今回はコンテンツのリサイクル化について書きたいと思います。

スポンサーリンク

ブログ記事をリサイクルすることで得られるメリット

ブログで書いた記事が溜まってきたらそれを再利用することで様々なメリットが得られます。

例えば月額980円で書籍が読み放題のKindle Unlimited。最近話題になってますよね。Kindle Unlimitedは自身の電子書籍を登録してユーザーに読んでもらうことが出来ます。

これを利用した場合、記事数の多いカテゴリーの記事をまとめます。私の場合だとブログとか仕事のカテゴリーになりますが、ブログによってはカフェにランチや食事に行ったところをまとめてグルメ本みたいな感じで電子書籍化することもできるわけです。

このようにコンテンツを再利用して電子書籍化しているブロガーさんは多くいます。私はKindle Unlimitedではないのですが、ブログカテゴリーの記事をまとめてnoteマガジンに再利用しています。

その際のメリットはコンテンツの再利用なのでイチから作る必要がなく労力も少なくて済むということです。

新たな収益アップに繋がる

手軽な上に電子書籍化やnoteなど様々なプラットフォームでコンテンツを露出させることのメリットは、そこで発生する新たな収益ですね。

今までブログで無料公開していたコンテンツを編集してまとめて見やすくするだけですが、ブログ読者とユーザー層が違うので有料にしても購入してくれる人はいます。
※ちなみにKindle Unlimitedは本が読まれたページ数に応じて収益が入ります。

このように無料だった記事をまとめて編し、値段をつけることで収益が発生するのが一つのメリットです。

最終的に誘導したいサービス(ブログ)への導線となる

もう一つのメリットが、多くのユーザーに自身のブログやサービスを知ってもらうきっかけになるということです。

つまりリサイクルしたコンテンツを辿って最終的に自分が誘導したいサービス(ブログなど)に誘導できるんです。

ブログであれば検索エンジン(YahooやGoogleなど)、SNSが主な導線になりますが、noteやKindleを使うAmazonユーザーだってターゲットにできるわけです。

例えばヨガ教室をやっていて、それを活かしたダイエット記事をブログで書いているとしましょう。ある程度記事が溜まってきたらKindle Unlimitedやnoteなど他のプラットフォームに再利用して公開します。

そのコンテンツの最初や最後、目次の間などに自身のブログの案内やリンクを入れておくことで、それに興味を持った人がそのリンク先に訪問してくれるんですね。それがきっかけでその人がヨガ教室へ入会してくれる可能性が生まれるわけです。

このように露出を増やせば単に電子書生を買ってもらう単発の収益だけでなく、最終的に自分が誘導したいサービスなどの導線として活用できるので幅も広がります。

なのである程度コンテンツが溜まってきたら、それをまとめて他の媒体で再利用してみると、新たな収益化+認知度のアップ+興味を持った質の高い人をブログやサービスへ誘導できる=最終的に目的達成にプラスになります。

手間もかからずおすすめなのでぜひやってみて下さい。