映画

おすすめサメパニック映画「海底47m」のネタバレなし感想

サメ映画海底47メートル

サメ映画といえば、代表的なジョーズをはじめ、ディープ・ブルー、MEG ザ・モンスター、ロスト・バケーション、シャークネード、シャーク・ナイトなどたくさんの作品が作られています。

わたしがおすすめするサメ映画は、それらとは少し毛色が違ったパニックスリラー「海底47m」です。

怖いけどグロさはあまりないので、そういったシーンが苦手な人でも観やすいかなと思います。

またきれいな映像、ハラハラドキドキのストーリーも面白く、上映時間も90分と短いのでサクッと観れるところもおすすめ。

あらすじや登場人物、ネタバレしないように感想を紹介するので、海底47mに興味がある、おすすめのサメ映画を探している人はぜひ参考にしてください。

ピストルを持った男性
推理、どんでん返し好きにおすすめのサスペンス映画20選【洋画メイン】推理好き、どんでん返しのあるラストが好き、ハラハラドキドキの展開、伏線を考えながら観るのが好きって人におすすめのサスペンス映画。ここではわたし観たおすすめのサスペンス映画をプライムビデオの評価を元にランキング形式で紹介します。...

パニックスリラー映画「海底47m」のあらすじ

メキシコで休暇を過ごす姉妹のケイトとリサが、夜のバーで知り合った男性にシャークケージダイビングをすすめられます。

シャークケージダイビングとは、人間が入った檻を海に沈めて、近づいてくるサメを間近で鑑賞するというもの。

人間が檻の中なので、動物園の逆バージョンってイメージしてもらえれば。

ケイトとリサが入ったシャークケージ(檻)が故障して海底まで落ちてしまいます。その深さ47メートル。

檻を出て海上に上がろうにもサメに襲われる可能性があるし、サメから逃れられたとしても水圧で潜水病を発症して死に至る可能性もあるので脱出が困難な状況。

また助けを呼ぼうにも水深が深すぎて船との無線が通じません。

それに酸素ボンベの空気はどんどんと減っていく最悪な状況。

この限られたタイムリミットのなかで、ケイトとリサは無事サメから逃れ、海上へと生還できるのか?

ざっくりこのようなあらすじです。

海底47mの主な登場人物は2人

登場人物は少ないです。姉妹をシャークケージダイビングに誘った男性2人とツアーの船長もいますが、海底でのシーンはほぼケイトとリサだけなので、彼女らだけ紹介します。

姉のリサ役、マンディームーア

マンディ・ムーアはアメリカの女優。実は14歳の時に歌手としてデビューしており、女優となったのはその後。

ウォーク・トゥ・リメンバーで主演を務め、その他多くの映画にも出演しています。またディズニーの塔の上のラプンツェルで、ヒロインのラプンツェル役の声優をずっと担当しています。

プライベートでは歌手のライアン・アダムスと結婚するも離婚、2018年に歌手のテイラー・ゴールドスミスと再婚しています。

妹のケイト役、クレア・ホルト

クレア・ホルトはオーストラリア出身の女優。

アメリカのドラマ ヴァンパイア・ダイアリーズや君はONLY ONEなどに出演しています。

映画プロデューサーのマット・カプランと離婚後、アンドリュー・ジョブロンとスピード再婚されています。

映画の中でもやんちゃっぽい役ですが、プライベートでも恋多き女性のようです。

サメ以外のドキドキも見どころ、海底47mの感想

サメ映画といっても映画のタイトルが海底47mであるように、サメだけがメインではありません。

もちろんサメを見るためのツアーに参加して、事故にあったのですが、船上と無線が通じない状況、潜水病や残り少ない酸素などハラハラさせられる要素はサメ以外にもあります。

よくあるストーリーとしては、船上で銃やモリで突いてサメと戦うものですが、海底47mはサメとの激闘でないので、その点では少し他の作品とは毛色が違うかなと。

観てみて誰しもいきなりの事故で海底に閉じ込められるとパニックになりますよね。でも過呼吸になるとそれだけ酸素も消費するので危険、かといって落ち着いてもサメや潜水病で脱出が困難。

無線も通じないので助けに来るかどうかも分からない。この危機迫る2人の演技やどんどんと減っていく酸素の数字、この緊張感がたまりません。

そしてラストはどんでん返しもあるので、そこも楽しみの一つかなと。いくつかツッコミ所もありましたが、総評価としては星4つですかね。

サメ映画やドキドキ、ハラハラ系の映画好きにおすすめです。

海底47mはAmazonプライムビデオ動画配信サービスHuluで視聴できます。
※Amazonプライムビデオの作品は入れ替わるため見放題が終了していることがあります。

Amazonプライムは月額325円で映画が見放題です。他にもたくさん特典があるので、会員でない方は30日間の無料体験をぜひ。
Amazonプライムのメリットと会員になっている感想はこちら