サイト内のどのリンクから成果につながったのか把握しておくことは非常に大切です。必要なリンク、不要なリンクを発見できますからね。

といってもそのままじゃ実際にクリックされているのか把握するのは難しいですよね。そこで使えるのが、Googleのカスタム キャンペーンです。

簡単に自分でカスタマイズしたURLが作れます。例えば記事上や記事下のおすすめ記事のURLにパラメータ「kijiue」「kijishita」を付けたり、別のブログ記事に分かりやすいパラメーターを付けておけば、より細かくユーザーの動きがチェック出来たり、アフィリエイトの管理画面で成果が発生した場合にそのURLが記載されるので、同じ広告を複数貼っているページがある場合はどのページで発生したか分かりやすいんですね。

例えば、
https://tashiteku.com/tensyoku-agent/?utm_source=kijiue
https://tashiteku.com/tensyoku-agent/?utm_source=kijishita
https://tashiteku.com/tensyoku-agent/?utm_source=zangyoukiji

こんな感じで「?utm_source=zangyoukiji」の部分をこのリンクはこれという風に識別しておくんです。

クリックされたかどうかなどはGoogleアナリティクスのレポートの「集客」>「キャンペーン」>「すべてのキャンペーン」で、キャンペーン経由のセッション数、新規セッション率、直帰率、ページ/セッション、平均セッション時間などを確認できます。

「Campaign URL Builder」はこちら
https://ga-dev-tools.appspot.com/campaign-url-builder/

詳しい使い方はこちらの記事が参考になります。
http://big-mac.jp/recommend/lets-use-the-googleanarlyticsurl-generation-tool-campaign-url-builder/