毎月のスマホ代っていくら払っていますか?

総務省が発表した平成26年度版の電話通信料の調査結果によると平均6,925円/月だそうです。おそらくあなたもそれくらい支払っているか、データ容量を増やしている、通話が多い人はそれ以上か1万円を超えているかもしれませんね。

1人分でこれですから夫婦や子供のスマホ代も合わせると、それだけで毎月数万円も出費があるわけです( ̄▽ ̄;)!!ガーン

でもスマホって生活には欠かせないものになってきているので、今更ガラケーに戻すのもアレだし使わないなんて無理ですよね。じゃあ、どうすればスマホ代を節約できるのか?

スマホ代を節約するための方法

考えられる選択肢は、

  1. 通話時間や使用パケット量を見直してプランを変更する
  2. 自宅インターネット回線とのセット値引きを契約する
  3. MVNO(格安SIM)に乗り換える

1に関しては毎月の使用量をきちんと把握して無駄があれば削減する方法ですね。確かにパケットが余っていたり通話もほとんどしないのであればプラン見直して節約はできるでしょう。でも私の経験からいくらプラン変更をしてもdocomoやau、Softbankなどのキャリアで契約している限り極端にスマホ代を安く抑えることは難しいです。15年以上もドコモを使用していましたが、割引なんて微々たるもんでしたから。

2は自宅の固定インターネット回線とスマホのセット割りですね。例えばドコモ光とセットでスマホ代が安くなるGMOとくとくBBのドコモ光というサービスがあります。しかしこれは自宅にパソコンがあるかないかなど使用環境によりますよね。ネットの固定回線を引く必要がなければそもそもその通信費すら無駄になるわけですから。

というわけで、スマホ代だけを考えたら次の格安SIMが一番おすすめです。

最もスマホ代を節約するのに効果的な方法はMVNO(格安SIM)への乗り換え

例えば楽天モバイルの通話ができるタイプの格安SIMだと1,250円/月〜スマホが使えます。ちなみに私が使っているOCNモバイルONEも通話できるSIMが1,600円/月〜と格安です。それで私のスマホ代は3,000円/月ほどですからね。

もし毎月8,000円のスマホ代が3,000円になったら5,000円も節約できるんですよw(゚o゚*)w

毎月高いスマホ代を支払い続けている人と格安SIMへ乗り換えている人との差は5,000円/月ですから、1年で6万円、5年で30万円も違うんです。

このスマホ代の削減率はハンパないですよね!ぜひ損し続けないないために早めに格安SIMへの乗り換えを検討してみて下さい。

格安SIMってなに?なんでスマホ代の節約になるの?って人はこちら

MVNOや格安SIMってなに?聞いたことはあるけどなんか難しそう、敷居が高くで乗り換えに踏み切れないってあなたはこちらの記事から読んでみて下さい。

用語の説明や基本知識

格安SIMやMVNO、SIMロックなど用語の説明やなぜ格安SIMはキャリアと比べてスマホ代が安くなるのか、乗り換え時の注意点などを説明しています。
>> 初心者も5分で分かる!格安SIMに乗り換えるために知っておきたい基礎知識

携帯番号そのまま(MNP)で乗り換える手順と注意点

実際にdocomoやau、Softbankから携帯番号そのまま(MNP)で格安SIMへ乗り換える時の注意点とその手順を紹介しています。こちらの手順通りに進めてもらえれば簡単に格安SIMへ移行できますよ。
>> 番号そのまま(MNP)で格安SIMに乗り換える手順と注意点

あなたにあった格安SIMを見つけてスマホ代を賢く節約しよう

用語や乗り換え時の注意点が分かったら、自分に合った格安SIM(MVNO)を選びます。家族割やWi-Fiスポットが無料で使える、かけ放題プランがあるなど各社それぞれに特徴がありますので、自分にあった格安SIMを探してみてください。

おすすめのMVNO10社を比較

でもどれを選んでいいのか分からないあなたへ、おすすめするMVNO10社の料金や特徴、iPhone対応情報を書きました。CMでおなじみの楽天モバイルやUQmobileなど紹介していますので、この中からあなたの要望や使い方にあったものを選んでみて下さい。
>> どれがいいの?って人におすすめの格安SIM 10選を比較! おすすめ

