記事のテーマは一つにした方がいいよって話です。

ブログを始めた月(1年前)に書いた記事がありました。タイトルは「作業の効率化と好きなことでお金を稼ぎたいならクラウドソーシングがおすすめ」

この記事ってタイトルに含まれているキーワードで検索してもずっと圏外だっんです。

内容的には、
・作業を効率化するならクラウドソーシングがおすすめ
・好きなことでお金を稼ぎたいならクラウドソーシングがおすすめ

ってことを伝えたくて、落とし所はクラウドソーシングで同じなんですが、「作業効率化」と「好きなことでお金を稼ぐ」という2つのテーマがあったんですね。

でもこの記事を読む人って同時にこの2つを求めている人より、1つずつを求めている人の方が多いと思うんです。最終的におすすめしているクラウドソーシングは同じですが、作業の効率化と好きなことでお金を稼ぐことって別物ですからね。

検索エンジン的にもどちらを伝えたいのかが分からなかったのでしょう。どちらのキーワードで検索しても圏外だったので2つの記事に分けました。

それがこちら、
好きな事でお金を稼ぎたい人におすすめのクラウドソーシング3選と活用法!

作業を効率化したいならクラウドソーシングに外注するのがおすすめ!

それで更新してから1週間経った検索順位はというと、

  • 好きな事でお金を稼ぐ:36位
  • 好きな事でお金を稼ぐ クラウドソーシング:1位
  • 作業効率化 クラウドソーシング :1位
  • 作業効率化 外注:12位

※2017年1月16日現在

さらに3日後↓

  • 好きな事でお金を稼ぐ:27位
  • 好きな事でお金を稼ぐ クラウドソーシング:1位
  • 作業効率化 クラウドソーシング :2位
  • 作業効率化 外注:9位

※2017年1月19日現在

今まで圏外だった記事を分けることで、より内容が充実して伝えたいことがハッキリしたからでしょうね、上位に上がってきています。

しかも「作業効率化+クラウドソーシング」と「お金を稼ぎたい+クラウドソーシング」で検索している人は、あとはどのクラウドソーシングを使おうが迷っている人、実際どうなんだろうと調べている人だと想定されるので、アフィリエイトの成約率も高くなります。

つまり内容がハッキリするので読んでくれるユーザーの質も高まるということ。実際にもう何件か成果はでています。単価は低いですけどね~_~;

ということで、テーマは伝えたいことがブレるので1記事1テーマにした方が良さそうです。

ただし現状ですでにアクセスが集まっているのなら無理に分ける必要はありません。私のように圏外で誰にも読まれたいないような記事に限ります。

スポンサーリンク

記事で紹介しているクラウドの活用はおすすめ

記事のなかでも書いていますが、苦手なことは外注した方が時間的なコストも節約できます。

私はココナラでロゴや画像を作ってもらっていますが、自分でやっていたら時間もかかるし、センスもないんですよ。それがたったワンコインからお願いできるし、メールのやり取りだけでOKなので、もし自分の苦手なことがあったらお願いしてみるといいですよ。

他にもオリジナルのイラストなどをお願いして記事に使えば他のブログとの差別化にもなりますからね。そしてそれを記事にして上位にくれば外注費もアフィリエイトで元を取れます。

あと私は利用していませんが、デザイン系だけでなく記事の執筆も外注できます。いくつもサイトを運営している人や外注の記事のみで作ったサイトを運営しているアフィリエイターさんも多くいます。

どうしても一人で何もかも行うのは大変ですから、時間のかかることや苦手なことは外注して生産性をあげてみるのも良いかもしれませんね。

記事の外注に関してはテーマにあった記事を書いてもらうだけでなく、実際に商品を使ったレビュー記事などもやってくれますので、予算と相談しながらうまく利用するといいでしょう。

ただ外注した記事の質には賛否あるようなので、きちんとしたライターさんを選べるかどうかなど慎重にする必要がありそうです。

話が逸れましたが記事を書く際はテーマをハッキリさせ、内容がブレないようにしぼって書きましょう。もしそういった記事があったらリライトしてみて下さい。