我が家のインターネットサービスプロバイダ(ISP)の契約は、softbankのYahoo BB ADSLの12M バリュープランです。

自宅に初めてインターネット回線を引いてから何度か引っ越しもしてきましたが、使い続けてかれこれ10年以上になります。

NTTのフレッツ光や九州の光インターネットBBIQ(ビビック)の勧誘もよくありますが、乗り換えずに使い続けています。

乗り換えずにこれだけ長く使い続けている理由は、ずばり月額1,808円という料金です。

料金以外にも決め手となった事や私が満足して使っているYahoo ADSL 12Mのお勧めポイントを紹介しますので、新築や新生活で引っ越し後にプロバイダをどこにしようか迷っている方、光からADSLへ乗り換えを検討している方、どうぞお乗り換え下さい。

スポンサーリンク

プロバイダに必要な3つの条件

インターネットの普及でパソコンはもちろんスマホやタブレットなど多くの方が所有されていると思います。

自宅にインターネット回線を契約せずにスマホだけ使用している方、パソコンを持っていてもテザリングで事足りる方もいるでしょう。LINEやメール、ホームページ閲覧や動画を見るだけならスマホだけでも十分ですからね。

でも自宅で仕事をされる方やパソコンで作業される方にはネット契約は必要ですよね。

私は自宅ではiPadやMacBookProを使っており、それでブログを書いたり、画像を編集したりしています。そのため自宅ではパソコン(Mac)メインの作業になるのでインターネット回線は必要なんです。

それでプロバイダ契約を結ぶにあたり必要な条件は以下の3つになります。

  • 回線の安定性
  • 回線スピード
  • 料金が安い

これらがプロバイダに求められる事であり、Yahoo ADSLを使い続けている理由はこれらを満たしているからなんです。

求める3つの条件をYahoo ADSL 12M バリュープランは満たしている

ではプロバイダに必要な料金、スピード、安定性についてそれぞれ紹介します。

インターネット回線が安定している

サーバーの画像

まずプロバイダに求める1つ目はインターネット回線の安定性です。

実は一時期BIGLOBEのモバイルルーターに乗り換えた時期がありました。

Yahoo ADSL 12Mバリュープラン(電話加入権あり)とNTT基本料金の合計金額より、BIGLOBEのモバイルルーターの月額料金の方が安かったからです。

でもとにかく回線が不安定で、途中でインターネットが繋がらなったり、途切れる回数が多く、その都度モバイルルーターを再起動したり、ファームウェアをアップデートしたりで手間がかかりすぎてストレスMAXだったのですぐに解約しました。

それ以来、とにかくまずは安定して使えることが私の中で絶対条件になりました。安定して使えるって当たり前のことですが、いざそれが出来ないとかなりイライラします。

料金が安くても回線が不安定だったら意味ないですよね。

一方、Yahoo ADSLに関してはブチブチ途切れたり、回線が不安定になる事は経験していません。10年以上使い続けてきてモデムの故障も一回だけです。

当たり前のことですが、ストレスなく使えることがまず一番の条件であり、お勧めしたいポイントです。

また導入設置時の設定が簡単なのもお勧めしたいポイントですね。パソコンに詳しくない初心者の方でも簡単に接続できると思います。

光ほど早くもないがストレスのない回線速度

スピード感ある画像

次に求めるのが回線スピードです。回線が安定していていくら安くても、インターネットでホームページがなかなか表示されない、動画なんかも途切れ途切れじゃイライラしますよね?

Yahoo ADSL 12Mは決して回線速度は早くありません。まぁADSLですからね。

今ほとんど光回線が主流なのでADSLって時代遅れと思うかもしれません。でも回線スピードなんて上を見ればきりがありません。

要はストレスなく使えればADSLだろうが光だろうがどっちでも良いんです。

自宅ではMacでブラウザを立ち上げネットショッピングをしながら、iPadを液晶テレビにつないだAppleTV経由でAirPlay接続し、テレビでYouTubeを見るなど同時にやってますが、ホームページが開かなかったり動画がもたついてイライラすることもありません。

何百メガもあるファイルをダウンロードしたり、クラウドに何ギガもあるデータをバックアップするためにアップロードする時は時間はかかりますが、ぜんぜんストレスがかかるレベルじゃないんですよね。

Mac、iPad、iPhone3つのデバイスで同時にネット接続しても大丈夫なんですから、この適度の使い方ならYahoo ADSL 12Mで全然問題ないんです。

となると、ほとんどの方が速度12Mでも事足りるでしょう。

毎月の料金が安い

家計簿の写真

安定性とストレスのないスピードを条件に、あとはどこまで料金を下げられるかだと思います。安定していて速いだけなら光回線で料金の高いプランはいくらでもあります。

ストレスを感じないラインをどこまで下げられるか考えた時に、安定性と回線スピードで問題ないのがADSLの12Mでした。

その下のプランの8Mだと少し遅いかなと感じますが、12Mだと大丈夫だというこのライン。

そしてその時の料金がADSLでは業界最安値だから決めました。

プロバイダ料金は毎月かかる固定費ですからなるべく安い方が良いですよね。

我が家のインターネット月額料金

我が家の毎月のプロバイダ使用料金は1,808円です。
※この1,808円は宮崎県に住んでいるので西日本エリアの価格になります。東日本の方の月額料金は1,801円です。