MVNO満足度調査で選ばれた3社

こちらはあるMVNO満足度調査で選ばれた人気TOP3を紹介しています。実際の使用者の評価や口コミって商品を選ぶ上で非常に参考になりますよね。どれにしようか迷っている人はこの中から選べば間違いないでしょう。
>> 迷っているならコレ!利用者が選んだ格安SIM人気ランキングTOP3

楽天モバイルとBIGLOBE SIMへの乗り換え手順

docomoで契約しているスマホがそのまま使える格安SIMはたくさんありますが、こちらでdocomo回線を使用している楽天モバイルとBIGLOBE SIMの2社を例に乗り換え手順を紹介しています。
>> ドコモの料金が高いと思っているあなたへ、おすすめの格安SIM

auのスマホ対応の格安SIM

docomoの回線を使ったMVNOに比べてau回線を使用したMVNOは現在少ないです。こちらの記事ではauのスマホが使えるmineo(マイネオ)とUQmobileの2社を紹介しています。
>> 【節約】auの携帯代をすごーく安くする方法 おすすめ

mineoとUQmobileの比較

上記で紹介したmineo(マイネオ)とUQmobileの2社を料金や使用用途から比較しています。どんなユーザーがどちらのMVNOに向いているのかこれで分かりますので、どちらにしようか迷っているauユーザーは参考にして下さい。
>> mineoとUQmobileどっちがどうおすすめなのか比較!

auのiPhoneから乗り換えしたい人

auで契約したiPhoneに対応しているMVNOのmineo(マイネオ)の紹介です。auのAndroidスマホであればIIJ mio SIM(みおふぉん)やUQ mobileでもいいですが、iPhoneなら対応機種の多いmineoがおすすめです。
>> auのiPhoneをとにかく安く使いたいならmineoで決まり! おすすめ

通話時間が極端に多い人はガラケーとスマホの2台持ちがお得

MVNO各社にはかけ放題プランがあるものもありますが、その時間を遥かに超える、通話時間が極端に多い人はスマホ1台よりもガラケーとの2台持ちにした方が携帯代はお得になります。

しかしネット用と通話用で2台を使い分けるのは面倒などのデメリットもありますので、料金や使い勝手を考慮して自分はどちらがいいのか参考にしてみて下さい。
>> あなたはどっち?ガラケーとスマホの2台持ちをおすすめする人しない人

スマホデビューしたい、両親や子供のスマホ代を安く押さえたい方へ

こちらではスマホデビューしたいけどあまり使わないので安いものを探している人、両親やおじいちゃん、おばあちゃん、小学生や中学生に月額1,000円から使えるおすすめのスマホを紹介しています。

料金だけでなく機能面でも多くのメリットがありますので、お子さんやシニア向けにぜひどうぞ。
>> これなら親も安心!中学生におすすめのスマホ!

>> 両親に持たせるならこれ!シニア向けのおすすめスマホ!

節約したスマホ代を別なことに使おう

ここ数年でスマホの普及率もかなり増加しましたよね。どこに行ってもみんなスマホを片手に持っていますからね。でもこれまでは携帯電話と言えばガラケーだったわけで、通信費だってスマホに変わる前は1万円近くも支払っている人の方が少なかったはず。

でもそれがスマホを持つようになって一気に通信費が高くなりましたよね。もちろん便利にもなりましたけど、その機能を十分に活用している人ってどれくらいるんでしょうか。

LINEやSNSだけで毎月8,000円は高くない?

私も含め周りの友人らも電話やメール、LINEやSNS、ゲーム、動画閲覧以外で使用している人はあまり見かけません。それで毎月1万円近くも支払い続けてるってもったいなくないですか?

いわゆる普通の使い方なら別にキャリアじゃなく格安SIMでも同じことができます。同じ使い方ができるのなら安い方がいいですよね。

何となく難しそうとか面倒だというイメージがあるからみんなそのまま使い続けているだけで、いざ乗り換えしてみると意外に簡単なんですよ。サポートだってしっかりしていますからね。

節約できたお金で何ができるか考えてみよう

ぜひこの機会に無駄を見直して、節約したスマホ代を別なことに使った方がお得です。

だって毎月5,000円も節約できたら贅沢なランチを何回食べられますか?半年たったら温泉旅行にだって行けますよ。

それが2年、3年経ったらどうでしょう。ね?もったいないでしょ?

タシテクキャラクター

スマホ代って必ずかかる固定費なので、早めに格安SIMへ乗り換えて無駄な出費を抑えましょう!