記事を書くときに使えるツールの紹介です。それがこちらの関連キーワード取得ツール(仮名・β版)↓
http://www.related-keywords.com/

「検索キーワード」の欄にキーワードを入力すると、Googleサジェスト(Googleの検索窓にキーワードを入力すると関連するワードが下に表示されるやつ)、教えてgoo、Yahoo!知恵袋、入力したキーワードに関する全キーワードリスト(重複除去)が表示されます。

では試しに「格安SIM」と入力してみましょう。すると「格安sim」に関連するワードがすべて出てきます。ここに表示されたキーワードからヒントを得てもいいですし、そのキーワードが使われている教えてgoo、Yahoo!知恵袋の質問一覧も取得できるため、ユーザーの悩みをある程度把握することができます。

ユーザーがどういった悩みを抱えているのかを把握できれば、それについて答えを教えてあげる記事を書くことができますよね。例えば格安SIMへの乗り換えに対する質問が多かった場合、考えられるキーワードは「格安sim 乗り換え」「格安sim 乗り換え 手順」「格安sim 乗り換え方法」などです。

それが分かれば実際にこれらのキーワードがどれくらい需要があるのか調べます。あまりに検索されていない、需要が少ないキーワードであれば費用対効果を考えて記事を書く書かないの判断ができます。

検索需要の調べ方はキーワードプランナーを使います。
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

右上のログインからログインして、こちらにキーワードを入力すると以下のような画面が表示されます。

「月間平均検索ボリューム」の数字が大きいほど需要があるわけですが、それだけライバルサイトも多いことになるので、「100~1,000」くらいのボリュームであれば十分に上位も狙えると思います。もちろんさらに上の「1,000~1万」を狙ってもいいですよ。私はだいたい「100~1,000」のボリュームのキーワードを狙うことが多いです。

これで記事のテーマとなるキーワードが決まれば、あとはユーザーの悩みを解決する記事を書いていけばOKです。タイトルだけじゃなく見出しにも関連するワードを入れながらバランスよく書いてみてください。

ネタに困ったときやユーザーの悩みや意図が知りたい時はぜひ活用してみてください。