山崎元さんの「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」

株やFX、リーマンショック、アベノミクスがどうだって言われてもよく分からない、老後や将来のためにお金を貯めておきたい、そんなあなたにおすすめ!

たった1時間でお金のことが理解できる本を紹介します。

日本経済が破綻する前にやっておきたいことでも書きましたが、私も将来に不安を持っているので、この本を読んで備えを始めました。

あなたもぜひお金のことを理解して今のうちから備えておきましょう。

山崎元さんの「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」

これから紹介する本は投資信託などお金に関する書籍を多く出版し、経済評論家で楽天証券に勤めているお金のプロ、山崎元さんの「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」です。

お金とか投資系の本って難しくて読んでいると途中で疲れるじゃないですか!でもこの本は山崎元さんと主人公の会話形式で書かれているので非常に読みやすく1時間あれば読めちゃいます。

内容もお金の素人にも分かりやすく噛み砕いて書かれているし、文字だけでなく図や絵も使われているので頭に入りやすいんですよね。ではいくつか内容を抜粋して紹介します。

スポンサーリンク

お金を増やしたいなら銀行には近づくな!

あなたはお金はどこに預けていますか?銀行ですよね!

でも銀行にお金を預けておいてもほとんど増えることはありません。今や金利もすごく低いし、ほとんどメリットがないんですね。

後でも書きますが、投資信託などお金を運用するのであれば銀行ではやらない方がいいです。その理由は手数料が高いから。

でも普通に考えたら分かりますよね、なぜ手数料が高いのか。銀行員の給料はどこから出てるの?って話です。

投資信託にしても銀行員が勧めるものは私たちにメリットがあることよりも自分達が得するものを売ろうとしているんです。当然、自分達が儲からないと潰れちゃいますからね。

ということで、まずはちゃんとお金を運用したいのであれば、銀行は使わない方が賢いということを覚えておきしょう。

だから今銀行にお金を預けて定期預金している人もやめておいた方がいいですよ。

じゃあどうすればいいのか?

この3つの金融商品だけ覚えておけば大丈夫!

定期預金以外におすすめできるお金の運用方法はこの3つを覚えておけば問題ありません。

個人向け国債

まず1つ目は日本国債(個人向け国債)です。知ってますか?

この個人向け国債は銀行ではなく国にお金を貸して、利子を付けて返してもらう定期預金のようなものです。

なぜこの個人向け国債が銀行の定期預金よりお得なのかというと、安全性と金利です。

国債は銀行より安全にお金を預けられる

これは少し考えれば分かりますよね?万が一何かあったら国と銀行どっちが先に潰れますか?

銀行ですよね。だから銀行にお金を預けておくより国に貸していた方が安全なんです。

元本保証で銀行より金利がいい

もう1つの理由は金利です。山崎元さんのおすすめは、個人向け国債の「変動金利型10年満期」というタイプです。

現時点で0.3%の利回りなので、みずほ銀方の定期預金の0.12%と比べてみた場合も金利が少しいいんですね。
※もちろん金利は変動するので変わる可能性はあります。

しかも元本保証なので途中で解約しない限り元本が減ることはありません。

このような理由から銀行の定期預金よりは国債を買っておいた方がお得で安心なんです。

投資信託はネット証券でやろう

2つ目が投資信託です。投資信託は買った金額よりお金が減るリスクもあります。ただお金を運用したいのであればちょっとリスクを取って運用してみる価値はあります。

では投資信託はどこで買えば良いのか?先ほども書きましたが銀行では絶対買わない方がいいです。

なぜか分かりますよね?

そう手数料がかかるからです。じゃあどこで買うのが賢いのか。

それはネット証券です。ネット証券は投資信託の取り扱い商品数が銀行より断然多いし、手数料も安いからです。実際に私が住んでいる宮崎銀行と比べてもネット証券の方が断然お得でした。

じゃあどこのネット証券がお勧めなのか?

大手である、

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券

このいずれかから選べば間違いありません。ちなみに山崎元さんは楽天証券にお勤めです。私も楽天銀行を普段使っているので楽天証券に口座を作りました。

でも本書で登場する主人公はSBI証券で口座を開設しています。その手順も載っていますが山崎元さんも心が広いですよね。自分の書籍なのに自分が勤めてる楽天証券じゃなくてライバルのSBI証券のこと載せてるんですからねw

確定拠出年金

最後は確定拠出年金です。この確定拠出年金はちょっと複雑なので概要だけ説明しておきますね。詳しくは本を読んでみて下さい。

今サラリーマンの方は会社の給料から年金が引かれていますよね。これは会社があなたの老後のためにお金を運用してくれてるわけですが、これを個人で運用するのが確定拠出年金です。

簡単に言うと60歳以降に下ろせる積み立て預金のことです。しかも掛けた分だけ所得税や住民税は控除されるし、儲かった分は非課税になるのでこれから先は絶対やっておいた方が良いですね。

お金のことを知っているのと知らないのとでは全然違う

お金のことって少し知ってるだけで賢くお得に運用することができます。

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください」ではこの他にも、

  • 家は買った方がいいのか?
  • 生命保険は入った方がいいのか?
  • NISAってなに?
  • 年金のこと

などお金に関する様々なことが学べます。しかも会話形式で書かれてあるので、理解しやすいし最初から最後まですぐに読めちゃいます。

将来の貯蓄のため、年金のためなど今のうちから賢く運用して備えておきましょう。