宮崎県の海

あなたは地元が好きですか?

実は私は生まれ育った宮崎県が嫌いでした。私が住んでいるところは田舎だったので、遊びに行くところもないし、おしゃれなお店やスポットもない。学生の頃は早く都会に出たいと思ってました。

でもそれが最近になってとても恵まれた環境であると思えるようになってきたんですね。

スポンサーリンク

宮崎県の当たり前は他県の当たり前じゃないことで気が付いた

長年同じところで生活していると日常やっていることが当たり前に感じちゃうんですが、実はそれが地元だけの特徴で、都会や他県に行ってみると普通のことじゃなかったり、不便を感じた経験ありませんか?

それって地元の良さを再認識するいいきっかけになると思うんです。進学して他県に住んでみて、仕事で東京に暮らしてみて、海外旅行に行ってみて、現状の環境や習慣とのギャップを経験することで今まで当たり前に感じていたことが特別であると実感できるんですよ。

私も宮崎県以外での生活や体験をしてみて、改めて地元のいいところを再認識したわけです。

改めて実感した宮崎県のいいところ

ということで私が宮崎県の「ここがいいね!」と思ったところを紹介するので、移住したいとか観光など興味ある方の参考になれば、またあなたの地元の良さを再認識するきっかけになればと思います。

通勤など移動がラク

私が一番宮崎県のメリットとして感じているのが通勤など移動のラクさです。以前、仕事で東京に一ヶ月間滞在していたことがあったんですが、毎朝電車での通勤が苦痛でたまりませんでした。

宮崎県って車社会なので基本的にどこに行くにしてもマイカーなんです。私の周りでもプライベートで電車やバスなどの公共交通機関を使っている人はほとんどいません。(お年寄りや車を運転できない方はもちろん使ってますが。)
※ちなみに私が過去1年間に宮崎県内でバスや電車に乗った回数は0回でした。

なので満員電車とか気候や電車のトラブルで人が溢れかえる状況なんて経験したことがないんですよ。

しかも宮崎県って日本一通勤時間が短い県なので通勤に1時間以上とかも考えられません。私の場合、毎日通勤は15分かからないくらいですが、通勤に2時間かかっている人と比べたら生涯でどれくらいの差が付くんでしょうね。考えただけでも恵まれているなと思います。

移動は基本的に車なので運転が面倒だとか人によってはデメリットに感じるかもしれませんが、私にはこのスタイルがあっています。

食べ物がうまい

宮崎県は肉も魚も野菜もおいしいです。宮崎県都城市のふるさと納税の商品は、生産量日本一の肉(牛・豚・鶏)とメーカー売り上げ高日本一の焼酎なんですが、2016年の寄付金額は全国1位でした。

また先日ローカル番組に出演していた「地域 × クラウドファンディングを行っているFAAVO」という会社のスタッフさん(県外からの移住者)も宮崎県は食べ物がおいしいと言っていました。

やはり県外の人からの「食べ物がうまい」という発言は宮崎の食に高評価をいただいている証拠です。私自身それについてあまり意識したことがなかったんですが、やっぱり自然が豊かなので肉も魚も野菜もうまいんですね。

安全安心でおいしい物を食べられるってことは宮崎県の大きなメリットの1つだと再認識したところです。

自然(海や山や川)にすぐにアクセスできる

宮崎県は自然が豊かです。学生の頃は山や海ばっかりで、遊びに行くおしゃれなお店やスポットが少なく、逆にこれをデメリットだと思っていました。

でも大学時代の友人が宮崎の海を気に入って休みの日にサーフィンに来たり、山にクライミングに来たり、ゴルフをプレーしに来るなど、自然をうらやましがられることが増えました。

私が住んでいる地域は海も山も川も車で15分あればアクセスできます。なので子供と一緒に夏は海や川で水泳やキャンプ、春や秋には登山やマラソンなどアウトドアでいろいろな体験がすぐにできます。

デジタルな遊びはどこでもできますが、自然とのアナログな遊びはその地域でしか楽しめないですからね。

関 連 宮崎に住んでるのにサーフィンもゴルフも釣りもやってない僕は損してる?

人が優しい、温厚

これも他県の人からよく言われることです。どうも宮崎人は温厚な人が多いらしいです。確かに田舎なので近所の人が畑で採れた野菜をくれたり、いろいろ差し入れをくれますし、何かあったら助け合うって意識は都会よりは強いかもしれません。

県外から出張で来た方は優しい人が多いねと言っていました。仕事でお客さんのところに行くと必ずお茶が出て野菜などのお土産をもらうとか、仕事のトラブル時も「明日でいいよ」とか都会に比べてそこまでシビアじゃないと言っていました。(仕事がいい加減ってわけじゃないですよ)

また別の友人はタクシーを呼んでもお金かからないし、乗って走り始めてしばらくしてメーター回し始めてくれたといって喜んでいましたね。

別にそれも当たり前だと思っていましたが、都会ではタクシーに来てもらうのにもお金かかったり、すぐにメーター回して計測するんですかね? どうなんしょう?

そういったところにも宮崎人の人柄が出てるってことですかね。

生活コストが安い

宮崎県は日本一物価の安い県なんです。一番分かりやすいのが家賃でしょうか。東京で支払うワンルームの家賃で宮崎だったら一戸建てが建てられますからね。生活費の多くを占める食費や住居費が安いのは非常にメリットが大きいですね。

もちろん都会に比べたら賃金もその分安いですが、暖かい気候で自然と一緒にのんびり暮らしたい、子育てしたい人にはぴったりの環境です。その生活費のコストから定年後に移住した人も何人も知っています。

このようにお金もかけなくても豊かな暮らしができるのは宮崎県の素晴らしい所だと感じます。

関 連 [宮崎在住36年]の僕が宮崎に移住をおすすめする3つの理由と支援情報を紹介

いかがだったでしょうか。私が改めて感じた宮崎県のいいところを紹介しましたが、細かな事をいえば他にもまだまだたくさんあります。本当にいいところなので移住や観光などぜひ遊びに来てください♪

一度外に出てみると地元の良さを再発見できるよ

最後に過去の私みたいに地元が好きじゃない人へメッセージです。もし早く地元を離れたい、嫌いだという人は一度外に出て生活してみることをおすすめします。

今まで当たり前だったことが当たり前じゃないことに気付くはずです。そしてそれが地元の良さを見直すきっかけになります。

私も今までデメリットだと思っていたことが、年齢を重ね県外で生活したり別の環境で暮らしてみて、それが恵まれていることだと気づきました。当たり前にある物って失ってみないと分からなかったりしますからね。

私もこれを機にこの環境で生活できることを当たり前じゃないと意識して大切にしていきたいと思います。