アンドロイドロボット

最近、仕事しながら感じたことなんですけど、「あなたと一緒に仕事したい」とか「あなたからサービスを受けたい」って言われるような働き方をしないといけないなって。

ほとんどの仕事って誰でもできるから別に自分じゃなくてもいい

世の中にある仕事って向き不向きはあるけど、ほとんどが誰でもできる仕事だと思うんですよ。

例えば、私が今までやってきた配送業務とか、物を売る営業職、システム関係の仕事。今やってる仕事だって別に私じゃなくてもできる業務内容なんで、もし私が会社を辞めてもハローワークや転職サイトに求人を載せれば新しい人材が入って来てしばらくすれば仕事も覚えます。

まぁIT/Webやシステム系とか会計士や税理士など専門的な職種って確かに知識やスキルは必要ですけど、別に勉強すれば誰だってできるんで「自分にしかできない仕事」でもないんですよね。

スポンサーリンク

普通に仕事してたらますます「自分がやる必要性」ってなくなってくる

これから先、AI(人工知能)が発達してくれば人の仕事はロボットに取って代わられる可能性は高いです。

車だって人が運転しなくたって自動運転で目的地まで連れて行ってくれるようになるだろうし、コンビニやスーパーのレジだって既にセルフレジなんてのがありますけど、人がバーコードをスキャンしてするお釣りを渡す必要もなくなるわけです。

もうすでに導入されてるところもあるかもしれませんけど、ルンバだってもっと賢くなれば清掃員を雇わなくても何処でも掃除できるようになります。

スポンサーリンク

自分にしかない魅力と価値を提供していかないと生き残れない

AI(人工知能)にとって代わられないであろう職業であっても「あなたじゃなきゃダメ」って思われなければ一緒なんですよね。

だってローカルだって競合がいっぱいいる業種はあるし、クラウドソーシングで仕事の依頼だってできちゃう時代ですよ、ユーザーが求める結果さえ提供できれば別に自分がやる必要性がないんですよ。

って考えると「誰がやってもいい仕事」から「あなたに任せたい」って思われる存在になるようにシフトしていかないとマズイわけです。

私には行きつけのバーがあるんですけど、そこのバーテンダーさんは思いやりや気遣いの良さがあり、聞き上手なんですよね。私がその店に通っている理由はそのバーテンダーさんに魅力を感じているから。あの人が作るお酒と空間じゃなきゃダメ。

そういうことです。

私の価値を提供できた事例

実際に最近あったことなんですけど、仕事である商品の見積もりをお客さんに出したんですね。で、見積もりを出したのはうちだけじゃなくて数社あったんですが、無事受注することができました。

後から聞いたんですけど見積もりを出した中で私の提示金額が一番高かったそうです。

じゃあなぜ受注できたのか?

それはお客さんに「あなたから買いたい」って思ってもらえたからなんです。お客さんは私から買わなくてもその商品を安くてに入れることができたわけです。

だけど私から買うことでメリットがあるっと思ってくれた、私の価値や魅力がお客さんに伝わっていたから私を選んでくれたんですよ。これがもし伝わっていなかったら、安いところを選んでいたはず。

だからさっきのバーテンダーの話と同じで、競合に負けない、自分以外の人に仕事を奪われないためにもきちんと自分の価値提供できるようになっておかないといけないってことです。

スポンサーリンク

人の感情を揺さぶるあなたの強みは何ですか?

結局、最後は人対人なんですよ。

相手が求めている結果を提供するのは当たり前で、それにプラスして感情を動かすような何か(自分の価値)を提供できれば、あなたを選んでくれます。

それは愛想や人の良さなのか、真面目さや丁寧さなのか人によって性格の強みはあるでしょう。

その強みを活かせれば誰でもできる仕事であっても、相手から「あなたじゃなきゃダメ」って言われるような存在になります。そうすればこれから先も生き残っていくことができるでしょう。

もし自分の性格の強みや魅力や価値って何だろう?って人はこちらで紹介している自己診断をやってみるといいですよ。細かな自分の性格を把握することができますので、やるなら少しでも早めにすることをおすすめします。

これから先、個性や価値や魅力を提供できないと生き残れない時代になってくると思いますが、負けないように私ももっと自分の価値を高めていきたいと思います。