スマホとガラケーの画像

携帯電話の番号そのまま(MNP)で他社に移行しようとしている理由には、

  • docomoやauなど今使っているキャリアに不満がある
  • MVNOと言われる格安SIMに移行して携帯電話の料金を節約したい

など様々でしょう。

私の場合はスマホ代を節約する為にガラケーと格安SIMの2台持ちへ乗り換えたんですが、毎月8,000円もかかっていたスマホの料金が5,000円程節約できています。この年間6万円は大きいですよ。

あなたはどっち?ガラケーとスマホの2台持ちをおすすめする人しない人
ガラケーとスマホの2台持ちを検討している方へおすすめのプランを紹介します。また毎月の通話量によってはMVNO(格安SIM)の一本化の方がお得な人もいるので、自分がどれに該当するか参
はてブ

ここでは格安SIMへ番号そのままで乗り換えしようと思っている方へ、そのやり方とその時の注意点などを紹介します。こちらの手順通りにやれば簡単ですのでぜひ今こそ乗り換えましょう。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)とは、
今使っている携帯電話番号をそのまま、他の携帯会社に移行できるサービスの事です。
MVNOとは、
ドコモやauなどキャリアの回線の一部を使用して、格安SIM通信など独自のサービスを提供する事業者の事です。
スポンサーリンク

携帯番号をそのままでMVNOに移行するための前準備

まずはMNP(番号をそのまま引き継ぐ)するための前準備です。その手順を見ていきましょう。

今使っているスマホが格安SIMに対応しているか確認する

乗り換え先の格安SIMを先に選んでおきます。今、契約中のキャリアのスマホによって、使える格安SIMは限られてきます。

例えば、今お使いのスマホがドコモなら、ドコモの回線に対応した格安SIM(MVNO)じゃないと使えません。auのスマホだったらauの回線に対応した格安SIMですね。

SoftBankの場合はドコモと同じ回線周波数なのでSIMロックを解除すればドコモ回線のMVNOであれば使えます。ただし機種によっては未対応のものもあるので各MVNOのホームページでご確認下さい。

またガラケーからスマホに乗り換え検討している方は、各MVNOが販売しているSIMとスマホのセットが料金的にはおすすめです。

まずは今使っているキャリア(ドコモ、au、SoftBank)がどこで、乗り換え先の格安SIMがそのキャリアの回線に対応しているかどうかを確認してください。

この記事の後半でdocomoとau回線に対応したおすすめの格安SIMを紹介しています。

気に入った格安SIMを見つけた後でいいですが、今お使いのスマホがその格安SIMに対応しているかどうかも確認しておきましょう。iPhoneやAndroidもよっぽど古い機種でなければ問題ないとは思いますが、回線はOKでも端末自体が対応していなかったら使えませんから念のため。

端末の対応状況については、各MVNOのホームページに対応機種が記載されているので、気に入ったMVNOを見つけてたら確認してみましょう

ドコモの対応機種一覧はこちらの記事で詳しく紹介しています。

auに関してはこの記事の後半にも書いてますが、さらに詳しくはこちらのauユーザーにおすすめの格安SIM(au対応MVNO2社)をご覧ください。

音声通話対応SIMのプランや料金を確認しておく

今お使いのスマホが格安SIMに対応していることが確認できたら、SIMの種類やプランを確認しておきましょう。

携帯番号をそのままで移行されたいということは、通話をされるはずなので電話機能のある音声通話対応のSIMを選ばないといけません。

データ通信専用のSIMだと090や080や070の番号を使って通話できないので注意が必要です。

もし、050や番号なしで通話をしたい方はデータ通信専用SIMでもOKですが、今使っている番号そのまま使用されたい方は、音声通話対応SIMにしないとダメなので気をつけましょう。

どのMVNO(格安SIM)にするか決めかねている方は、ユーザー満足度の高いこちらがおすすめです。各プランごとの料金など詳しく紹介していますので参考にして下さい。

【まとめ】どれがいいの?って人におすすめの格安SIM 10選を比較!
スマホの料金を節約するためのおすすめ格安SIMを比較しました。毎月高い料金を支払っている方は、ぜひこの機会に見直してスマホ代を安く抑えましょう。
はてブ

新しい乗り換え先のMVNOを決めたら、次は今契約しているキャリアを解約します。

スポンサーリンク

各キャリアでMNPを利用した解約手続き方法

各キャリアから携帯の番号そのままで転出して、新しい格安SIMで契約する時はMNP予約番号が必要になります。

ですので、この解約手順を済ませてから音声通話対応のSIMの契約を行いましょう。では、そのMNP予約番号の取り方を各キャリアごとに説明します。

説明の後に解約にあたっての注意点も書いていますので、そちらも必ず目を通しておきましょう。

ドコモでの転出手順

MNP予約番号は電話もしくはインターネットで取得することができます。

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
ドコモの携帯電話からかける場合1519:00~20:00(年中無休)
一般電話からかける場合0120-800-0009:00~20:00(年中無休)
パソコンから手続きする場合My docomoにログインしてドコモオンライン手続きから行なう9:00~21:30

