お母さんと一緒に食器を洗っている女の子

「まだコップに泡が残ってる」「そんなにお皿使ったら洗い物が増える」「洗濯物の畳み方がしわくちゃ」

子供のお手伝いに対してこんな風にイライラする事ってありません?

私も忙しい時なんかは特に「自分がやった方が早く終わるとか、きれいにできるのに」ってイライラしてました。

で、そのイライラを態度に出したり、子供に「向こう行っててね」って言った後に自分の気持ちの余裕のなさに自己嫌悪に陥る事がよくあったんですね。

スポンサーリンク

子供の自発的な行動は大切にするべき

子供って好奇心の塊なので何にでも興味を持つのは仕方ないというか、当たり前のことなんですよね。包丁を使って野菜も切りたいし、掃除機もかけたい、洗濯物も畳みたいんですよ。

そのやってみたい!っていう自発的な思いを否定されるとショックだしヤル気もなくなりますよね。これは大人だって同じはず。

だから子供がお手伝いしたいって気持ちをこっちの都合だけで否定したり、やらせた後にイライラするのはやめようと思ったんです。

子供のお手伝いにイライラしないよう考え方を変えた

じゃあどうすれば子供のお手伝いに対してイライラしないか考えた結果、自分の考え方を変えることにしました。

それが以下の2つです。

お手伝いは教育と思うようにした

今までの家事の目的は早く夕食を作ることやきれいに掃除することでした。まぁ当たり前のことなんですけど、それが目的なので時間がかかったり邪魔をされるとイライラしてたわけです。

それを子供の躾や教育が目的って考えに変えてみました。

お皿を洗うのも勉強、掃除機かけるのも勉強です。

お皿に泡が残っていたら「泡まで食べたらお腹痛くなるからちゃんとすすいでね」って教えてあげる。

洗濯物を畳む時「次、洋服を着る時にしわくちゃになるからきれいに畳んでね」って教えてあげる。

子供の年齢にもよりますけど、こんな感じでお手伝いは勉強させてると思って気長にやるようにしました。

家事は家族みんなでやることだと思うようにした

それと、家事って家族のためにやることなので全部自分1人が抱えてやることじゃないと思うようにしました。

食事だって自分1人分だけを作るわけじゃないし、洗濯物だってみんなの分畳みますよね。

1人の負担が大きいからバタバタしてイライラするんです。だから夫婦で家事を分担するのはもちろんのこと、子供にも家事を分担してやってもらうって考えに変えました。

また子供にも役割を与えることでやりがいや自信をつけるきっかけになればと思ってます。今では子供からお手伝いするって言わなくてもこちらから手伝ってもらうようにしてます。

スポンサーリンク

失敗を繰り返す事で学習し上達してくる

お手伝いに時間がかかったり失敗することも多々あります。でもお手伝いに限った事じゃなく、失敗を繰り返すことで人間って上達してきますよね。

我が家の長女は最初はお米炊きなんて水分量がめちゃくちゃでベチョベチョだったりカピカピなんてのがよくありました。でも今では「明日2合ね」っていうだけでちゃんとお米炊きできるようになりました^_^

下の子は洗濯物を畳んでどこになおすかもきちんと分かるようになりました^_^

これって親が全部やってたら出来てなかったことだろうし、これまでの失敗の経験があるから、自分で出来るようになったんです。

絶対将来一人暮らしする時にも役立つはず!

このようにある程度お手伝いが出来るようになってくれると自分の負担も減るし一石二鳥ですw

最近始めたお手伝いのやらせ方

あっ、あと最近やってるお手伝いのやらせ方を紹介しておきますね。

それは「○○ごっこ」です。

例えば、レストランという想定で「あの~、大人2名なんですけど席空いてますか?」っていうと急に娘もスイッチが入って「はい、少々お待ちください」って言ってお皿並べたり飲み物を用意してくれますw

他にも「あの~ここ洗濯物屋さんって聞いたんですけど、洗濯物をきれいに畳んでくれるサービスやってるんですか?」っていと「はい、そうですよ」ってきれいに畳んでくれます。そしておもちゃのお金を払ってありがとう~って。

これ結構楽しいのでおすすめです!

こんな感じで楽しくやる方法はいくらでもあると思うんで、どうすれば一緒に楽しんでできるか考えてこれからもやっていきたいと思ってます。

スポンサーリンク

無理せず今を大切に楽しんでやろう!

子供が失敗するのは当然、時間がかかるのも当然。子供が成長して大きくなれば今イライラしてることさえ愛おしく思えるようになるはずです。

だから今という時間を噛みしめながら楽しんでやりましょう!

もちろん本当に時間がない時とかどうしても任せられない事はきちんと言い聞かせることも大切です。

親も人間ですから時間や気持ちに余裕がない時はありますよ。そんな時に無理してやらせてイライラして、結局子供に当たってしまうようじゃ本末転倒ですからね。

無理せずにお互い楽しんで気長にやりましょう!