私がブログを書くとき、SEO対策を行う時に意識している事をシェアします。

ブログのアクセスや収益を上げたいって人はいろんなノウハウを求めていますよね。実際にこのように私も発信しています。

でもそのノウハウをそのまま実践するだけじゃダメなんです。例えば、

  • ブログの文字数は1,000文字以上にしよう
  • まずは100記事書こう
  • ブログの表示スピードを上げよう
  • Adsenseはこのサイズでこの場所にしよう
  • カテゴリーや階層は分かりやすいようにしよう

こんな感じでたくさんありますよね。でもこの情報をそのまま鵜呑みにして何も考えずに実践してたらいけません。

ただ単に1000文字以上書いた方がSEO的に効果的だからという理由で、文字数だけ稼いでも意味ありませんよね。なぜ1000文字以上だとSEOに強いのか、その本質を理解する必要があります。

ここに広告を貼ったらクリック率が何倍になりました。これを見て、じゃあ同じところに貼ってみようじゃなくて、なぜここに貼ったらクリック率が上がったのかを考えてみてください。

ブログを読むのは人間です。すべて行っている施策って読者のためってのを忘れちゃいけないんです。もし何かについて記事を書くとき、それを読んだユーザーを満足させる自信があるのなら、別に500文字だっていいわけです。

施策だけでなく記事の内容についても、この情報を求めているユーザーはどんな答えを求めているのかを考えて盛り込めば必然的に質の高い記事が出来上がります。

このように言葉の表面だけじゃなくその真意は何かを考える。そういった意識を持って、検索者の意図を読んだり、なぜこれは効果があるのかその本質を考える癖をつけたおいた方がいいです。

でないと、自分には効果がなかったとか、間違った情報をそのまま気づかずに実行する恐れがありますからね。

こういう意識付けって慣れないと大変ですが、普段の生活でも意識することで鍛えられると思うんです。

例えば、なぜコンビニのレジにはガムとか饅頭とか置いているのか?これってお客さんについでに買ってもらうためですよね。

ブログに置き換えると、記事下に関連記事並べますけど、これって読者についでに読んでもらえるから設置しているんです。何も考えずに標準機能だから勝手に設置されてるんじゃなくて意味があるんですよね。

分かりやすい例を出しましたけど、普段からなぜそうしているのか、なぜうまくいっているのかを考える癖をつけておけば、それをブログにも活かせるはずです。

他の人がうまくいってることをそのまま真似ても、必ず自分のブログでプラスになるとは限りません。でも成功している理由(本質)さえ分かれば応用できますよね。

なので、ぜひ意識してみて下さい。