手をつないで歩いている親子

子供と一緒に過ごす時間って大切にしてますか?

私が小さかった頃はあまり親と会話してなかったんですね。うちの両親は夫婦喧嘩をよくしていて、一緒におばあちゃんも住んでいたので、そっちで夕飯も食べることが多くさみしい思いをしていた記憶があります。

そういった経験って性格形成などにプラスに働くとは思えないので、自分の子供には同じ思いさせたくないんですよね。

だから子供との会話や時間は大切にしています。

それに子供の成長って早いもんで、親より友達と過ごす時間がどんどん長くなっていることにさみしさを感じているので、少しでも一緒にいたいってのもあります。

スポンサーリンク

親子で一緒に同じ時間を共有することの大切さ

子供との時間を大切にする1つの取り組みとして、一緒に何かをするようにしています。

これまで親子体験のイベントでしめ縄作りや木工教室など催し事があれば参加してますし、他にも娘のピアノ発表会にも一緒に出ました。

ピアノに関しては未経験者なんですけど、先生から「娘さんと一緒に出てみませんか?」って声をかけていただいたので「聖者の行進」を一緒に演奏しました。

また先日は宮崎県の綾町で毎年開催されている綾照葉樹林マラソンに親子ペアで参加して来ました。

同じ目的に向かうことで絆も深くなるし、悔しさや達成感も味わえる

子供と一緒に何かをすることが将来子供のためになるかどうか、それが医学的に成長にどんな影響を与えるか分かりませんけど、すごく大事なことだと思うんです。

ピアノの発表会だってただ参加するんじゃなくて、そこに至るまでの練習や目的意識の共有に意義があるし、マラソンだって今回親子ペアで5km走ったんですけど、本番までに一緒に走ることやタイムの目標を持って練習することが大事だと思います。

マラソンなんて初めは娘もイヤイヤだったんですけど、走り終わったら5kmで34分、600組中200位という結果に納得いかなかったようで、来年もまた出たい、もっと順位を上げたいって言ってました。

じゃあ来年はもっと練習して記録更新頑張ろうって約束したんですが、私の体力の方が心配です…

親子でこうやって一緒に挑戦することで、コミュニケーションがとれて親子の結束がより固くなるし、挑戦することの大切さや目標を持ち悔しさや達成感を味わせることができるなどいろんなメリットがあるんですよね。

それに私自身もいい経験になっていて、この年でピアノを練習するなんて思ってもみなかったですし、長距離走るなんて高校の部活以来でしたよ。

ピアノは本番で間違えて子供にフォローされるし、マラソンに関してはついて行くのがやっとで楽しむ余裕もなかったので来年はリベンジしたいと思います!

親子の時間ってほんとかけがえのないもの

この年になっていろんな経験を子供と一緒にできていることはとっても非常に素晴らしいことだと思いますし、子供にとっても楽しい思い出となってくれれば嬉しいですね。

なので、これからも今しかできないことを一緒になって全力で取り組んでいきたいと思います。

まぁなんだかんだ言ったって、本音は子供の成長を少しさみしく感じているからなるべく一緒にいたいだけなんですけどねw

もっと子供と絆を深めたいとか触れ合う時間が欲しい人は、習い事でもなんでも一緒に何かをやる時間を作ってみると良いですよ!

より絆も深まるのでおすすめです。もし忙しくて時間が作れない方は、むかし私が残業ばかりの仕事が忙しかった時に始めた、こちらの「子供との時間がなかなか取れなかった時に始めたこと」も一緒に読んでみてください。

今しかない時間を無駄にせず楽しんで過ごしましょう♪