いきなりですが、あなたに質問です。

なぜ年収を増やしたいのですか?





おそらくあなたが思い浮かべた答えは以下のようなことじゃないでしょうか?

  • 将来のための貯金
  • 欲しい物がある
  • 自己投資したい
  • 生活が苦しい

ある転職サイトが転職希望者に行った同じ質問の回答では、約9割の人が「将来のために貯蓄をしたい」と回答しています。

不景気で給料は上がりにくく、ボーナスカットは当たりという企業も多いことでしょう。それで年収アップしたいと思うのは当然のことです。

かく言う私だって同じです!

だって収入は増えないのに老後や結婚生活、子育てなど将来に対するお金の悩みは尽きませんからね。

スポンサーリンク

年収アップしたいのはお金が欲しいからですよね?

あなたが年収を増やしたい理由は、貯金や買い物などに使うお金が欲しいからですよね。

でもサラリーマンが年収をアップさせるのはそう簡単にできることじゃありません。こちらのデータを見て下さい↓

日本経済団体連合会が行った「2015年昇給・ベースアップ実施状況調査結果」によると、
調査企業(219社)の平均昇給額は6,001円でした。

1年間仕事をがんばっても6千円/月しか給料は上がらないんです。しかも手取りとなると手元に残るお金はさらに少なくなります。スキルを上げたり資格でも取ればもう少し増えるかな。

でもこの金額で欲しい買い物や将来の貯金の不安を払拭することってできます?私だったらもうちょい欲しいです!

じゃあどうするか?

収入を増やす前に支出を減らしてみよう

では年収アップしたいと思った動機に立ち戻ってみましょう。

なぜ年収アップしたいのか?
↓↓↓
将来のために貯金、欲しい物が買える、生活が苦しいから
↓↓↓
そのためにお金が欲しい
↓↓↓
どうやってそのお金を捻出するか
↓↓↓
収入を増やす or 節約する

つまり手元にお金を残すと考えたら、収入を増やさなくても無駄を省けばいいんですよ。

なので少し視点を変えて、転職やキャリアアップ、副業による年収アップではなく、節約によるお金の捻出について考えてみましょう。

何だ節約かよ!って思いました?でも侮るなかれ。

例えば月1万円節約すれば年間12万円も手元にお金が残ります。先ほどの給料ベースアップだと1年間仕事をがんばっても7万2千円しか増えません。しかも手取りにするとこれより少なくなります。

と考えると、仕事で年収を12万円上げるよりも無駄を省き月1万円節約した方が簡単じゃないですか?

しかも今日からできるし。

スポンサーリンク

手元にお金を残すためにサラリーマンができる節約方法

と言うことで、節約して手元に残るお金を増やしましょう。そしてそのお金を将来の貯金や投資などにまわすんです。

タシテクキャラクター

では以下の項目を見ながら毎月の生活費で削れる無駄はないか見直してみましょう。

昼食代を節約する

必ず毎日使うのか食費、特に昼食代の節約は効果大です。

毎日、外食やコンビニ弁当だとワンコインで済ませるのは難しいですよね。これを変えていきましょう。自炊して弁当を持っていくのがベストですけど、料理したことない人にとっては敷居が高いですよね。

節約のプロである勝間和代さんが言っていましたが、会社に白ご飯だけでも持っていくのはどうでしょう。これだったらできますよね?

あとはおかずを買えばいいだけなので、冷凍食品だったり、コンビニやスーパーで惣菜だけを買えばOKです。

飲み物も買わないようにする

毎日買ってるコーヒーやお茶代もバカになりません。水筒やタンブラーを買って家から持って行くか、職場にウォーターサーバーなんかあれば利用しましょう。

これらで毎日500円節約できれば月1万円以上の出費削減になります。

交通費を減らす

一駅分歩くとか、車ではなく自転車通勤にするなどできるようであればやってみて下さい。

私も雨の日以外は車ではなく自転車通勤にしてますよ。健康にも良いしメタボ対策にもおすすめです。

携帯やスマホの料金を見直す

節約に効果あるのが固定費の見直しです。毎月のスマホ料金っていくら払ってますか?

私は以前、ドコモのAndroidスマホで毎月8,000円ぐらい払ってましたが、今は格安SIMに乗り換えて毎月約3,000円に納まっており年間6万円の節約に成功してます。

ほんと携帯代ってバカになりませんよ!

これで年収6万円アップと同じ換算ですからね。キャリアで契約している人は手続きも設定も難しくないので、格安SIMへの乗り換えをおすすめします。

関 連 毎月のスマホ代を節約できる格安SIMについての記事まとめ!

その他無駄な出費を見直そう

これ以外にもタバコ代やギャンブル、家賃、保険料や車の維持費など減らせるものはないか見直してみて下さいね。特に毎月かかる固定費を削れば効果は大きいですよ。

でもストレスを感じるほど無理してやらなくて良いですからね。できる範囲でやりましょう。

目標は月1万円の節約

どうでしょう、月いくら位節約できそうですか?食費とスマホ代の節約だけでもかなり浮くはずです。

じゃあまずは月1万円の節約から挑戦してみましょうか。これが慣れてきて2万円、3万円節約できればかなりの年収アップに換算できますよ。

タシテクキャラクター

今日から不要な支出を見直して、そのお金を将来の貯金や生活の足しにして下さい。