これはYahoo BBバリュープランの12Mで電話加入権ありの価格です。自宅には電話回線を引いているのでこれにプラスして別途NTTの基本料金が1,600円ほどかかっています。

ということで我が家の毎月インターネットにかかっている料金は約3,400円程です。

固定電話を使わない電話加入権不要タイプの場合は3,393円になります。

電話加入権ありなしではどちらのプランでもそんなに料金の違いはありませんね。

yahoobbバリュープランの料金表

またこの料金体系はバリュープランの価格なので、私の加入しているバリュープランと通常プランの2種類の違いを詳しく紹介しますね。

バリュープランと通常プランの違い

私が通常プランではなくバリュープランをお勧めする理由はズバリ値段です。

まず通常プランの場合ADSLの12Mだと月額料金が3,528円になります。

Yahoo! BBバリュープランだと1,808円(西日本エリア)なので、差額1,720円も安いんです。

yahooadsl12mバリュープランと通常プランの料金表

通常プランに比べて約半額になる所が私がバリュープランを選んだ理由です。

でも約半額になるからには当然理由があって、バリュープランは2年間の契約縛りがある所と回線スピードが限られているんです。携帯のキャリアと同じようなイメージですね。

2年更新で契約満了月以外の期間に解約すると、契約解除料(違約金)として一律9,500円が発生します。

私の場合、解約予定はなく今後も使い続けるのでバリュープランにしています。逆に通常プランでADSL 12Mが3,528円ならあまりメリットがありませんからね。

もう一つの制約は回線スピードです。

    通常プランは、

  • 8M
  • 12M
  • 26M
  • 50M(revo)
  • 50Mが選べます。
  • ※50M(revo)は50Mより上りのスピードが速いプランです。

バリュープランは、「12M」か「50M」のどちらかしか選べません。

yahooadsl12mバリュープランと通常プランの料金表

ちなみにバリュープランの50Mだと、東日本が2,564円、西日本が2,571円です。どちらも自宅に固定電話がある場合の料金です。

自宅に固定電話のない電話加入権不要タイプだと4,156円になります。これだと光と比べてもそこまでメリットがなくなりますね。

yahoobbバリュープランの料金表

ということで「回線の安定性」「回線スピード」「料金」をトータルすると、ADSL業界料金最安値のYahoo ADSL 12Mバリュープランが一番お勧めです。

ネットで簡単に申し込みできます。こちらで対応エリアを確認してみて下さい。毎月低料金でインターネットするならYahoo! BB ADSLがおすすめ↓

プロバイダ料金は安く押さえるべし

冒頭にも書きましたが、プロバイダに求める条件は、

  • 回線の安定性
  • 回線スピード
  • 料金の安さ
  • の3つです。

いくら安くてもネットが遅くてストレスが溜まる、故障が多いとなれば問題です。また高速で故障もなく安定を望むならさらに上のメガ数や光回線など選択肢もたくさんあります。しかしそれだと当然料金も高くなります。

でもYahooADSL12Mは安定していて、ストレスがなくインターネットが出来る。しかも業界最安値なので選ばない理由がありません。

やはり必ずかかる固定費ですから、毎月の積み重ねできちんと料金の安いプロバイダーを選んだ方が良いです。

という事で、Yahoo BB ADSL 12Mバリュープランが機能、コスパ共におすすめです。

プロバイダをどこにしようか迷っている方、ぜひ使ってみて下さい。またこちらのサイト限定でキャンペーンをやっているので、今がお得でおすすめです!

申し込みはWEBからが断然オトクです。24時間、年中無休で受付中なのでこちらからどうぞ↓

【補足】無線LAN使うなら自分でWi-Fiルーターを買った方がお得

wi-fiのイラスト

補足ですが、上記のプランは有線LANの場合です。

有線LANだけでOKな人はそれで良いですが、自宅でスマホをwi-fiに繋ぎたい、パソコンもwi-fi接続で使いたい方は別途無線LANパックが必要になります。

Yahoo BB ADSL 12Mバリュープランの契約で、ADSLモデム専用の無線LANカードを使う場合、別途レンタル料が月額990円かかります。1年間では11,880円もかかるんですよ。
※レンタルではなく買い取りの場合は47,520円かかります。

さすがにこれを何年も続けるのは勿体無いので、無線LANルーターは自分で購入しましょう。1度買ってしまえば毎月のランニングコストはかかりませんので、そちらの方が絶対お得です。

また無線LANパックの無線通信データの暗号化はセキュリティの弱い「WEP」にしか対応していないのでお勧めしません。

市販の無線ルーターであれば何もしなくてもWEPより強固なWPAやWPA2に対応しています。しかも最近の物は設定も非常に簡単になっているので、Wi-Fi化したい方はぜひこちらをおすすめします。

ADSL環境をWi-Fi化してスマホのパケットと毎月のインターネット料金を節約しましょう。インターネットする人にとっては毎月かかるコストですから、賢く節約して快適ネットライフを送って下さいね。

WEBからのお申込が断然オトク!24時間、年中無休で受付中!こちらで対応エリアを確認してみてください。

毎月低料金でインターネットするならYahoo! BB ADSLがおすすめ↓