アクセスの少ない記事のnoindexについて

サイトに低品質な記事があるとサイト全体に悪影響となり、Googleのアルゴリズムで検索順位を下げられます。

それでよく耳にするのが、低品質な記事をnoindexにするSEO対策です。

noindexとは検索エンジンにサイトをインデックスさせないタグのことです。検索結果に表示させたくない、表示させる必要のないページに記述します。

個別記事にnoindexタグをつけると、Googleの検索結果に表示されなくなり、アルゴリズムの評価対象外になるため、低品質な記事は検索結果から除外しようという対策ですね。それによってサイト全体の評価を高める意図があります。

※WordPressであればテーマにもよりますが、個別記事画面でチェックを入れるだけで使えます。

でもそもそも低品質の定義ってなんなのでしょうか?

低品質な記事とはユーザーにとって価値を提供していないコンテンツになります。とはいってもそれを判断するのはすごく難しいんですよね。

読まれていない、PVが少ない=低品質ではないからです。

もともと需要が少ない記事であればPVが少ないのは当然です。しかし一部の人にとっては有益な記事かもしれません。なのでPVを基準に低品質かどうかを判断するのは間違いです。

もし仮に低品質と思われる記事をnoindexにして、それがサイトのドメインの評価に良い影響を与えていた場合、評価対象から外れるためサイトにとってマイナスになってしまい、検索順位が下がってしまう可能性もあるわけです。

だからむやみにnoindexは使わない方がベターです。明らかにユーザーにとって不要なページであればもちろんいいです。例えば2、3行しかないただの日記とか。

わたしがブログでnoindexしているのはプライバシーポリシーページです。これはブログに訪れたユーザーには必要ですが、検索ユーザーには必要ないのでnoindexにしています。

あとカテゴリーページやアーカイブページの2ページ目以降にnoindexをしているブログもよく見かけますね。

しかし数千ページもあるような大規模サイトであればSEO的な効果も望めますが、普通のブログであればあまり気にする必要性はないと感じています。

確かに低品質な記事をnoindexにして順位が向上した事例もありますが、noindexはその場しのぎの対策に過ぎないので、ブログとしてユーザーに価値を提供できるているか、見直してみるといですね!

もし低品質と感じている記事があるならnoindexではなく、リライトしてユーザーに価値を提供できるようなコンテンツに作り変えましょう。

低品質コンテンツによる検索への悪影響はnoindexで回避できる、ただし一時しのぎ