今回は収益の分散化について。

ブログで手軽に収入を得ることが出来るGoogleAdsenseを使っている人は多いでしょう。さらに収益の大半がAdsenseという人も多い事でしょう。

手軽に導入できて収益化もしやすい反面、デメリットもあります。それはアドセンスによってコンテンツが制限されるということ。Adsenseにも当然ポリシーがありますので、気を付けなければなりません。

スポンサーリンク

Adsenseのポリシーを守る必要がある

例えば、アダルトはもちろんですが医薬品の販売、アルコールおよびタバコに関連したコンテンツなど結構あります。
詳しくはこちら
https://support.google.com/adsense/answer/1348688?hl=ja#Copyrighted_material

コンテンツ以外にも広告の配置や見せ方などもポリシーがあるので確認しておいた方がいいです。
広告の配置に関するポリシーはこちら
https://support.google.com/adsense/answer/1346295?hl=ja

ポリシー違反はアカウント停止や削除などの危険がある

これらのルールを守らないと警告が来るのですが、実は私も過去にGoogleから警告のメールが来たことがあります。その時はめちゃくちゃ焦りました。72時間以内に修正しないとアカウント停止や広告の配信を停止するとの内容だったので、もしそうなったら収益がゼロになってしまいますからね。

悪気はなくても気づかぬうちに違反をしている事もありますので、万が一の事も考えてAdsenseだけに頼らず収入源は分散しておいた方がいいです。

Adsenseで稼ぐにはPVありき

またAdsenseだけに頼る事をおすすめしない理由は、PV稼ぎに注力しないといけないことです。AdsenseクリックされてナンボなのでとにかくPVがないと稼げません。

アクセスの稼げるエンタメや芸能ネタ、トレンド系のサイトはアクセス数が稼げる代わりに更新頻度も高くないといけません。毎日更新に追われて疲れるんですよ。なので私はあまりおすすめしませんね。

またこっち系のサイトで月に何十万も稼いでいる方もいますが、アカウントがBANされたらアウトです。一瞬にして収入がゼロですからね。

だからAdsenseだけに頼らないようにしておいた方がいいです。

アフィリエイトなども併用しよう

そこでおすすめするのがアフィリエイトです。ASP(A8netやアフィリエイトBなど)に登録して広告を取得します。

ただここでも注意点があります。1つの広告に頼りすぎると、その広告の配信が停止になったり提携を解除された時にアウトです。

私の経験で売り上げの良かった広告主からいきなり提携解除のメールが届いたこともありますし、急に配信を停止されることもあります。

おそらく企業側も認知度が上がればASPを使って宣伝する必要性が無くなるので、ある程度認知されたら停止するのだと思います。だからASPで広告を探す際も代替えの広告があるのか確認をしておきましょう。

例えば同じ広告でも他のASPで扱っているのかどうか、他に取り扱っているところがなければ、今はいいですが今後配信が停止されたら、せっかく書いた記事も代替えの広告がないので無駄になってしまいます。

その場合も考えて似た広告がないかも探しておくと良いですね。こっちがなくなってもこっちで代用できるようにしてくとGoodです。

Adsenseやアフィリエイト以外にもAmazonや楽天、noteやkindleで電子書籍、自分のサービスを持っている方はそちらも収益分散として併用しておきましょう。万が一の時の為に、1つに依存しすぎない、頼りすぎないことが大切です。

何か1つの収入源で10万円よりも、1万円x10個の収入源の方が安心。