数字のイラスト

ブログのタイトル、文章内で商品やサービスの説明をする時に数字を使うことってありますよね。その時の数字の表し方って意識していますか?

同じ内容や言っていることは同じでも書き方によって相手に与える印象は大きく異なり、その後のアクションにも影響を与えます。

ほんとブログにとって数字の表し方は収益(アフィリエイトの売り上げ)を左右すると言っても過言ではないくらい大切な要素なんです。

たかが数字でしょ?って意識していなかったあなたはぜひ参考にしてみて下さい。きっと収益も含めブログにとってプラスになりますよ!

※ここではブログに当てはめて書いていますが、仕事での営業トークなどにも応用できるのでぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

同じ意味でも数字の使い方で印象は全然違う

では数字の書き方で相手に与える印象の違いを分かりやすく例題を交えて見てみましょう。

これからあなたは手術を受けます。主治医の先生からどういった手術なのか説明を受ける場合、どちらが危険だと感じますか?

  1. 死亡する可能性もありますが生存率90%の手術です
  2. 患者さんの10人に1人が死亡している手術です

どうでしょう、あなたが患者さんだったら2番目の方が怖く感じませんか?

実はこれは両方とも意味は同じなんですよ!でも全然印象が違いますよね?表現の仕方がパーセンテージで表しているのか、絶対数で表しているのかの違いだけなんです。

ではもう1つ質問を出してみましょうか。

先ほどと同じくどちらが危険だと感じますか?

  1. わさび入りのシュークリームを食べる確率は3%です
  2. 100人中3人がわさび入りのシュークリームを食べます

どうでしょう、どちらが危険だと思いましたか? おそらく2番の方じゃないですか?

ネガティブな情報はパーセンテージで表した方がいい

この両方の質問から分かるのは、ネガティブな質問はパーセンテージ(%)で表した方がいいという事です。

人は絶対数の方が現実味を感じます。「あなたがわさび入りのシュークリームを食べる確率は3%です」と聞くとすごく低い確率に感じますよね。

でも、100人中3人がわさび入りのシュークリームを食べますって聞くと、その内の3人に自分が入ってしまうのではないかと想像しませんか? これは絶対数の方が統計に自分を重ねて考えやすくなるからなんです。

つまりネガティブな内容を記載する際はパーセンテージで表した方が、相手の不安は軽減されるという事です。

ブログや営業でネガティブな情報を出さないといけない、その不安を軽減させたい場合はこの表記の仕方を覚えておきましょう。

ポジティブな印象を与えたい場合は実数を使う

ではポジティブな印象を与えたい場合はどうでしょうか? そう、先ほどとは逆に実数を使った方がいいんです。

ブログや実際の営業であなたが売りたい商品がある場合は、パーセンテージではなく絶対数を使って下さい。

例題を見てみましょうか。

  • この化粧品は90%のユーザーが満足と回答しています
  • この化粧品を使用した10人中9人が『満足』と回答しています

上の方も決して悪くはありません、多くの人が高評価をしてくれているって伝わります。でも下の方がより多くの人が満足で高評価をしていると感じませんか?

  • 先着100名様、この商品を1%割引をします
  • この商品の購入者の100人に1人を無料にします

100人の顧客に対して1%の値引きと、100人に1人の顧客を100%値引きするのは結局同じです。

ただ100人に1人の方がもしかしたら自分が無料になるかもしれないから買ってみようかなって思いません?

このように人数の場合は実数の方がよりインパクトが強くなるんです。数字のマジックってやつですね!

数字を使う場合はどの表記がベストなのか意識してみよう

このように文章やタイトルで数字を使う場合は、内容がネガティブなのかポジティブなのかによってパーセンテージが絶対数かを使い分けましょう。

ブログや営業で物を売る場合はネガティブな内容を伝える機会は多くはないと思いますが、おすすめの商品やサービスなどポジティブな内容を紹介する場合は、絶対数(何人中何人、何件中何件)を使ってよりいい印象を与えましょう。

ブログの売り上げを増やしたいなら数字の表現にこだわろう

これ以外にもどう表記した方が相手にインパクトを与えられるのか、よりメッセージが伝わるのか意識して数字を表してみましょう。

お肌に良い化粧品を購入する場合、

  • 94.88%天然成分
  • わずか5.12%しか不純物は含まれていません

あなただったらどちらの記載がされているサイトから購入しますか?どちらも同じ意味ですが、上の書き方の方から買いたくないですか?

また上の書き方の場合は、具体的な数字よりもより100%に近いことが相手に伝われば、お肌に良いというメッセージが際立ちますよね。

このような違いがユーザーへの印象を変え、差を生むのです。

より伝わりよりインパクトを与えられるように使い分けよう

以前、「私がアフィリエイト収入を『158%』UPさせた3つの稼ぐコツ」という記事を書きました。このタイトルでは『158%UP』という数字表記をしています。これって惹きがありますよね。

同じ意味で言い換えれば「1.58倍」でもいいんですが、「158%UP」の方がすごい感じがしませんか。より伝わりよりインパクトを与えればそれだけ読みたいと思ってもらえますし、SNSでシェアしてもらえる確率も高まります。

お菓子やジュースや洗剤のパッケージなどでも10%増量とか表記されているのを見かけますよね。10%=0.1ですが0.1倍増量や1割増と書くよりも10%増量の方が多く感じませんか?このようにケースバイケースで使い分けると良いということです。

ブログで数字を記載する際のまとめ

数字を表す際の表記をまとめると、

  • ネガティブな内容の場合はパーセンテージを使う
  • ポジティブな内容の場合は、絶対数を使う
  • 人数の場合は実数の方がよりインパクトが強くなる(その統計に自分を重ねて考えやすくなるから)
  • その他、おススメしたい商品がある、メッセージを伝えたい場合などはどんな表現の仕方がより伝わるか考えてみて下さい。

同じ意味でも伝え方によって相手に与える印象は異なり、それが結果的にブログの売り上げに影響します。なので、ぜひブログに活かしてさらなる収益アップにつなげましょう。

もっと相手の心理をうまく利用して商品を売るテクニックを学びたい方はこちらの本がおすすめです! 安心の90日間返金保障もあるのでぜひ!

タシテクキャラクター

収益を上げたい方はぜひ!タシテクおすすめ↓

Amazonでも購入できますが、90日の返金保証がある方↑での購入をおすすめします。しかもAmazonより安いので。