携帯電話と一般電話からでは、かける番号が異なります。またパソコンで手続きを行なう場合は「dアカウントとパスワード」が必要になるので準備しておきましょう。

ドコモからの乗り換えから設定までの詳しい説明はこちら。

ドコモの料金が高いと思っているあなたへ、おすすめの格安SIM
ドコモのスマホ料金が高いと思っている方は、MVNO(格安SIM)に乗り換えましょう。これまでの携帯料金が半額以下になりますよ。簡単に分かりやすく説明しているので、誰でも手順通りにや
はてブ

auでの転出手順

auの場合、電話とezweb、各店舗で行う方法があります。

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
auの携帯電話と
一般電話からかける場合
0077-754709:00~20:00
EZwebから行なう場合Zボタンから「トップメニューまたはauポータル トップ」⇒ 「auお客さまサポート」⇒「申し込む / 変更する」⇒「au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)」9:00~21:30
店頭へ行く場合各auショップ / PiPit各店各店舗に確認して下さい

店舗に直接行かれる場合は、店舗によって一部対応していない所や、営業時間が異なるため確認してみて下さい。

SoftBankでの転出手順

SoftBankの場合、電話とMy SoftBank(3G ケータイ版のみ)と各店舗で行う方法があります。

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
ソフトバンク携帯電話からかける場合*55339:00~20:00
一般電話からかける場合0800-100-55339:00~20:00
My SoftBank
(3Gケータイ版のみ)
My SoftBnakにログインしてから行う9:00~21:30
店頭へ行く場合各ソフトバンクショップ各店舗に確認して下さい

店舗に直接行かれる場合は、店舗によって一部対応していない所や、営業時間が異なるため確認してみて下さい。

※各キャリアで取得したMNP予約番号には有効期限があります。予約番号発行日を含め15日間以内に転入先の格安SIMと契約を行って下さい。15日を過ぎると無効となるので再度MNP予約番号を取得する必要があります。

ここまで出来たら新しい格安SIMを購入して手続きをします。その前に解約にあたっての注意点を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

キャリアを解約する際の注意点

今お使いの携帯を解約する前に確認しておいた方が事があります。後からトラブルの原因にならないようしっかりチェックしておきましょう。

これまで貯めたポイントがなくなる

これは当然ですね。解約すれば残っているポイントは全て無効になります。なので今いくらポイントが残っているか確認して、使い切っておいた方がお得でしょう。

例えばドコモなら100ポイント=100円単位で利用できます。

機種代の残債に充てたり、充電器などの付属品を購入したり、旅行やグルメ、キッチン用品などに交換もできます。

キャリアのメールアドレスが使えなくなる

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.ne.jp

などのキャリアメールは使用できなくなります。

そのためYahooメールやGmail、各MVNOが提供している@xxx.ocn.ne.jpなどのドメインのメールアドレスに移行する必要があります。

最近は連絡はほとんどLINEという人もいるでしょうし、携帯番号が分かればCメールも使えるので、そこまで不便は感じないかもしれません。

しかし、2段階認証やネットバンキングなどのワンタイムパスワードをキャリアのメールアドレスに設定している場合は事前に変更しておかないと大変ですので、そこは確認しておきましょう。

キャリア独自のサービスは使えなくなる

各キャリア独自のサービスも使えなくなります。例えばドコモiDを使った決済や家族で自分だけMVNOに移行した場合、家族割や家族間通話が無料にならなくなりますし、これまで利用していたプランも適応されなくなります。

これまでキャリアのサービスをガッツリ使っていた人は注意が必要です。

おサイフケータイ機能はどうなのか?

気になるのがおサイフケータイ機能です。全く使わない人もいるでしょうが、通勤やコンビニでモバイル決済を使用されている方も多いと思います。

これまでおサイフケータイ機能を使用されていたスマホであれば、機種はそのままで格安SIMを差し替えていただくだけで以前同様使用することが出来ます。

モバイルSuicaや楽天Edy、WAON、nanacoなど使えますので安心して下さい。

しかし元々その機能が付いていない機種を使われている方や、MVNOで販売されているSIMとスマホのセット端末を買おうと思っている方は使えません。

ただMVNOのセット端末の全てがダメというわけではなく、中にはXperiaやAQUOSシリーズなど日本製のスマホの一部で対応している機種もあるので、セットで購入を検討している方は端末を確認して下さい。

