時間
東芝ライテック LDT10L-G/S(LED電球)
2,255円10.2W40,000時間
パナソニック LDT6LGST6(LED電球)
2,570円6.4W40,000時間

電球型蛍光灯とLED電球の価格を比べるとおよそ2倍以上の開きがありますが、寿命が4倍違うのでその点も含めて計算してみます。

1日10時間使用したときの寿命までの電気代

EFD25EL20E:4,000円(10,000時間)
EFD25EL/18-SP:3,600円(12,000時間)
LDT10L-G/S:8,000円(40,000時間)
LDT6LGST6:4,000円(40,000時間)

寿命までの電気代を比較すると、EFD25EL/18-SPが一番安いですが、次に安いLDT6LGST6は3.3倍寿命が長くてこの料金です。

結果、商品価格が1,600円ほど高いものの、電気代もトータルで考えるとLDT6LGST6が一番お得ということになります。

というわけで、わたしはLDT6LGST6を購入しました。