アフィリエイトなど売り上げを狙った記事を書いた場合に私が実践していることを紹介します。

私のブログでこちらの転職先を紹介したページがあります。

今の会社で一生終わりたくない方へ、失敗しない為の転職準備!

このページからはアフィリエイトの成果が発生しているんですが、ほとんどが他の記事からの流入です。

読者が検索エンジンからこの記事を読んでというケースは少ないです。その理由は単純に検索順位が低いから。

このように検索エンジンの検索順位は低くても、それに興味あるユーザーに読んでもらえれば成果につながります。

これはユーザーの属性を考えれば当然です。悩みを持って情報を探している人と、たまたまSNSから情報が流れてきて何となく読んだ人とでは意識が違いますからね。流入元はどこであれ、そのユーザーが興味を持っているかいないかが重要です。

じゃあ検索されない(順位が低い)記事を読んでもらうためにはどうすればいいか?

それはその記事に関連する記事から誘導すればいいんです。

例えば先ほどの記事で「転職 準備」というキーワードを狙って記事を書いてうまくいけばいいのですが、なかなか上位にこない場合、転職の準備をしようとしている人はどんな人なのか考えます。

例えば、残業ばかりで疲れている人、上司との人間関係がうまくいってない人、給料を上げるためにキャリアアップを考えている人などをターゲットに記事を書き、「転職の準備を進めるならこちらの記事を参考にして下さい」という感じで誘導します。

そのような記事を増やせば、元々の記事自体が検索されなくても読んでもらうことができますよね。要は落とし所が狙ったページにつながるような記事を増やしていくってことです。

仕事関連のコンテンツが多い5セカンズというサイトがあるんですが、こちらの仕事関連の記事の最後にはほとんどと言っていいほど、アフィリエイトを狙ったページへのリンクが掲載されています。

アフィリエイトページに関連する記事を増やし、そこへ誘導させて成約を狙っているんですね。

またもう一つのメリットとして多くの記事から内部リンクが貼られるので、そのページの重要性が増してSEO的にも効果が期待できます。

ということで、アフィリエイトなど成果を狙ったページを作ったら、それで終わりではなく関連する記事をたくさん書いてそこからリンクを貼り動線を増やしてみて下さい。