あと対応端末を持っていない人が使う方法がもう1つあります。それはキャリアで使われていた中古のスマホを買うという方法です。いわゆる白ロムってやつですね。

白ロムとは、
キャリアと契約して使われていた端末の事です。

私もauで使われていた中古のiPhone4S(白ロム)を使っています。

その白ロム端末がおサイフケータイ機能付きであれば使用可能です。

ただ元々契約していたキャリア回線に対応した格安SIMを選ぶ必要があります。ドコモの白ロムならドコモ回線に対応したMVNOですね。

注意点としてはSoftBankの白ロムだと、SoftBank回線に対応したMVNOが現時点ではないので使用できません。

Amazonでも白ロムの機種が売られているので見てみてください。

解約料や手数料が発生する場合がある

まず各キャリアとも、MNP転出料がかかります。料金は以下の通り。

  • ドコモ:2,000円
  • au:2,000円
  • ソフトバンク:3,000円

またMNP先でも契約事務手数料が3,000円かかります。そのため、移行するだけでも最低5,000円〜必要になります。

またキャリアでiPhoneやアンドロイドのスマホを契約した際に端末代を分割にしたり、2年縛りの契約にされている方がいると思います。

更新月以外の月に解約した場合は解約料金が発生します。

  • docomo:9,500円
  • au:9,500円
  • SoftBank:9,500円

ですので契約更新月に解約するか残り期間がわずかなら待ってから解約した方が良いでしょう。あと端末代を分割払いにされている方は、残りの代金を分割もしくは一括で支払わなければなりません。

一部のMVNOでスマホが使えない期間がある

MVNOに移行するに当たってこれが1番厄介かもしれません。

キャリアの解約手続きをしてから新しいSIMカードが届くまでの間、最短で2日、長くて1週間ほど移行と回線の開通のため通信できない期間があります。

携帯でよく電話がかかってくる人などは1週間使えないと致命的ですよね。インターネットに関してはWi-Fiやパソコンでも替えがききますが、通話ができないのは場合によっては影響ありますよね。

最近ではこの空白期間がないように対応しているMVNOも増えてきましたが、一部未対応のところもあるので気を付けて下さい。

空白期間がない、即日使用できるおすすめの格安SIMを比較

このサイトで紹介しているMVNOであれば空白期間なくお使い頂けるので大丈夫です。乗り換え先の格安SIMが手元に届いて設定を行なえばすぐに使えるようになるので安心して下さい。

以下で紹介しているMVNO各社もそれぞれに特徴があっておすすめですし、先ほども紹介したユーザー満足度が高いこちらのおすすめの格安SIMから選んで頂いてもいいでしょう。

au回線のMVNO

まずau回線を使用しているMVNOは、UQmobileとmineo(Aプラン)があります。au回線の場合は新しいSIMが届いてから開通手続きを行う為、スマホの通信が出来なくなる空白期間がほぼありません。

mineo(Aプラン)の料金プラン

音声通話SIM
(デュアルタイプ)
500MB1GB3GB5GB10GB
月額料金1,310円1,410円1,510円2,190円3,130円

mineo

UQ mobileの料金プラン

データ高速+
音声通話プラン
3GBデータ容量無制限
(500Kbps)
月額料金1,680円2,680円



docomo回線のMVNO

こちらも新しいSIMが届いてから開通専用ダイヤルに電話やインターネットから自分で回線切り替え手続きをするので、ほぼ不通期間がありません。

楽天モバイルの料金プラン

音声通話SIM ベーシックプラン3.1GBプラン5GB10GB
月額料金1,250円1,600円2,150円2,960円



BIGLOBE SIMの料金プラン

音声通話SIM 1GB3GB6GB12GB
月額料金1,400円1,600円2,150円3,400円


mineo(Dプラン)の料金プラン

音声通話SIM
(デュアルタイプ)
500MB1GB3GB5GB10GB
月額料金1,400円1,500円1,600円2,280円3,220円

mineo

DMM mobileの料金プラン

通話SIMプランライト
(200Kbps)
1GB2GB3GB5GB7GB8GB10GB15GB20GB
月額料金1,140円1,260円1,470円1,500円1,970円2,560円2,840円2,950円5,270円6,790円


OCNモバイルONEの料金プラン

音声通話SIM110MB/日170MB/日3GB/月5GB/月10GB/月15GB/月
(500kbpsコース)
月額料金1,600円2,080円1,800円2,150円3,000円2,500円



携帯料金の節約を優先するなら番号そのままで格安SIMに乗り換えないと損!

このように今お使いの携帯を番号そのままで格安SIMに移行する場合、メリット、デメリットはありますが、私自身格安SIMを使い始めて毎月約5,000円も節約できています。個人的にはデメリットに比べてこのスマホの節約料金の方がメリット大きいと思います。

スマホ代は必ず毎月かかる固定費ですからなるべく安く抑えたいですよね。この携帯代という固定費を少しでも安く押さえたいなら、早めに乗り換えて節約しないと損ですよ。

まだ迷っている方は上記で紹介した格安SIMをさらに詳しく比較していますので参考にして下さい。料金や通話品質、回線スピードも好評価ですからね。

【まとめ】どれがいいの?って人におすすめの格安SIM 10選を比較!
スマホの料金を節約するためのおすすめ格安SIMを比較しました。毎月高い料金を支払っている方は、ぜひこの機会に見直してスマホ代を安く抑えましょう。
はてブ