魔法の本を読んでいる少女

想像してみてください。

  • 毎日0ゼロだったクリック数が10になったら…
  • 報酬1,000円の案件が1日1件、発生するようになったら…
  • 報酬3,000円の案件が月に10件から20件に増えたら…

ニヤニヤが止まりませんよね!

アフィリエイト収益を増やすための情報や対策ってネットで検索すればたくさん転がっています。

しかし、効果があるにも関わらずあまり触れられていないのがマイクロコピーです。

マイクロコピーとは、読んで字のごとく「マイクロ=小さな」「コピー=キャッチコピー」のことです。

具体的にはアフィリエイトリンクの文言、入力フォームまわりの説明文などを指します。

実際にこのブログでもマイクロコピーを意識して最適化したことで、わずか1週間で成約件数が1.7倍になった記事があります。

ユーザーを満足させるコンテンツの作成やリライトは時間や労力を必要とします。

しかしマイクロコピーはちょっとした時間と工夫でアフィリエイト収益を伸ばすことができるんです。

ここではそのマイクロコピーのテクニックを紹介するので、少ない労力で大きく収益を増やしたいブロガーやアフィリエイターは、ぜひサイトに取り入れてみてください。

スポンサーリンク

アフィリエイトの収益が伸びない原因はリンク周りにあるかもよ?

記事(コンテンツ)にはアクセスがあるのに、全くアフィリエイトリンクがクリックされていない、クリック数が少ないって経験ないですか?

アフィリエイトで収益を増やすためには当たり前ですが、まずはユーザーにアフィリエイトリンクをクリックしてもらう必要があります。

そのためにはユーザーを納得させるだけのコンテンツを用意するのが一番重要ですが、それに加えてリンクをクリックする直前に、

  • 少しの不安が残っている
  • 感情を揺さぶられない
  • ボタンのデザインや文言が怪しくて躊躇する

このような障害となる原因を取り除く必要もあります。これが原因でチャンスをみすみす逃しているとしたらもったいないと思いません?

タシテクキャラクター

頑張ってテスト勉強したのに、名前を書き忘れて0点になってしまうようなもんです。

努力が水の泡になるなんてもったいない…

だから最後まで気を抜かず、アフィリエイトリンクをクリックしてもらうための工夫もしておかないとせっかくの収益を逃してしまいます。

じゃあ、どうすれば良いの?って話ですが、冒頭でも書いたマイクロコピーを見直すんです。

マイクロコピーの最適化でアフィリエイトの収益は変わる

単語集

アフィリエイトリンクってけっこう無意識に設置しがちなんですが、それが機会損失の原因になっているかもしれなのできちんと見直してみましょう。

例えば、

  • 詳細はこちら
  • 〇〇の公式サイトへ
  • 1ヶ月間無料体験はこちら

これらのリンクの文言って無意識に使っていませんか?

もしくは他のブロガーの文言や装飾を単にマネしただけや、WordPressテーマの標準機能をそのまま使っていることってありません?

もしかするとそれが収益が増えない原因になっているかもしれないんです。

下の3つのサンプルリンクを見てください。実は装飾やテキストを変えるだけでクリック率って変わるんですよ。
※下のボタンはクリックしても何も起こりません。

無料体験はこちら
無料体験をする

無料体験をする
※いつでも解約できます

ではなぜたったこれだけで効果に違いがでるのか?

人の行動を促す3つの要素を満たせているかどうかの違い

人が行動を起こすには3つの要素が絡んでいます。その3つの要素とは、

  • ユーザーの動機付け
  • 行動の妨げになっている障害
  • 行動のきっかけとなるトリガーです。

マイクロコピーにはこれらの要素を満たす効果があるので違いが出るんですね。

すでに強い動機を持っている人が対象だから効果が出やすい

アフィリエイトリンク(コンバージョンボタン)を押そうか迷っている人は、すでにアクションを起こす動機を持っています。

つまりあと一歩のところで迷っている人たちが対象なので、効果が出やすいんです。

ユーザーの行動障害を下げるのに効果的

ユーザーはいくら動機を持っていても「行動しない理由」を抱えています。

面倒臭い、費用が高い、分かりにくいなど、こうした障害を取り除くことができるのがマイクロコピーです。

ちょっとした言葉の改善で「行動しない理由」をなくしCV(コンバージョン)を増やすことができるんです。

行動を起こす合図を出せる

動機が高まり、障害がなくなったらあとは人を行動させるトリガー(引き金)だけです。

メリットや特典で行動の意欲をかき立てたり、アクションを後押しする情報を知らせる、疑問や不安をなくしてあげるなど、マイクロコピーできっかけとなる合図を出すことができるんです。

