行列に並ぶ人たちの写真

知り合いの美容師さんから、お店のホームページを使って集客したいと相談を受けました。

わたしの美容室は目立たない場所にあり、人通りも少ないので、飛び込み客や歩行者に見つけてもらうことがほとんどありません。

お店で待っていても集客できないので、チラシやビラをポストに配ったりもしましたが、効果は感じられませんでした。

それでインターネットで集客しようと思ったのですが、昔作ったホームページは問い合わせどころかアクセスも全然ありません。

ブログやSNSをやっている美容室も多いので、わたしも活用していきたいです。

この相談に対してわたしがアドバイスし、ホームページを最適化した翌々月に集客に繋がったお客さんは1人/月→21人/月に増えました。

集客率はなんと21倍です!

ここではその美容室のホームページで集客するために行った対策をご紹介します。

新規のお客さんを増やし、そこからリピーターになってもらえれば経営の安定にもつながりますのでぜひ参考にしてください。

※サロンオーナーさんでなくてもさまざまな業種で応用できるので、店舗を構えて商売している人もどうぞ。

スポンサーリンク

美容室のホームページで集客率を上げるためにやった対策

ではわたしが行った具体的な対策を紹介していきます。

ホームページをスマホ対応させる(サイトのレスポンシブ化)

その美容室のホームページは、かなり昔のホームページビルダーというパソコンのソフトを使って作成しており、スマホ対応ができていませんでした。

あなたもこんな経験ないですか?

スマホでホームページを見たときのデザインがパソコンと一緒で、文字が小さくて見にくい、ボタンも小さくて押しにくい… なんてこと。

最近ではパソコンよりもスマホで検索する人が増えてますから、ホームページはスマホで見やすいレスポンシブデザイン(スマホ用に最適化されたデザイン)にしておいたほうがいいです。

使い勝手の悪いホームページはユーザーを離脱させる原因になってしまいますからね。

最適化といっても難しくはなく、よっぽど古いソフトやサービスを使わない限り、最近では最初からスマホ対応のサイトを作ることができます。

例えば、WordPressというブログやサイトを作るシステムは、なにも意識しなくてOKです。自動でスマホ対応してくれます。

こちらのGoogleのサービスで、モバイル端末でのページの使いやすさをテストできるので、ブログやホームページを持っている人はチェックしてみてください。

モバイルフレンドリーテストをする

※「このページはモバイル フレンドリーです」と表示されればOKです。

ホームページのタイトルや説明文に地域名や場所を入れる

美容室って実店舗を構えてやる商売ですから、お店がある地域名や最寄りの駅名など場所の情報は記載しておいたほうがいいです。

変更前
◯◯美容室
◯◯美容室はお客様一人ひとりに合ったスタイルを提案し、あなたらしさをプロデュースするヘアーサロンです。

変更後
宮崎県宮崎市にある◯◯美容室
◯◯美容室は宮崎県宮崎市◯◯町、宮崎駅から車で10分。お客様一人ひとりに合ったスタイルを提案し、あなたらしさをプロデュースするヘアーサロンです。

このようにホームページのタイトル部分や説明文に地名や美容室がある場所が分かるようなキーワードを入れてあげるとSEO(検索エンジン最適化)的に効果的です。

またその地域で、

  • 自宅や職場近くの美容室を探している人
  • 好みにあったお店を探している人
  • 希望する料金や時間帯にあうお店を探している人

このようなユーザーの目にも止まりやすいというメリットがあります。

美容室の名前、住所、電話番号の記載は統一する

例えば、Googleで「宮崎市 美容室」などローカル検索(地図検索、プレイス検索)をした場合、いくつかの美容室がGoogleマップに表示されます。

こんな感じですね↓
「宮崎市 美容室」でローカル検索したときの検索結果

ここに表示されやすい要因として「サイテーション」があります。

サイテーションとは、他のサイトに書かれた「店舗や会社の名前、住所、電話番号などに関する記述」のこと。

  • 美容室の名前(Name)
  • 住所(Address)
  • 電話番号(Phone)

これらの頭文字をとって「NAP」とも言います。

美容室のNAPが他のサイトで紹介されることは、検索結果の評価に影響すると言われており、その表記は同一であるほうが好ましいです。

つまり、以下のように記載に違いがでないように統一したほうが良いってこと。

エービーシー美容室
宮崎県宮崎市1丁目1-1あいうビル2階
0985-◯◯-◯◯◯◯

ABC美容室
宮崎県宮崎市1-1-1アイウビル2F
0985◯◯◯◯◯◯

なので、ホームページ内だけでなくFacebookやTwitter、Instagramなど自分で記載が可能なNAPは、きちんと統一されているか確認してみてください。

お店の情報をなるべく開示する

これはホームページへの流入を増やすことに加えて、そのユーザーを顧客にするための施策でもあります。

例えば美容室に限らずですが、

  • お店の中が見えない
  • 料金が分からない
  • どんな人がやっているのか分からない

このようなお店って入りにくいし不安ですよね。

もしあなたがお寿司屋さんに入るとき、お店の雰囲気や料金が分からなかったら入るの不安じゃないですか?

それと同じ。

もしイメージや雰囲気だけで判断され、集客を逃しているとしたらもったいないでしょ?

