泣いているマイホームのイラスト

年収300万円くらいで家を買おうか迷っているあなたへ、年収300万円弱、手取り20万円もない頃にマイホームを建てたわたしが後悔していることを紹介します。

家は建てて終わりではなく、夫婦2人で、両親と、子供たちとの思い出を刻んでいく大切な場所です。

それに一生に一度の買い物ですから後悔したくないですよね。わたしの経験談がこれから家の購入を検討している人の参考になれば。

スポンサーリンク

年収300万円でも家を買うことはできるけど…

「年収300万円で住宅ローンの審査が通るの?」「この年収でほんとうに家は買えるのだろうか」と不安に思っている人もいるでしょう。

でも大丈夫です、わたしも年収300万円で35年の住宅ローンを組むことができましたから。

ちなみに借りた金額は2,400万円。頭金はなしで、毎月の返済額はボーナス払いなしの72,000円くらい。フラット35ではなく10年固定の金利1.24%でした。

まぁ宮崎県という土地柄もありますし、金融機関によっても異なるので、審査したい人は銀行などの住宅説明会やローンセンターに相談に行ってみるといいでしょう。

ここでは年収300万円で家を買うことができるかどうかではなく、後悔しない家づくりをしましょう、というお話をしますね。

家は一生に一度の買い物、焦って買うと後悔する

家を買ってからの転落人生

家を買うことはゴールじゃなくスタート。購入することが目的になったらダメ、建てることによって楽しく暮らせるかどうかが重要です。

愛犬と一緒に、子供と一緒に、夫婦2人で。いろいろと理想があるでしょう。それが納得いくものでなかったら…

マイホームは一生に一度の大きな買い物ですから、建てたあとに後悔しても遅いんですよ。

わたしは周りの友人らが家を建てているのを羨ましく思い、焦って購入を決意しましたが後悔してますもん。

それは以下のようなこと。

予算があわずに理想とかけ離れた家になった

待ってと手を伸ばしている写真

家って何度も建てられる物じゃないので、妥協はしたくないですよね。

だからどうしてもたくさん要望が出てくるんですよ。

  • キッチンはこんな感じがいい
  • 2階にもトイレが欲しい
  • 自分専用の書斎部屋を作りたいなど

しかし当然ながらやりたいこと、欲しい設備を入れていくと金額が膨れ上がっていきます。

そうなると年収300万円で借りられる金額では収まりきらないんですよ。我が家が最初に見積もりをもらった時は予算をはるかにオーバーしてましたからね。

そこから予算内に収まるように、

  • お風呂を小さくする
  • 壁紙の材質のグレードを落とす
  • 建物自体を狭くする

こんな感じでどんどん妥協せざるを得なくなって、最初の理想とはかけ離れた家になってしまいました。

これが焦って家を建てて後悔していることです。

壁紙だって本当は珪藻土が良かったけど安いビニールクロスに変更し、足の伸ばせるお風呂から狭いお風呂になり、自分専用の書斎もなくなり… 夢に見ていたマイホームはどこに…