タシテクキャラクター

これらがマイクロコピーでアフィリエイト収益を伸ばすことができる理由です。

アフィリエイトの収益を増やすマイクロコピーテクニック

では実際にこのブログでも効果があったマイクロコピーのテクニックをいくつかご紹介します。

アフィリエイトのリンクによっては自由にテキスト変更することがNGで、広告主から用意されたテキスト(文言)をそのまま使わないといけないケースもあります。

アフィリエイトリンクはユーザーにメリットが伝わるテキストにする

人は最後の最後まで行動しない理由を探しています。その迷いを消して背中を押してあげるにはメリットやベネフィットを伝えてあげるのが効果的です。

たとえば分かりやすく効果的なのが「無料」の文字です。みんなタダには弱いですからね。

firefoxダウンロード画面

会計ソフトfreee申込画面

amazonプライム申込画面
  • ブラウザのFirefox
  • クラウド会計ソフトのfreee
  • Amazonプライム

など多くの大手企業もこの無料というワードをリンクボタンに入れています。つまりそれだけ効果が高いという証拠です。

下のリンクはいっけん同じように見えますが、無料というワードを入れ替えています。
資料を無料でダウンロード

無料で資料をダウンロード
※クリックしても何も起こりません。

たったこれだけで売り上げが1.5倍になったというデータもあるくらいです。

リンク周りに不安を取り除く言葉を入れる

人は少しでも不安な要素が残っていると行動しません。

  • ほんとうに効果あるの?
  • じつはお金がかかるんじゃないの?
  • 無料体験なのにクレジットカードの登録はちょっと…心配

コンテンツで不安を取り除くことに加えて、アフィリエイトリンク周りでも不安を払拭できるようひと押ししてあげます。例えばリンクボタンの下に、

カートに入れる
※30日間返金保証

体験コースはこちら
※いつでも解約可能です

無料体験を始める
※クレジットカードの登録は必要ありません

このようにユーザーが不安に思っている要素を打ち消す言葉を添えてあげるだけで、クリック率は変わってきます。

数字や単位を内容によって変える

人は物事を検討しているときは数字に意識が向いて、その後の将来についての事柄では単位に注意が向きます。

例えばAmazonプライムやNetflixなどでもよく使われる「1ヶ月間無料体験」

この場合さきほどのロジックを応用すると、ユーザーが無料体験をするかどうか検討している状況では数字に意識がいくので、1ヶ月間よりも30日間と記載した方が期間を長く感じさせることができます。

また登録はたったの120秒と書くより、たった2分と書いたほうが手軽に感じられるわけです。
※クリックしても何も起こりません。

登録はたった120秒↓
1ヶ月間無料体験をする

登録はたった2分↓
30日間無料体験をする

数字と単位を変えただけで言っていることは同じです。でもこれだけで印象が違いますよね。
数字の見せ方についてはこちらの記事もおすすめです↓

このようにマイクロコピーを最適化することで、アフィリエイトリンクのクリック率を増やし、収益増加につなげることができるんです。

実際にわたしのブログでも上記の対策でクリック率が1.7倍増えたものもあります。

マイクロコピー変更
1週間のクリック数の変化ビフォー:58アフター:98

なので、アフィリエイト収益を増やしたいブロガー、サイト運営者はぜひ設置してあるリンクのテキストやその周りの文言を見直してみてください。そうすることで成果につながるはずです。

タシテクキャラクター

というわけで、少ない労力で大きく収益を増やすマイクロコピーの紹介でした。

ここで紹介したマイクロコピーのテクニックはほんの一部にすぎません。もっと詳しく知りたい、さらに細かくブログやサイトを最適化したい方はこちらの本を読んでみてください。

