笑っている1000円札の野口英世

お金をもらうことに罪悪感を感じるという人へ。

わたしも仕事でお客さんからお金をもらうことが、なんとなく悪いこと、申し訳ないことだと思っていました。

お金をもらうことに罪悪感を感じるから、

  • 仕事を安くで引き受ける
  • ちょっとした作業なら請求せずに無料にする
  • 言われてもいないのに見積もりに値引きを入れる

こんな感じだったんですね。

でもいまでは、お金をもらうことは悪いことではない、むしろ相手を幸せにした証拠だと思えるようになりました。

こういった考えがないとサラリーマンでもそうですが、フリーランスやこれから独立起業しようと思っている場合は、事業を継続していくのがしんどくなると思います。

ここでは支払われる対価に対してポジティブな感情を持つために必要なことを紹介します。

スポンサーリンク

お金をもらうことに罪悪感を感じる原因は何か?

罪悪感を感じる根本的な原因を突き詰めていくと、

  • スキルや経験不足による不安や自信のなさ
  • 自分の価値を正しく認識できていない

この2つに行き着きます。

スキルや経験不足による自信のなさ

例えば、仕事の依頼を受けた場合、自分の知識やスキルに自信がないと、

  • 他社に比べて劣等感を感じてしまう
  • クレームが来たときが怖い

このような思考になって、お金をもらうことに罪悪感を感じるため、他社よりも安くしたり、タダで作業してしまうんです。

でもこれって単にプレッシャーから逃げてるだけなんですよね。

自分の価値を正しく認識できていない

それともう1つが、自分の価値を分かっていないケース。

本当は十分なスキルを持っているのに経験や実績が乏しいため、それが自信のなさにつながり、値引きや安請け合いしてしまうんです。

じゃあ、そういった考えを払拭するためにはどうすれば良いのか?

小さな実績を積み重ねてスキルと自信をつけていく

いきなり自信を持てといっても難しいですから、まずは小さな実績を積み重ねていくことをおすすめします。

参考書を読んだりセミナーに参加するだけでなく、実践で経験を積んでいきましょう。

最初は少額でサービスを提供してスキルと経験を積み、数をこなして慣れてきたら徐々に価格を上げていく。

その実績が増えるほど価値を提供できているという証拠ですから、自分の価値を認めるということになり自信につながります。

そのとき、お客様にサービスの感想をもらうといいと思います。質や内容はどうだったか。悪いところはそれを元に改善していけばいいんじゃないでしょうか。

そうすれば口コミや評価も増えていき、安売りしなくても向こうから仕事が舞い込むようになります。

だから自分に自信がなくて、高額でサービスを提供できない、お金をもらうことに抵抗がある人は、こういった流れでやってみるのがおすすめです。

お金をもらうことは価値を提供した証拠

相手があなたにお金を払うということは、価値を提供できた証拠です。なんの価値も提供していなかったらお金なんて誰も払ってくれません。

だから、お金をもらうことは悪いこと、相手から奪うことではなく、価値を提供した証拠だと思うようにすると良いですね。

相手は欲しい未来が手に入る、それによってあなたにお金が支払われる。

つまり互いにWinWinの関係であるということです。

たくさんお金をもらうほうが、より多くの価値を提供し、多くの人を幸せにしている

  • 100万円の収入がある人は100万円分の価値を提供した
  • 1,000万円の収入がある人は、1,000万円分の価値を提供した
  • 1億円の収入がある人は、1億円分の価値を提供した

つまり金額が大きいほどより多くの人に価値を提供しているということです。

だからお金をもらうことに罪悪感を感じている人は、どうすれば相手が喜ぶか考えて行動し、実績を積み重ねてスキルと自信をつける。

そして、よりお金をもらう人のほうが、その分多くの人に価値を提供して幸せにしている。

こう思うようにすると罪悪感なんてなくなりますよ。