ある程度の妥協は必要だとしても、どうせ建てるなら後悔しない家に住みたいですよね。夢に見ていた理想の家からどんどんかけ離れていくって寂しいもんです。

まぁ注文住宅ではなく建売など身の丈に合った家にすればいいだけの話ですが、欲がでちゃうんですよね。だって一生に一度の買い物ですから。

それで限度額いっぱいに住宅ローンを組んだら生活が苦しくなった

借金まみれの男

それで我が家は妥協を最小限に抑えるために、限度額いっぱいのローンを組んでしまいました。

これまでの賃貸アパートの家賃は駐車場込みで約4万円だったのですが、毎月の住宅ローンの支払いは7,2000円。約3万円も支出が増えたわけです。

しかもこれにプラスして固定資産税が毎月約1万円かかります。当然生活は苦しかったです。

せっかく楽しく幸せに暮らすためにマイホームを購入したのに、住宅ローンの支払いがきついために、毎日ケチケチした生活を強いされるなんて本末転倒です。

  • 神経質に電気の消し忘れをチェックしたり
  • エアコンを我慢する
  • 旅行や好きなことを我慢する

なんかマイホームを手に入れた代償が節約生活だなんて、何のために家を買ったのか。こんな暮らしが楽しいとはいえませんよね。

転職して年収を上げることを優先すればよかった

うなだれている女性

もともと年収が低いことには不満を持っていたのですが、なかなか踏み切れずにいました。

しかし生活が苦しい、将来に不安を感じて本格的に転職活動をすることに。その結果、転職は成功し年収は約100万円アップ。

おかげで毎月の住宅ローンの支払いにも余裕ができました。なんでもっと早く、先に転職して年収を上げることを優先しなかったのかと後悔しています。

もし年収300万円のときに焦って家を買わずに、転職後に家を買っていたら予算ももう少しあげられたでしょうし、ケチケチした毎日を送らずに済んだのかなと。

住宅の外構などあとから買い足せる物ならいいですけど、お風呂を大きくしたり壁紙を貼り直すことは基本無理ですから、順番の違いで理想の家から遠のいてしまったのは残念です。

後悔しない家づくりはお金があればできる

わたしが年収300万円で家を買って後悔したことは、

  • 予算が足りずに理想のマイホームとはかけ離れた家になったこと
  • 無理した住宅ローンを組んだことで節約の毎日になり、せっかくの新築の楽しさが半減したこと

これで学んだのは、焦って決めずにまずは年収を増やしてから家を買えばよかったということです。

土地や建物の大きさ、お風呂やキッチンの設備、外壁や壁紙の素材など、お金があればより理想の家に近づけられます。

でも我慢して妥協した家に住んだり、生活に無理がでるようでは幸せは感じられません。

だからこれから家の購入を考えているあなたへ、「年収300万円でも家を買うことは可能だけど、その予算で後悔しない家づくりができるのか、無理な住宅ローンを組んで生活が苦しくならないか」このことをしっかり考えた方がいいですね。

無理そうならまずは年収をあげてから検討することをおすすめします。

いま勤めている会社で年収アップが見込めるのか、無理っぽいのであれば転職も選択肢にいれるべきでしょうね。

たとえ転職して家を買うのが2年後、3年後…になったとしても、一生住むわけですから、妥協した家と理想の家どちらが良いかは一目瞭然ですよね。

わたしの経験からお金があれば理想の家は買えると痛感しているので間違いないです。一生に一度の楽しみを半減させないようにしっかりと検討してみてくださいね。

タシテクキャラクター

妥協した家を建てた、無理な住宅ローンでケチケチした生活を送ったことを後悔した経験者からのアドバイスでした。

現在の給料に不満のある人、転職も選択肢として考えているはぜひ続きを読んでみてください。年収アップにつながるきっかけをつかめるはずです。

年収アップさせたい人におすすめサービス

家を買ってから順調な人生を歩む

年収をアップさせるには今より給料のいい会社に勤めるのが一番の近道です。

日本経済団体連合会が行った「2017年1~6月実施分 昇給・ベースアップ実施状況調査結果」によると、平均昇給額は6,914円です。ここから税金を引かれるので手取り額はまだ少なくなります。

1年間がんばって仕事をしてもわずか数千円しか給料は上がらないんですよ。もともとの年収が低い会社であれば数年、数十年たっても大幅な所得増加は見込めないでしょう。

だから年収アップをしたいのなら、もとから給与の良い会社に勤めることが一番の近道なんです。

ただし闇雲に転職活動をしても成功する可能性は低いです。自分の市場価値を自己診断ではなく客観的な評価でを知ったうえで進めなくてはなりません。

だっていくら自分に自信があってもそれを企業が必要としていないスキルであれば評価は低く、転職しても年収は決して高くなりませんからね。

わたしもそこを意識して転職活動したことで年収アップに成功しましたので、間違いなくやっておいたほうがいいです。

ではどうやって自分の市場価値を判断すればいいのか?