長い時間と労力をかけずに、すぐに実践できて収益アップに効果が期待できますよ↓

収益を最適化するためにビフォー・アフターできちんと成果を検証しよう

上記で紹介したマイクロコピーのテクニックは確かに効果的です。

しかし紹介する商品やサービスによって効果は異なります。これはわたし自身も実感していて、Aの商品では効果があったけどBの商品ではイマイチなんてこともありました。

なので、書かれてある内容をそのままマネして放置するだけでは収益を最大化することはできません。

実際にビフォー・アフターでどれくらいの効果が出たのか分析、検証する必要があります。これで良くなっただろうではダメ、きちんと数字を見てベストなマイクロコピーを見つけてください。

といっても数字には弱いし、検証なんて面倒くさいというあなたへ、WordPress限定にはなりますが、簡単に成果を検証できるA/Bテストプラグインをご紹介します。

A/Bテストとは、AパターンとBパターンのどちらか良いのか判断するためのテストです。

たとえば、

Aパターン. 1ヶ月間無料体験をする

Bパターン. 30日間無料体験をする

どちらのリンクがクリックされているのか判断したいときに行います。

WordPressで簡単にA/Bテストができるプラグイン

プラスインという企業が無償で提供してくれている「プラスインABテスト」というプラグインです。
※個人(個人事業主含む)は無料ですが法人は有料になります。

まずこちらのサイトから「プラスインABテスト」をパソコンのデスクトップなど分かりやすい場所にダウンロードします。

「plusin-ab-test.zip」という名前のファイルがダウンロードできたと思います。
※ファイル名はサイト様の都合で変更になる場合もあります。

つぎにWordPress管理画面の左メニューにある「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックし、「プラグインのアップロード」⇒「参照」をクリックし、先ほどダウンロードした「plusin-ab-test.zip」を選択して「今すぐインストール」をします。
 プラスインABテストプラグインのインストール画面

インストールが完了したあとにプラグインを有効化すれば、メニューの左側に「ABテスト」の項目が追加されるのでクリックします。

ここからは設定です。まず「プラグイン設定」のタブを開き、設定最大数を決めます。これは何項目テストするかですね。ここではとりあえず3にして保存します。すると設定1~設定3のタブが追加されます。
プラスインABテストプラグインの設定画面

設定1のタブを開き各項目に入力していきます。AのhtmlからDのhtmlまで同時に4つのパターンをテストすることができますが、ここではAとBの2つだけ設定してみます。
プラスインABテストプラグインの設定画面

分かりやすい名前を付けます
Aパターン。テストしたいリンクを入力します
Bパターン。テストしたいリンクを入力します
AとBそれぞれ表示させる確率を決めます。公平に測定するため、それぞれ50%の確率で表示されるようにします

変更を保存するとショートコードが表示されるのでコピーして、表示させたい箇所に貼り付けます

②と③に記述するリンクのhtmlは通常記事に記載してあるコードをそのまま貼り付ければOKです。アフィリエイトリンクもそのまま同じように記述してください。

それとWordPressテーマのSTORKなどで使われている以下のようなショートコードはうまく動作しないようなので、装飾なしにするか、htmlでデザインを同じにしてください。

NG例:[btn class=”rich_pink”]アフィリリンクのURL[/btn]

以上ですべての設定は完了です。試しにショートコードを設置した記事やページを再読み込みしてみてください。AパターンとBパターンのリンクが交互に表示されると思います。

ある程度アクセスのある記事であれば、すぐにデータに反映されますが、アクセスが少ない、クリックされないとデータ反映されないのでしばらく待ちましょう。

データの確認は「クリック数一覧」タブでできます。

どちらがどれくらいクリックされているのか、視覚的にグラフで判断できますし、右の項目ではそれぞれのクリック数も確認できます。
プラスインABテストプラグインの検証結果確認画面

プラグインの説明は以上です。

これでアフィリエイトリンクが最適化されれば、ASPの管理画面を開いてため息をつくことも減るでしょう。

逆に成果発生のお知らせが楽しみで仕方なくなりますよ!

ぜひ効果のあるマイクロコピーを取り入れて、最適なパターンを見つけてくださいね。