大空に喜んでジャンプしている男性

月曜日に会社に行くのが億劫だと日曜日の夜って憂鬱になりますよね?

私もこれまで幾度となく憂鬱な日曜日を過ごしてきました。その経験談と重い気持ちを少しでも軽くするためにやってきたこと、見直した方がいいことを紹介します。

あなたが楽しい休みを過ごせるようになるきっかけになれば。

スポンサーリンク

また月曜日がくるかと思うと日曜日の夜は憂鬱で仕方なかった

「あー明日からまた仕事」「またあの上司の顔を見るのか…」毎週日曜日の夜になるといつもこんなこと考えていました。

朝から苦手な上司の顔を見るとドキドキ動悸がするくらい、とにかく月曜日が来るのが嫌で嫌で仕方なかったんですよ。

日曜日に遊びに行っていても夕方頃になるとふと我に返り明日の仕事のことを考えてしまう。あすに近づくにつれて気分が重くなり、テレビや家族との会話を楽しむ余裕なんてない状態。

よく日曜日の夜に憂鬱になることをブルーマンデー症候群とか、サザエさん症候群とかいいますけど、こんな言葉ができるくらいだからかなりの人が憂鬱な日曜日を過ごしているんでしょうね。私もそのうちの一人だったわけです。

日曜日だけじゃなく年末年始やゴールディンウィークも同じ、連休が終わる前になるとすごく憂鬱になっていました。もうすぐ休みが終わってしまう…って。

本来、日曜日(休日)って仕事のことを忘れて楽しむもんじゃないの?

そもそも一週間仕事をがんばって体力的にも精神的にも回復させて、また次の一週間をがんばるための充電期間が日曜日(休日)の本来のあり方ですよね。

それがストレスを感じて憂鬱になってしまうんじゃ、休みの意味がありません。これじゃ仕事をしていてもしてなくても同じです、ただ会社に行ってるか行ってないかの違いだけ。

実践していたブルーマンデー症候群対策

そんな日曜日の憂鬱さを少しでも軽くするために色々なことを実践してきました。私と同じく仕事の前日に重くなる気持ちを少しでも軽くしたい方へ、これまで私がやってきたことを紹介しますね。あなたに合うものが見つかればと思います。

金曜日までに仕事を終わらせる、翌週に仕事を持ち越さない

長期的なスパンで行う仕事は別ですが、単発で終わるような仕事は翌週に持ち越さないように意識していました。金曜日に残っている仕事を来週に持ち越すと、土曜日や日曜日に仕事の段取りやスケジュール、お客さんのことが気になってしまって心底休めないんですよ。

だから終わらせられる仕事はなるべくその日のうちに終わらせ月曜日に持ち越さないようにする。

これだけで余計な事を考える原因が一つ減ります。なるべく日曜日に月曜日からの仕事の事を考える要因を減らしておくことは大切です。

楽しみを見つける、リラックスできる時間を作る

リラックスしている男の子

これはよく言われることですよね。月曜日のランチでプチ贅沢をしたり、仕事が終わって友人と遊びに行ったり楽しみを見つける方法。このつらい月曜日を乗り切れば楽しみが待っているという思いを糧にがんばるんです。

わたしは趣味のギターを習いに音楽教室に通ったり、英会話を習いに行っていました。そこで会う先生や生徒と話をしたり、趣味や好きな事に没頭している時間は仕事や上司の嫌な顔も忘れます。

だから親しい人と会話して相談する、笑う、あとは読書でもスポーツでも好きなことやお風呂にゆっくり浸かってリラックスするなどなんでもいいんです。脳みその中にある憂鬱な仕事の比率を楽しいことで減らしてみましょう。

憂鬱な気持ちを言語化する

あと憂鬱な気分を吹き飛ばすには思っている事を文章にしてみるのもおすすめです。愚痴でもいいんですよ、素直な気持ちを言語化することで気持ちも整理されて、悩みの種をハッキリと把握することが出来ます。

そうすると悩みに対してどうすれば良いか対処法も見えてきやすくなるんです。日記でもいいしブログを始めてみるのもおすすめです。

しっかり睡眠をとる

布団で熟睡している男の子

あなたも経験あると思うんですが、月曜日の仕事が気になるとなかなか寝付けなかったり、夜中に目が覚めたりしませんか?

そうすると寝起きも悪いし体力的にも疲れが取れずに月曜日の朝は体も気分も重くなってしまうんですよね。これだと仕事のパフォーマンスも余計に悪くなるので、余計なことは考えずにしっかりと睡眠を取ることが大切です。

とはいっても仕事のことが頭から離れず眠れないこともよくありました。そんは時は睡眠薬はちょっと怖いのでサプリを飲んだりしていましたね。眠れないからといってお酒を飲みすぎるのはやめた方がいいです。逆に翌朝疲れます。

ストレスとはうまく付き合っていくしかない

  • 仕事は長引かせずに終わらせる
  • 趣味や楽しみを見つける
  • 憂鬱な悩みを文字にしてみる
  • しっかり寝る

当時は知らず知らずのうちにやっていましたが、実はこれらってストレス解消に効果があるんですよ。厚生労働省もこれらのメンタルヘルスケアを推進しています。

仕事をしていたらストレスを全く感じないのは無理です、だから紹介した方法や自分なりのストレス解消法をみつけてうまく付き合っていきましょう。

でもその場しのぎの対策に耐えられなくなった

しばらくは上記の方法で脳みそのなかを「憂鬱90:爽快10」→「憂鬱60:爽快40」と楽しみをみつけて憂鬱な気持ちを減らして乗り切っていました。

が、しかし…。

ブルーマンデー症候群はそんな簡単な相手じゃありませんでしたw 楽しみをみつけても毎週必ず憂鬱な日曜日はやってくるのでキリがないんですよ。

虫歯の痛みを我慢するための麻酔みたいなもんです。楽しみで仕事のつらさを紛らわせることはできますが、それも麻酔が効いている間だけ。切れたらまた痛みを感じてしまいます。

それならいっそのこと虫歯なんて抜いてしまった方が楽になりますよね。じゃないと定年までこんなことを繰り返す自信なんてとてもじゃないけど私にはありませんでした。

どうしても無理なら仕事が憂鬱になる根本的な原因を解消するしかない

それで私がとった行動は仕事が憂鬱になる根本的な原因を解消すること。月曜日が近づくにつれて気分が落ち込む原因はなんなのか? あしたから仕事が始まるというプレッシャー原因を改めて考えてみました。あなたも考えてみて下さい、

  • 上司や同僚との人間関係?
  • 取引先との関係?
  • 体力的にきつい仕事だから?
  • やりたくない仕事だから?

精神的なこと、体力的なこときっと頭にその嫌なことが浮かんできたはず。私の場合は休みたくても休めない過酷な仕事内容と苦手な上司の顔が思い浮かびました。

それがハッキリすればあとは解消していく努力をするだけ。もちろん簡単じゃないことは分かってます。でも定年まで幾度となくある日曜日を憂鬱な気分で過ごしたくないでしょ?

だったら何かしないといけませんよね。私は職場環境を改善させることができなかったので、転職して働く環境を変えてきました。それが根本的な解決として良かったのか悪かったのか分かりませんが、ストレスがなくなったのは事実です。

対処法は人によって変わりますが、紹介した方法で憂鬱さを防げるのか根本的に解決しないとダメなのか今一度しっかりと考えて行動してみて下さい。

経験者としてアドバイスできることは以上です。心から休める日曜日が過ごせますように。

合わせてどうぞ 憂鬱な毎日から抜け出し仕事を楽しくする方法!