友達も少ないし、職場でも孤立してる...人付き合いもうまくないと悩んでいる方。私も会話が億劫で人付き合い面倒でした。

このままじゃダメだと分かってはいるんですが、簡単には改善できないんですよね。

でも大丈夫です。先日立ち寄ったTSUTAYAで目に飛び込んできた「好かれる人が絶対しないモノの言い方」という本を読んでそれを克服するヒントを得ました。

それに気付けたおかげで徐々に良い感じに克服できていますので、学んだ事をシェアしたいと思います。

人付き合いが苦手、人間関係を良くしたいと悩んでいる方はぜひ読んでみて下さい。

スポンサーリンク

何気ない言葉が相手を不快にさせているかもしれない

本を読んで気が付いたのは、会話の中で相手を不快にさせているかもしれないという事。

無意識に発した言葉が誤解を生み、こちらの意図とは違った捉えられ方をされているかもしれないと書かれてありました。

確かに、相手が不快に思う言葉を発すると話しかけられなくなる↓
人間関係が悪くなる↓
人付き合いが億劫になる↓
自分の殻に閉じこもりさらに悪くなる

このような負のサイクルに陥ってしまいます。そうならないために、本に書かれてあった事例を1つ紹介しますので、自分に当てはまらないか読んでみて下さい。

人から褒められた時って素直に「ありがとう」言えてますか?

人から褒められた時にお礼を言ってますか?

もし謙遜して「イヤイヤそんな事ないですよ」って言ってたら相手を不快にさせてるかもしれません。

自分に自信がない、照れや恥ずかしさがあると褒められる事を否定しまう

私は人から褒められた時に素直に「ありがとう」って言えてませんでした。

例えば、「そのネクタイおしゃれだね」と褒めてもらった時に、返す言葉が100%「イヤイヤそんな事ないです」だったんですよ。

照れや恥ずかしさもあるし、心の奥ではどうせお世辞でしょって思ってる自分がいて、素直に喜べてなかったんですね。

それに自分に自信がないので素直に認める事が出来ずについ謙遜しちゃってたんです。

謙遜は自分を評価してくれてる相手に失礼

でも自分の良い所を見つけて褒めてくれてるのに否定しちゃったら、相手も突き返された気持ちになって拒絶された感があります。

ネクタイおしゃれだねと言う言葉に対して、「イヤイヤそんな事ないです」って否定しちゃったら、じゃあ付けてくるなよって思いますよね。

褒められたら素直にお礼を言おう

どうでしょう、このように謙遜してませんか?

照れもありますが、せっかく褒めてくれてる相手に不快な思いをさせないために、まずは素直にお礼を言うべきです。

感謝の言葉を言われて嫌な人はいませんからね。

お礼プラスひと言添えれば会話が生まれるし好感度アップ

先ほどの、ネクタイおしゃれだねに対して、
「ありがとうございます。実は奥さんがいつも選んでくれてるんですよ」
って返せば、
「奥さんセンス良いね!一緒に買い物行くの?」
なんて会話も生まれますよね。

また別のパターンで、
「ありがとうございます。おしゃれな⚪︎⚪︎さんに言ってもらえるなんて嬉しいです」
って返せば相手も嬉しいし好感度が上がります。

これが出来たら人間関係も良好になる

どうでしょう。あなたの周りにこのような返しが出来てる人っていませんか?

きっとその人って誰からも好かれていて人望が暑いはずです。相手に感謝の気持ちや言葉をかけられる人って誰からも好かれますからね。

先ほどのお礼の後に相手を褒めるパターンができてる人は、人間関係や仕事も上手くいってる人が多いです。

「先輩の指導のおかげですよ」なんて返してくる人がいますけど、私好きですもん。

褒められ上手になろう

褒めてくれた相手に褒めて良かったと思わせたら勝ちです。相手もまた良い所見つけようって思うはず。

そうなれば相手も嬉しいしこっちも幸せな気分になるからwinwinです。それを繰り返すと自分の自信にもつながり成長できるんですよ。そこまでくればもう人間関係も良好になり苦手な人付き合いも克服されてきます。

と言うことで、相手が褒めてくれたら素直にお礼を言って、さらにひと言添える事を意識してみましょう。

モノの言い方で人付き合いは変わる

言葉1つで人間関係を良くする事も悪くする事もできます。

だから発する言葉は相手に誤解を与えないように丁寧に気持ちを表現しなければなりません。

そうする事で人との関わり方や接し方が変わってきて、好かれる人間になれます。実際に私も意識し始めてから会話も弾むようになり、苦手な人付き合いも徐々に克服できてます。

年齢を重ねていつまでも人付き合いが苦手というのは避けたい所ですし、仕事にも影響が出ることもあり得ます。

と言うことで、人から褒められた時にお礼プラス一言を返す習慣を意識してみて下さい。

今回事例を1つだけ挙げましたが、読んだ本には上記のことや、

×すみません → ○ありがとうございます

×結構です(大丈夫です) → ◯よろしくお願いします

×上司がダメだと言うので → ◯私の力不足で

×可能ですか? → ◯お願いできますか?

このようなNGフレーズとOKフレーズが比較されていて、その理由が説明されています。

人付き合いがうまくいかない、このようなNGフレーズを使っていると心当たりある方は是非読んでみて下さい。人間関係変わりますよ。