それには2通りのやり方があります。

1. 自分で強みを診断する
2. プロのアドバイザーに診断してもらう

それぞれ詳しく紹介しますね。

自分で手軽に診断したいならグッドポイント診断がおすすめ

リクナビNEXTのグッドポイント診断

まず1つ目の方法はグッドポイント診断です。転職者の8割が利用している転職サイト大手のリクナビが提供している無料の診断ツールで、いくつかの質問に答えることで自分の強みを知ることができます。

それによってどんな仕事・職種に向いているのかがすぐに分かります。向いている仕事につけて年収もアップもできれば、新しい家での生活もより楽しくなるのは間違いないですよね。

これがいくら年収アップを果たしても、向いていない仕事であればパフォーマンスも発揮できないですし、働いていても楽しくないですよね。

そうなると安らぐためのマイホームに仕事のストレスを持ちこむ羽目になるかもしれません。そんな生活嫌でしょ。

だから重要なんです。

それとリクナビNEXTに登録しておくとキャリアアドバイザーからあなたにあった求人がメールで届きます。

もしすぐに転職するつもりがなくても求人をストックしておくと安心ですし、行動を起こす気であれば理想の求人があればすぐに応募することができます。

まずはグッドポイント診断で自分の市場価値を知る、そしてどんな企業が自分に興味を持ってくれて、どのくらいの年収がもらえるのか知るだけでも価値があります。

サービスはすべて無料ですし登録もたった数分で完了します。プラスになることはあってもマイナスになることはありませんので、使わないと損ですよ。

またグッドポイントの診断結果は応募時に添付することができるので、志望企業へあなたの強みが伝えられるというメリットもあります。

ぜひ活用してみてください↓
グッドポイント診断はこちら

会員登録後に「マイページ」の左下の方にある「グッドポイント診断」から診断することが出来ます。
グッドポイント診断の始め方
わたしのグッドポイント診断結果はこちらで紹介しています↓

関 連 自分に向いてる職業が分からないなら30分で己を知る適性検査やってみ!

専門家に診断してもらいたいのなら転職エージェントがおすすめ

それともう1つは転職エージェントを使う方法です。

リクナビNEXTなどの転職サイトとの違いは以下の表をご覧ください↓
サービス名転職サイト転職エージェント
求人登録するとサイトで求人情報を見る事ができます。サイトでは見れない「非公開求人」も見る事ができます。
活用方法サイトに掲載されている求人情報を自分で選びます。キャリアプランや適性、強みをもとにアドバイザーから求人情報を提案してもらえます。
登録メリットサイトに掲載されている転職ノウハウを知ることができます。効果的な応募書類の書き方や、面接での受け答え、アポ取りから内定までの段取りを代行してもらえるので効率的です。
登録後の流れ自分で情報収集して希望する企業へ応募したり、スカウトを待つ事ができるようになります。アドバイザーと面談して自分の希望を伝え、企業との日程調整や条件交渉も代行してもらえます。
見てもらえればわかりますが、多くの転職者を相手にしているプロの専門家が転職支援をしてくれるんですね。
図にするとこんな感じ↓

転職エージェントの特徴

  • プロならではの視点で、あなたの条件にあった求人の紹介
  • 履歴書の書き方や面接のアドバイス
  • 面接や内定後の日程調整
  • 年収の交渉など

このような事をしてもらえます。

年収に不満があり本気で転職をするつもりなら転職サイトよりもこちらを活用すべきです。

自分でなにもかもやるより、プロに支援してもらたほうが時間も労力もかけずに転職活動できますし、その成功率も高くなりますからね。

ではどのサービスがおすすめなのか? ですが、数社ある転職エージェントサービスのなかで、求人数、転職支援実績No.1、転職者満足度No.1の2社をおすすめします。

それぞれに強みや担当者の違いもあるので、両方登録しておくのがベストです。もちろん無料なので安心してください。

サービス名リクルートエージェントDODA(デューダ)
求人数業界最多15万件以上の一般に公開していない非公開求人あり10万件以上
そのうち80〜90%は一般に公開していない非公開求人
強い業界や職種ほとんどの業種を網羅ほとんどの業種を網羅
特徴求人数、転職支援実績共にNo.1
スタッフの対応も迅速丁寧
強み診断が評判良い
転職者満足度No.1
カウンセリング受付時間土日・平日20時以降も面談可土日・平日20時以降も面談可
公式サイト>> 詳細はこちら>> 詳細はこちら

家を買うことがゴールではなく建ててからがスタート

家を買っても理想の暮らしが出来なければ意味がありません。

そのためには妥協しない納得のいく家づくりと、余裕のある支払い計画が第一です。

夫婦2人で、子供と、愛犬と、両親と。あなたはどんな暮らしがしたいですか?

年収に不満があるなら行動を起こして、ぜひ理想のマイホームと幸せな暮らしを手に入れてください。

年収300万円で焦って家を買ったわたしみたいに、後悔しないよう願っております!