だから、お客さんに「こんな美容室ですよ」って少しでも知ってもらい、不安を取り除く材料として開示できる情報はホームぺージに載せてあげましょう。

具体的には以下のようなことがあります。

ヘアーギャラリーを作る

カットやパーマ、ヘアカラーなど施術したお客さんのスタイルを載せておくことで、

  • 美容師さんの得意なスタイル
  • 技術スキル
  • 好みに合っているか

などをユーザーが判断する材料になります。

またFacebookやInstagramなどSNSでスタイルを投稿することで、美容室に興味を持ってくれた人を集客できますし、お店に来てくれたお客さんが自分のスタイルを投稿、シェアすることで宣伝にもなりますからね。

その際に1つだけポイントがあります。
ショートボブの女性
かわいいボブスタイルです。

ショートボブの女性

このショートボブスタイルの特徴は小顔効果です。丸顔が気なって髪を短く切れない人にもおすすめ。

またくせ毛の人でもお手入れしやすいので、これまでよりセットが楽になったとの声も多くいただいております。



上の写真のようにタイトルと写真だけ、もしくは写真とコメント1行だけみたいな投稿はしないこと。

そのスタイルのポイントや似合う輪郭など、読者の参考になる情報も付け加えてあげること、それとユーザーが検索しそうなキーワードをタイトルや説明文章に入れましょう。

そうすることで価値を付加できますし、検索エンジンからの流入も見込めるようになります。

内観写真を載せる

相談を受けた美容室は外観写真は載せていたんですけど、内観写真がなかったのでホームページに追加しました。

飲食店でもそうですけど、店内が見えないお店って入りにくいじゃないですか。

でもカットスペースやシャンプー台など内装を見せることでお店の雰囲気が伝わりますし、オーナーのこだわりとか趣味もそこで分かります。

そうするとこで、初めて来店するときの不安軽減につながり、お客さんの「お店に入る勇気」のハードルを下げる効果を得られます。

料金を載せる

まぁこれはやっている美容室は多いと思いますが、一応記載しておきます。

これはどの業種でもいえますが、何がいくらなのか料金が明確だと安心感がありますよね。

美容師、技術者の顔写真を載せる

こちらも重要です。やはり相手の顔が見えるって安心ですよね。いきなりお店に入って強面の人が出てきたらビックリするじゃないですか。

男性なのか女性なのか、そこが気になるお客さんもいるでしょうから、顔が出せるのであれば写真を入れておいたほうがより良いですね。

ブログを始める

macbookでブログを書いている写真

ホームページは作って終わりじゃなく、見込み客に見てもらわなければ意味がありません。

その見込み客の集客を増やすためには、ホームページへの入り口をより多く用意しておくと効果的です。

その方法の1つがブログ。ブログ記事の数だけホームページへの入り口が増えるので、やっておくに越したことはありません。

ブログに投稿するコンテンツ(記事)の内容は重要

ブログといってもアップする内容が大切です。

そもそも見込み客を呼び込むことが目的ですから、美容師として髪の悩みを持つ人に情報を提供することがベストですね。

  • それぞれの輪郭にあった髪型の選び方
  • 頭皮にいいシャンプーの選び方
  • 髪の乾かし方のコツ

など、美容師だからこそ書けるコンテンツを投稿していきましょう。

こういったコンテンツってお店とはかけ離れた地域の人が閲覧する可能性も大ですが、その情報が有益であればシェアしてくれたり、別のブログやサイトで紹介してくれることにつながります。

そうするとホームページ(ドメイン)自体が強くなって、検索上位に表示されやすくなるというメリットもあるんです。

また友達や常連客などブログを見てくれる人だったらシェアしてくれて、それが宣伝になりますからね。

日記などプライベートなことや読者の役に立たない情報は投稿の比率を減らすか、なるべくSNSに投稿して、ブログでは美容師だからこそ提供できる有益な情報を発信しましょう。

Googleマイビジネスへ登録する

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップで、あなたのビジネスをアピールできる無料のサービスです。

検索した時にこのような表示を目にしたことがあると思います。これがGoogleマイビジネスです。
googleマイビジネス

美容室の外観写真や営業時間、電話番号、口コミなどの情報が表示されるので集客には非常に効果的です。

無料で使えるのでぜひ活用しておきましょう。その際に各項目はできるだけ入力し、ユーザーに詳細な情報まで伝わるようにしておくことをおすすめします。

Googleマイビジネスに登録する

ホームページで集客力をアップさせてお客さんを増やそう

ホームページを活用して美容室への集客を増やす対策をまとめると、

  • スマホでも見やすいホームページにする
  • ホームページのタイトルや説明文に地域名や場所を入れる
  • 美容室の名前、住所、電話番号の記載は統一する
  • お店の情報をなるべく開示する
  • ブログを始める(美容師だからこそ書ける記事を投稿する)
  • Googleマイビジネスへ登録する

まだやっていない項目が多いほど高い集客効果を期待できますので、ぜひあなたのホームページにも取り入れてみてください。

紹介したことで分からないことがある、集客のサポートしてもらい方にはサポートサービスも行っています。

詳しくはこちら↓
関 連 ブログで集客したい、できないオーナー様へおすすめのサービス